今注目のニュース
女だらけの航空会社。地上スタッフはCAから見下される?
「予想以上に美味しい」「かなり好きな味」 かっぱ寿司の200円アイスがあなどれない。
「謎水装置」から学ぶニセ医学の手口 (NATROMのブログ)

爆撃単語

バクゲキ

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

爆撃とは、航空機などを用いて爆弾ミサイルによって行われる地上への攻撃である。

概要

ときは第一次世界大戦航空機戦場に投入された当初は偵察がその任務であった(詳しくは偵察機の項を参照)。というわけで前線から後方まで敵中を飛ぶことになったわけだが、そうするとパイロットたちの中からこう考える人たちが生まれる。「ただ観察するだけじゃなくて上から攻撃して帰れば一石二鳥じゃね?」というわけで偵察ついでに敵に手榴弾から石・レンガなどを落とし始めるようになった。ちなみに世界初の航空攻撃による人間の殺傷で落とされた武器はスイカだったといいます。そんなこんなしているうちに本格的にからの攻撃が注されます。というわけで現在まで爆撃機航空機が作られることになります(詳しくは爆撃機の項を参照)。

爆撃の素らしさといえば砲兵の攻撃よりも高精度でしかも射程もずっと長いという点です。砲兵の攻撃は持続が圧倒的に高く、やろうと思えば数日だって続けられます。しかしいくら火の射程が長いといっても飛行機の航続距離にはかないませんでしたし、また上から爆弾を投下できる爆撃はの影速度などで命中率が下がるとはいえ撃より圧倒的に高精度なわけです。また現在ではその威も大爆弾ミサイルによって撃より間的には高いことが多いです。あらゆる陸上兵器航空機による攻撃にさらされれば耐えることは困難です。

爆撃はその任務によって種類が分けられます

  • 戦術爆撃 - に戦術的的での爆撃。さらに二つに分かれる。
    • 近接航空支援
       これは砲兵と同じように味方地上軍へ火力支援を行うものです。つまり前線の歩兵戦車などの部隊を直接攻撃して味方の支援を行います。前線といってもその範囲は較的広く後方の部や砲兵地への攻撃もこれにはいります。爆撃の中でも一番わかりやすく、戦争映画アニメでもよくみるのがこれです。前線の兵士にとってこれほど頼りに感じる存在もないでしょう。
    • 航空阻止
       前者が戦闘部隊を直接攻撃していたのに対し、こちらは敵の物資集積所や後方のや線路などの交通拠点、補給や補給部隊そのものなどを打撃することによって兵站など後方支援を破壊します。こうなると敵は補給や補充が滞ることでその戦闘力全に発揮することができないまま弱ることになります。また後方の予備部隊を打撃して前線への増援を防ぐのもこちらになります。 
  • 戦略爆撃 - 敵軍ではなく敵国の継戦そのものを破壊するために行う爆撃
     これは勝利のために敵国都市や工場、インフラを破壊することで敵国経済や生産、ひいては社会そのものを戦争に耐えられなくするためのものです。 工場がなければ武器・兵器を作れませんし、物流や経済が破壊されれば国家の機は大幅に制限されてしまいます。そして民が戦争を諦めてしまえば戦争を続けることは困難です。現在では人的・効率的な問題からかつてのような差別爆撃ではなく、精密誘導兵器により敵国の経絡秘孔を突くことが流になっています。

関連動画

爆撃に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

爆撃に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP