種類別単語

シュルイベツ

種類別とは、マジック:ザ・ギャザリングルールの1つである。なお、これは公式にも書いてある通りの単である。

概要

カードの効果がどのような順序で作用するのかの大を示したのが種類別である。これはCR613で定義されている。効果はこの種類別の順序で作用をする。種類別は以下の通りである。

カードによっては、複数の種類別に当てはまる場合もある。たとえば

氷結/Deep Freeze

(2)(U)
エンチャント - オーラ

エンチャントされているクリーチャーは、基本のパワーとタフネスが0/4になり、防衛を得るとともに他のをすべて失い、それの他の色やタイプに加えてでもある。

公式サイトexit

これの、「でもある」は第4種、「でもある」は第5種、「防衛を得るとともに他のをすべて失う」は第6種、「基本のパワーとタフネスが0/4になる」は第7b種である。

ここから頭が痛くなりそうな話が続くが、タイムスタンプという概念と依存という概念を持ち出すことになる。これは、同一の種類別のルールをどういう順序で適用するかを決めるためのものである。原則はタイムスタンプ順(古いものから順番に適用する)だが、依存がある場合は依存されている側を先に解決してから依存している側を解決する。さらにその例外として、依存の循環がある場合、タイムスタンプ順に回帰する。

たとえば、血染めのとヨーグモスの墳墓、アーボーグ(各土地がその他のタイプに加えて沼になる伝説の土地)があるとき、ヨーグモスの墳墓、アーボーグは血染めの依存しているが逆の依存はないため、血染めのが先に適用され、ヨーグモスの墳墓、アーボーグは山になる。結果としてヨーグモスの墳墓、アーボーグのが適用されることはない。

いずれかの種類別で効果が適用されたは、たとえそのが消えた後でもすべての種類別で効果を処理する。

たとえば、謙虚(すべてのクリーチャーを失い(第6種)、基本のパワーとタフネスが1/1になる(第7b種)4マナのエンチャント)とオパール色のき(他のオーラでないエンチャントはそのタイプに加えてクリーチャーでもあり(第4種)、基本のパワーとタフネスCMCに等しくなる(第7b種)4マナのエンチャント)が並んでいるとする。この時、まずオパール色のきの第4種効果が適用され、謙虚はエンチャントクリーチャーになる。その後、謙虚の第6種効果が適用され、すべてのクリーチャーからが失われる。だが、謙虚の、オパール色のきのいずれも解決中のため最後まで解決する。第7b種は互いに独立(依存していない)のため、これはタイムスタンプ順に適用する。もし謙虚が先に出ていたら謙虚は4/4、オパール色のきが先に出ていたら謙虚は1/1になる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E5%88%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

種類別

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 種類別についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!