単語記事: キセキの世代

編集

キセキの世代とは、

  1. 週刊少年ジャンプに連載中の漫画黒子のバスケ』に出てくる用。本記事ではこちらを説明する。
  2. 1.から転じて生まれた、エクストリーム謝罪の"プレイヤー"達。級の逸材がどんどん現れたことから、こう言われるようになったと考えられる。→詳しくは「キセキの世代2014」/「キセキの世代2015」の記事にて
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

週刊少年ジャンプに連載中の漫画、『黒子のバスケ』に登場する、いわゆるバスケ天才達の総称。

バスケットボール校「中学校」において100名をえる部員達の頂点に立ち、「10年に一人の天才」と呼ばれた5人の選手たちのことである。中学校歴史の中でも「最強」と呼ばれ、世代を築いた。
同じ年、同じ学年、同じ学校に10年に一人の逸材が5人も集まったことから、「キセキ」と呼ばれる。
以下メンバー

 ポジション 氏名 現在の所属校
PG 赤司征十郎 高校(京都)
PF 青峰大輝 皇学園高校(東京)
SG 緑間真太郎 秀徳高校(東京)
C 紫原敦 高校(秋田)
SF 黄瀬涼太 海常高校(神奈川)

彼らは一人一人が10年に一人の天才でありながらもそれぞれがオンリーワンの才を秘めており、そのセンスは他のプレイヤーでは全く太刀打ちできないほどであった。

バスケ部の理念である「勝利至上義」を肯定し、各々がチームとはおよそ呼べぬ圧倒的個人技を駆使したプレーをしていた。元々は他の選手より少しだけバスケが上手いという程度の選手達だったが、次第に驚異的な才覚めていったという。

彼らを獲得した高校はそれだけで全上位のを手にすることと同義であるとされ、全大会の優勝争いの一を担うことが確実視されることになる。

苗字の中に色が含まれており、カラーイラストの時には髪の毛や瞳の色もそれぞれにちなんだカラーリングがされている。それぞれが独自のスキルを持ち、ほとんど一人だけでも勝てるほど強すぎるが故に、チームワーク視してスタンドプレーに走る者や、ただ勝てばいいという勝利至上義に凝り固まる者も居るなど、選手として問題がある多少扱いが難しいプレイヤーが多いのも特徴である。

黒子テツヤの立ち位置

同作品の主人公黒子テツヤは、中時代「幻の6人(シックスマン)」として、パス回しやスティールに特化することでチームを勝利に導いた。 徹底して影に徹したスタイルをとっており、元々影が薄いことも影立つことがなかったため、黒子の存在はあまり知られず、噂のみが広まっていった。

黒子自身は、「キセキの世代の5人は自分とは違う、正正銘の天才」と言っており、また黒子プレーヤーとしての特殊性やアシスト特化の役割が他の5人とは根本的に一線を画していることなどから、厳密にはキセキの世代には含まれないと思われる。

ただし、キセキの世代メンバーもが黒子の素質に一置いていたことも公式設定である。そのため、黒子キセキの世代の一人としてカウントすることも多い。

黒子自身は彼らの「勝つことが全て」というバスケへの姿勢に疑問を感じたため、現在ではの火達と共に打倒“キセキの世代”を掲げている。

表記について

表記はカタカナの『キセキ』。これは『奇跡』、『軌跡』、『石』など様々な推論がある。
VOMIC内での発音は『奇跡(最初の“キ”が高い)』に準じた発音だったが、のちに製作されたアニメでの発音は『軌跡(音が全て同一)』に準じた発音で表現されている。

その他

ファンブック赤司以外の5人と、21巻にて赤司へのインタビューがある。 それによると、「キセキの世代で仲が良いと思う相手」に 黄瀬峰が黒子を、黒子峰を、間、原が赤司を、赤司間をそれぞれ挙げている。 逆に「キセキの世代の中で苦手だと思う相手」には、黒子峰、黄瀬間を、間、原が黒子を、赤司峰(強いて言うなら)をそれぞれ挙げている。 以上の事と小説などの描写から、 キセキの世代の中でも黒子黄瀬峰・(井)のグループと、赤司間・原のグループに分かれていた事が伺える。

またキセキの世代の中での成績順は 赤司間>原>(井)>黒子黄瀬峰であるらしい。

現在の所、IHからWCまでの試合で、黄瀬間、峰、原が火黒子の前に敗北している。

204Q~227Q(単行本23巻~25巻)まで「編」として黒子キセキの世代過去が描かれた。

関連動画

■ キセキの世代でタグ検索/動画

関連静画

■ キセキの世代でタグ検索/静画

関連商品

関連項目

関連外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%81%AE%E4%B8%96%E4%BB%A3
ページ番号: 4905741 リビジョン番号: 2151048
読み:キセキノセダイ
初版作成日: 12/06/11 03:27 ◆ 最終更新日: 15/01/25 16:24
編集内容についての説明/コメント: 2の記述を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キセキの世代について語るスレ

187 : ななしのよっしん :2015/05/28(木) 10:12:34 ID: e6lubDfzSx
最近、このタグ検索すると「捕まってみたタグ動画ばかり出てくる・・・
188 : ななしのよっしん :2015/06/27(土) 10:00:48 ID: TAfXvFXFy0
>>sm26105883
189 : ななしのよっしん :2016/01/08(金) 21:02:01 ID: vREyRp5P5l
そんなに周りが弱い弱い言うならアメリカ行けよと本編連載当時からひっかかってはいたな
シルバーがどうたらは知らんけど日本よりかにバスケなのは現実と同じなんだろうし
英語々もその程度の障に躓いてあんな態度とってたのかよと、まあ話の都合でそこらへんはスルーしたんだろうけどさ
190 : ななしのよっしん :2016/01/26(火) 14:38:55 ID: iN68+TaEfz
当時の峰が行ったところで「バスケアメリカ、その空気を吸うだけでは高く飛べると思っていたのかなあ…」ってなるだけだろうから行かなくて正解
191 : ななしのよっしん :2016/01/26(火) 14:46:32 ID: JPhuBpiBud
>>189
大学辺りならともかく中学高校だと大分大きな障に思えるけどな。大学だったら親の許可も出やすそうだが義務教育機関中学でそれはちょっとって思う。それにバスケと言ってもその大でも大きなリスク背負ってまで行く価値があるかどうかも分からん

>>190
まぁ、負けたら負けたで峰は悔しがるけどああいう絶望する未来かったと思うけどな。ただ、日本アメリカを向ける前にり合う相手がいなくて腐っちまったのが不幸の始まりと言えるか
192 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 00:42:31 ID: reNRlWXtxr
>>189
峰が絶望したのは周囲の人間との実差じゃなくてそれに伴って変化してしまった人間関係だからな
あれ視点だと昨日まで普通に一緒に遊んでた友人からいきなり「もうお前とは遊ばない」って絶縁叩きつけられたに等しいし
しかも峰側には一切の落ち度がいというどうしようもない状態
んでどうしようかと色々悩んでもがいてるときに本来支えてくれるはずの大人からの特別扱い(=峰にとっては実質見捨て)発言
これで『グレるな』というのはどだい理な注文よ
そしてそんな人間関係に絶望した人間が簡単に新地に行けるかというと…
正直そこまで全に絶望しきってはいないけどそこ(新地)に希望を持てるような心にはなれなかったんだと思う
193 : ななしのよっしん :2016/08/08(月) 13:45:35 ID: PrcSjbUang
最近は悪いことをした人をキセキの世代って呼ぶようになってるんだな
風評被害って言われてるみたいだけど、原作キセキの世代クズ偽善者の集団なんだしむしろピッタリじゃね?
194 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 18:54:26 ID: reNRlWXtxr
>>193
好きな人からすれば何も知ろうとしない人間に悪し様に言われれば立つのは当たり前だろう
あとキセキはそれぞれが突出した才を持っているからこそキセキなのであって人格がんでいるからじゃない
そもそもその人格の歪みもその才の高さゆえに周囲からルサンチマンをぶつけられたのが原因だし
最初から成り立ちそのものが違うのに同じにされたら反感買って当然だろ
195 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 19:13:27 ID: 2GkvE1CKIr
あっちはだたのネットイナゴの集団だからな
まさしくクズ偽善者の集団
196 : ななしのよっしん :2016/08/13(土) 12:31:23 ID: PrcSjbUang
>>194
すまん、言いすぎた
194さんの書き込み読んだらすごい腑に落ちた
確かに何も知らないのに変なに言われたら怒るよな(自分は編最後まで読んだ上で書き込んだが)
経なことを書いてしまって本当に申し訳
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015