北斗神拳 単語

235件

ホクトシンケン

2.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

北斗神拳とは、「北斗の拳」に登場する架拳法であり、北斗の拳の流のひとつである。

概要

中国より伝わる恐るべき暗殺拳があると聞くその名を北斗神拳…
体の経絡秘孔に衝撃を与え内部の破壊を極意とした一撃必殺拳法

真・北斗無双 伝説第1話「Z(ジード)来襲」での長老による解説

北斗の拳」に登場する架拳法
主人公の「ケンシロウ」が使っているほか、ラオウトキジャギも用いている。

簡単に言えば、東洋医学で気や体液、血(けつ)の流れる筋である経絡(けいらく)の要所、鍼灸圧で言うところのツボ(経、秘孔)を強に突くことで、内部から破裂させる拳法である。
なお、漫画などの表現は大げさであるものの、実際にツボは強に突くことで強い痛みを与えることができる急所となる。また、禁鍼や禁灸といった、鍼や灸をすることで悪化するツボも存在する。

本編初期の頃はの形を変えて圧するような表現もあったのだが、中盤以降はケンシロウ達の技量が上がったのか作画の都合なのか振り抜いた裏拳1発で秘孔が発動するなど割と適当になった。

また暗殺拳だったなのだがその割には妙に作中での知名度が高い。
一方で北斗の拳本編には優しく突くことで治癒を行うシーンも存在する。 

ある程度の解説は上述のとおりではあるが、それ以外にも
「一子相伝とされており、伝承者に選ばれなかった伝承者補は拳を封じられたり、記憶を消されたりすることさえある。」
「戦いの中で義を見出し、常に進化を続ける拳法
とも言われている。

このニコニコ大百科では、さまざまな作品で取り扱っている北斗神拳の義をまとめていく。

北斗神拳奥義の一覧

※どんどん追加していってください

原作

北斗百裂拳(ほくとひゃくれつけん)

登場:原作漫画アニメ第1話AC北斗の拳北斗無双など
使用者ケンシロウ

北斗の拳ある意味代名詞。
その名のとおり、多数の拳を食らわす技で、その一撃一撃は性格に相手の秘孔を突いているという。
また「裂拳」の名のとおり、真・北斗無双AC版などでは単発で出すとコンボカウント数がきっちり「100Hit」となっている。
余談ではあるが、掛け「あたたたたたたたたたた………」のあと最後に「終わった」としゃべっているという話がトリビアの泉にて紹介されたことがある。

岩山両斬波(がんざんりょうざんぱ)

登場:原作漫画アニメAC北斗の拳北斗無双北斗無双北斗が如く
使用者ケンシロウ

敵の頭部に手刀を振り下ろして攻撃する義。
原作では2回使用され、1回スペードの部下に、2回牙大王に使用している。

北斗残悔拳(ほくとざんかいけん)

登場:原作漫画アニメAC北斗の拳北斗無双北斗無双北斗が如く
使用者ケンシロウ

頭部の秘孔を両で左右から突くことにより、3間経ってから相手を殺す北斗神拳の代表的な技。
きっちり解説が終わって相手が後悔した間に死ぬので、
流石に短すぎたのかアニメでは7に変更されている。

交首破顔拳(こうしゅはがんけん)

登場:原作漫画アニメ北斗が如く
使用者:ケンシロウ

首の両横の秘孔を突き、顔面に膝蹴りを放つ義。
敵は数後に顔が縦に裂け死亡する。ダイヤに対して使用した。

北斗柔破斬(ほくとじゅうはざん)

登場:原作漫画アニメ旧劇場版北斗無双北斗無双など
使用者:ケンシロウ

敵の分厚い脂肪に連続蹴りを打ち込み、秘孔を突く義。
敵は爆発した後全身が爆発して死亡する。
ハート様に対して使用した。
ゲームにおいては対ハート様以外にも使えることが多い。

北斗壊骨拳(ほくとかいこつけん)

登場:原作漫画アニメ
使用者:ケンシロウ

敵の額にある秘孔を突く義。敵は体から全てのが飛び出し死亡する。
カーネルに対して使用した。

北斗残悔積歩拳(ほくとざんかいせきほけん)

登場:原作漫画アニメ
使用者ケンシロウ

アミバにとどめを刺して「うわらば」と言わせた技。
残悔拳のバリエーションらしく、後ろにしか歩けなくなるというえらく限定的な効果でアミバ高層ビルから落とし、さらに落下中爆破させた。

北斗有情破顔拳(ほくとうじょうはがんけん)

登場:原作漫画アニメAC北斗の拳北斗無双北斗が如く
使用者ジョインジョイントキケンシロウ(※「北斗が如く」のみ)

ニコニコでたびたびネタにされている義。
両腕から闘気を出し、その闘気で相手の秘孔を突く。
ケンシロウく「この拳をかけられた者は、死ぬ間際に天国を感じる」
その解説のとおり、作中ではかけられた二人は「いいきもちだぁ~…あひっ…うひっ…!」と言う断末魔を残して爆発した。(※アニメでの場合。)

ゲーム作品においてもファンにはネタにされる義である。
格ゲーにおいてはその闘気が画面端にまで届くことで有名である。
更に北斗無双では、あぐらしたまま宙に浮く。

原理的に秘奥義である破活殺の亜種か上位版なのかもしれない。

北斗が如く」ではトキから伝授される形でケンシロウが使用。
その際はあぐらをかかず立ったままの姿勢で闘気を放つ。

天破活殺(てんはかっさつ)

登場:原作漫画(北斗の拳蒼天の拳)、アニメAC北斗の拳北斗無双北斗無双北斗が如く
使用者ケンシロウ志郎

元は北斗拳の義であった、闘気で秘孔を突くというものを、第62代伝承者である志郎芒狂雲との戦いで会得し使ったもの。

破の構えという構えをとることで…何かが強化される。
AC
では、この「破の構え」は、次の技に1つ分取り性を追加するという、破活殺に関係ない技である。一体なんだったのだろうか。

あまりにも便利すぎる技だったせいか本編ではサウザー戦以降ほとんど出番がない。

志郎は、パンチのラッシュを繰り出しながらこの技を使うという器用なこともしていたりする。

TVアニメオリジナル

北斗十字斬(ほくとじゅうじざん)

登場:アニメ
使用者ケンシロウ

シンにとどめを刺した技。
原作アニメ共にトドメとして「血の十字(ブラティクロス)」と称し、十字の形に秘孔をつくのだが、この名前がついたのはアニメ版だけである。

ゲームオリジナル

北斗有情鴻翔波(ほくとうじょうこうしょうは)

登場:北斗無双
使用者グルグルトキ

北斗無双オリジナル義。
宙に浮いた上体で、両から闘気を出しつつ回転し、周りの敵を一掃する義。
別名「北斗有情ローリングバスターライフル

関連項目

最後に…。

貴様の拳など、ほども効かぬわ!

ケンシロウお前はもう、死んでいる…」

ううお!!

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP