ファンクラブ単語

イノチカケテマス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ファンクラブとは、特定の人物や団体に対するファンの構成する団体である。

概要

運営体制には大きく分けてその個人や団体が直接催している公式ファンクラブと呼ばれるものと、ファンが自的に運営している私設ファンクラブと呼ばれるものに大別される。

その結成対となるのは、スポーツチームや芸人、漫画家音楽家のほか、特に有名でない人を盛り上げる為に結成するものや、果てはクラス人気者をする人々が自称する親衛隊や後援会まで様々。

オフシャルファンクラブと呼ばれるものの多くは、その運営として「会費」として会員となるにあたっての入会とその資格継続するための年会費を支払うことになっているものが多いが、中にはメール会員だけの簡素なファンクラブも存在する。
会員数についても、まちまちで、数人規模からジャニーズのファンクラブのように数万人規模のものも存在し、中には定員を設けてそれ以上の入会を認めないというものもある。

ファンクラブの会員となると、多くは会員や会員ナンバーなどのID、そして不定期に刊行される会報などが配られることが多い。
一応、ファンクラブ会報は日本の書籍における「不定期刊行物」にあたるため、国立国会図書館への納本義務があるのだが、その性質上実際に収蔵されているものはごく僅かにすぎない。

また、音楽家バンドのファンクラブの場合、会員限定のグッズCD、楽曲などが作られたり、会員のみを対としたコンサートトークショーなどが開催されたりもする。
こういった会員限定イベントは「ネットなどでの情報流失」「グッズ類の転売」を制限するものもある。
このほか、会報の内容は他の音楽雑誌には載せなかった写真ライブのみの歌詞変の内容、アルバムシングル制作秘話など本当にそのグループに特化した非常にマニア向けの内容が掲載されるファンの濃い内容のことが多い。
変わったところだと、老舗のひとつであるサザンオールスターズのファンクラブである「サザンオールスターズ応援団」では毎年原由子が昔で見つけたアサガオの種を会員に配布し、脈々と“里親”に渡している、なんてものもある。
また、解散したバンドなどの場合、新たにファンクラブが作られるケースと休会していたファンクラブを再開させるケースが存在する。

漫画家のファンクラブの場合、会員のみに未発表の習作を開したりもする。
過去大友克洋鳥山明のファンクラブでは、こうした試みが行われ、現在当時の会報がとんでもない値段で取引されていたりもする。

スポーツでのファンクラブの場合、試合チケットの優先発行や祝勝会への招待などが行われ、ボクシング世界王者クラスともなると後援会が大きなスポンサーとなることもあるため、一流ホテルでのパーティもざらに行われる。一方でこうしたクラブ入会資格が厳しいことも多い。

私設ファンクラブの場合、大手のものではたとえば藤子不二雄ファンサークル「ネオユートピア」のように、事実上の公式と化して実際の子作品単行本の編纂に携わるような規模に膨れ上がることもあれば、数人だけで細々と活動しているというものも少なくない。

一方で、運営が難しい面もあり、運営費が基本的に会員数頼みであることから、人気面での予測を見誤って思うように会員が集められなかったり、会報の発行の著しい遅れやバンドの解散、スタッフの逃亡などから半ば強制的に休会、解散となってしまう例も散見される。

関連動画

ファンクラブに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連静画

ファンクラブに関するニコニコ静画イラストマンガを紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

紹介…っていうかニコニココミュニティチャンネルって要するに全部公式or私設ファンクラブなんじゃねえの?

関連リンク

  • ファンクラブに関するリンクを紹介し…たいけど多すぎて難しいかも。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファンクラブ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ファンクラブについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


おすすめトレンド