所司和晴単語

ショシカズハル
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

所司和晴しょしかずはる)とは、象棋棋士将棋棋士である。棋士番号172東京都江東区出身。

2005年フリークラス宣言し、以後は子の育成と象棋の普及に務めている。

概要

プロとしてそこまで立った実績はなかったが(一度だけC級1組にて9勝1敗の好成績ながらも、頭ハネでんだことがある)、所司和晴で有名な事柄が3つある。一つは平成の名門と呼ばれる所門下についてである。

門下は渡辺明三冠松尾歩八段、を筆頭に、宮田敦史七段、近藤誠也石田直裕、石井健太郎、大橋貴洸、そして女流に伊奈川愛菓渡辺弥生、礒帆がいる。西の名門森信雄門下(こっちには糸谷哲郎山崎隆之千田翔太など)と並び東の名門として知られる。

所司和晴は定跡研究の第一人者でもあり、定跡師の異名を持つ。東大将棋ブックスと銘打たれた多数の定跡書を出版しており、定跡データベース化とアマチュア導にも定評がある。だが、本人は東大卒ではないので勘違いしないように(片上大輔が史上初)。しかし、詰将棋は否定的であり、彼の門下で詰将棋好きなのは、選手権6回制覇の宮田敦史ぐらいである(そのため、渡辺松尾詰将棋にあまり肯定的な意見は持っていない)。そこは、毎日詰将棋日課にしているという森信雄(本人も詰将棋作家である)門下とは対照的。

象棋(シャンチー)棋士所司

棋界きっての研究気質でもあり、多方面の将棋類競技にも明るい。そのため、将棋以外にも、チェス象棋シャンチー)、チャンギ、マークルックなどもしこなす。中でも、象棋内の第一人者としても知られており、中国でもスオスー・ホーチンという名前で通っている。そして、象棋の本場中国にて、ノンチャイニーズの部で優勝経験があり、棋聯大師という称号を持っている。また、世界4位の台湾棋士を破ったこともあるなど、実も高い。2013年には全日シャンチー選手権大会では、史上初の日本人優勝を成し遂げている(華僑のための対局ともいわれる大会であり、それまではずっと中国プレイヤーしか優勝していなかった)。

そのため、象棋日本普及には精的であり、かつては同氏による象棋の本もあった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%89%80%E5%8F%B8%E5%92%8C%E6%99%B4
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

所司和晴

1 ななしのよっしん
2021/03/16(火) 04:14:16 ID: qgWV8qRjDc
この人の定跡書は延々と変化が乗ってるだけのものが多く
読む人によって地雷だったりだったり

急上昇ワード改

2022/05/25(水)20時00分 現在

おすすめトレンド