テオドール・レシェティツキ単語

テオドールレシェティツキ

テオドール・レシェティツキ(1830~1915)とは、19世紀に活躍したピアニスト、作曲音楽教育である。

概要

1830年にオーストリアのランツフート(現ポーランドワンツト)に生まれた。に手ほどきを受けて幼いころからピアノ童として知られていたが、やがて10歳でチェルニー子入りすることとなる。つまりベートーヴェンの孫子の一人で、フランツ・リストテオドール・クラック兄弟子にあたる。

彼はもちろん作曲、ピアニストとしても著名な存在であり、特に長生きしたことから19世紀のピアニストであるにもかかわらずピアノロール録音が残されている。しかし彼を特徴づけるのは14歳から名教師として名をはせ、1800人に子が及んだといわれるほどの教育者としての側面である(だからニコニコには子の動画しかない…)ルビンシテインことアントン・ルビンシテインと親交を結んだ彼はロシアサンクトペテルブルク音楽院で15年にわたって教壇にのぼり、その後オーストリアに戻った後も数多くの子を育成した。
その中でも特筆すべきがポーランド首相にもなったパデレフスキ、世界で初めてベートーヴェンピアノソナタを全曲録音したシュナーベル、師と同じくサンクトペテルブルク音楽院で教壇に立ちメトネルスクリャービンを育てたサフォノフ、カザルスの親友でもあるホルショフスキ、かの有名な哲学者のであるヴィトゲンシュタインショパン弾きとして著名なブライロフスキー、ほかにもフリードマンやガヴリロヴィッチ、ナイ、モイセイヴィッチ、ムーアハンブルクと名前を挙げだすときりがない。

ちなみに生涯4人いた妻は全員子である。二番の妻であるアンナ・エシポワはプロコフィエフやクロイツァーの師匠だったりもする。

関連動画

前述したとおり基本的に子の動画しかニコニコには存在しない。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%84%E3%82%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

テオドール・レシェティツキ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • テオドール・レシェティツキについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!