イオ(衛星)単語

イオ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ
Io(Jupiter I)
発見日 1610年1月7日
発見者 ガリレオ・ガリレイ
転半径  421,700km(均)
直径
との較)
3,643.2km
(1.05)
質量
との較)
8.94×1022kg
(1.22
自転周期 1日18 時間27分
(1.769日)
転周期 1日18 時間27分
(1.769日)
離心率 0.0041
傾斜 0.040
傾斜 1.5424度
表面温度 130K(均)
表面重力
との較)
1.352m/s²
(0.83

イオとは、木星の第1衛星である。

概要

1610年1月7日に「ガリレオ・ガリレイ」によって発見された衛星である。
地球以外で最初に活火山が観測された体である。

大きさはよりわずかに大きく、自転周期は転周期と同期している。

イオエウロパガニメデカリストと共にガリレオ衛星と呼ばれる衛星の一つである。
ガリレオ衛星は約6等級の明るさがあり、双眼鏡や小望遠鏡でも見ることが出来る。

イオ木星の内側から5番の軌を回っており、ガリレオ衛星の中で一番内側を回っている。
エウロパガニメデとの間に1:2:4の軌共鳴が生じており、エウロパイオの2倍・ガニメデイオの4倍の時間で転している。

1979年3月にボイジャー1号が接近した際に撮影した画像によって火山が初めて確認された。
その後も地球からの観測や付近を通った宇宙機による観測などにより、現在は約300火山が確認されており、150個以上が現在も活動中である。

火山活動は、硫黄成分とするガスなど噴出物を数kmも噴き上げるものであり、その一部は宇宙空間に達する。
噴出物は宇宙空間で電離し、プラズマ化してイオの軌上に漂っている。
それが木星の磁場に捕まり、磁線を伝って木星に侵入して大気と衝突することで、木星で巨大なオーロラが発生している。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%AA%28%E8%A1%9B%E6%98%9F%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イオ(衛星)

1 ななしのよっしん
2019/09/23(月) 12:50:57 ID: Snz7E2btmH
DQ爆発呪文これに由来しますか?
それは火山噴火ですか?
しかしDQがこの体とどのように関わるかの情報を持ちません

急上昇ワード