今注目のニュース
点を線で結ぶだけでパラパラ漫画が作れるミニ冊子が楽しそう! クラウドファンディングで人気に
寺門ジモンが語った「本当に美味しい食べ物に出会う方法」が独特すぎる
50代の井森美幸、自身のひざは「象のひざみたい」

No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド単語

ナンバーズヒャクロクキョガンショウジャイアントハンド

  • 0
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

この世のすべてを握りつぶせ!
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド!

No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンドとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

バリアン七皇の一人、ギラグの使用する、オーバーハンドレッド100越え)・ナンバーズランク4、攻撃2000モンスターエクシーズで、以下のような効果を持つ。

  1. 相手がモンスター効果を発動したとき、オーバーレイユニットを1つ使い、相手フィールドモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターの効果をこのカードが存在する限り効にする。
  2. さらに、この効果を受けたモンスターが攻撃する場合、ダメージ計算を行わずにそのモンスターを破壊し、相手プレイヤーにその攻撃分のダメージを与える。

VS遊馬戦で登場。
ファイヤーハンド」と「アイスハンド」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚し、の「シャイニングボンバー」を攻撃、かばおうとした遊馬の「No.39 希望皇ホープ」の効果に対して1.の効果を発動して効化し、攻撃を通した。
その後、何も知らない遊馬ホープで攻撃したことで、2.の効果が発動、ダメージを防ぐために発動した「シャイニング・スライ」の効果も1.の効果で効にし、遊馬に大ダメージを与えた。

最終的に、「RUM-バリアンズ・フォース」の効果でオーバーレイネットワークを再構築、「CNo.106 溶岩掌ジャイアント・ハンド・レッド」となった。

バリアン世界融合しつつある人間世界を襲撃した際に、六十郎、闇とのデュエルでも使用していたが、経過が省略されているため詳細は不明。最終的に「RUM-七皇の剣」でCNo.106へとランクアップした。

また、バリアン世界へ向かう遊馬たちを妨するためにも使用。巨大な手で皇の鍵の飛行船(かっとび遊馬号)を掴み進行を妨げた。


1.の効果名は「モンスター秘孔死爆惚(ひこうしばくむほう)」、2.の効果名は「五死眼(ごしがんこう)」。
効果を適用する際は、効果名の通りで秘孔を突く。その後、効果を適用されたモンスターが攻撃しようとすると、体が動かなくなり(ホープの場合の柄に手をかけようとしたところで動かなくなった)、その後体からエネルギーのようなものが出て、直後に爆発する。どこの北斗神拳だよ。

効果効の効果は、テキストを見る限りは効果を発動したモンスター以外を対にすることもできるようだが、アニメでは効果を発動したモンスター以外を対にすることはなく、また、説明も効果を発動したモンスターしか対にできないような説明であった。

カード画像やアニメ本編ではっぽく見えるが、公式サイトモンスターエクシーズ図鑑」で確認できる姿はかなりに近い灰色

アニメで登場するよりかなりい段階でOCG化されており(アニメでは先に登場していた「No.107 銀河眼の時空竜」や「No.105 BK 流星のセスタス」よりい)、オーバーハンドレッドナンバーズの中では初めて詳細な情報開された(ただし、アニメOPNo.107の存在が示唆されたのはこのカード情報が出るより前)。

あまりにOCGの登場がすぎるため、アニメ初登場の次の日には新しいVジャンプが発売され、このカード付録となったVジャンプが書店から消えるという事態になった。

OCG版

Vジャンプ2013年2月号(2012年12月21日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/岩石族/ATK 2000/DEF 2000
レベル4モンスター×2
相手フィールド上の効果モンスターの効果が発動した時、
このカードエクシーズ素材を2つ取り除き、
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
このカードフィールド上に表側表示で存在する限り、
選択した効果モンスターの効果は効化され、表示形式の変更もできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

※「Vジャンプ2013年2月付録カードVJMP-JP074)による

ナンバーズ共通の戦闘破壊耐性が消えたほか、効果に必要な素材数が2つに増えた。また、ダメージ効果が削除されたため、秘孔っぽさは薄れた。

効果が発動した時、相手モンスターの効果をを永続的に封殺できる。また、表示形式の変更も封じるので、効果頼みで攻撃の低いモンスターを相手にすれば、その後、戦闘ダメージを与えられる。

欠点としては、相手モンスターの効果の発動を待たねば効にできない点である。そのため、永続効果を相手にした場合、相手が何らかのモンスター効果を発動してくれるまで待たねばならない(このカードの効果の対は、その時効果を発動したモンスターでなくともよいので、効にしたいモンスター以外のモンスター効果の発動でもよい)。
また、フィールドモンスターでなければならないため、「エフェクト・ヴェーラー」などは相手にできない。

単純な効化では、「エフェクト・ヴェーラー」や「禁じられた聖杯」などのほうが、永続的に効化することはできないものの、奇襲性の高さや、発動の制限の緩さなどの点で扱いやすい。
このカードは、どちらかというと牽制的な使い方をしやすい。このカードフィールドにあることで、相手に効果の発動をためらわせることができる。

別の欠点として、攻撃が低いということがある。「サイバー・ドラゴン」、「フォトン・スラッシャー」などより低い値であり、ランク4としても数値は低め。牽制しようとしても、戦闘破壊で突破される恐れもある。
他のカードで攻撃を補助したり、岩石族デッキであれば「岩投げエリア」などで防御を補うとよいだろう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/26(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/26(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP