単語

ザツ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

とは、いろいろなものが混じり合って、整理されていないということである。また、いい加減、という意味。

漢字として

Unicode
U+96D1
JIS X 0213
1-27-8
部首
隹部
画数
14画
音読み(常用)
ザツ、ゾウ
訓読み(常用)
-
Unicode
U+96DC
JIS X 0213
1-80-24
部首
隹部
画数
18画
意味
色の混じり合った、ものが混ざり合った、乱雑な、純でない、面倒な、集まる、一緒に、飾る、低俗な。(と通じて)めぐる。
旧字体は雜。
説文解字・巻八〕に「五、相ひふなり」とある。
雑は雜を省略した異体字。〔字彙〕に「俗雜字」とある。
符は。〔説文〕に「衣に(したが)ひ集」とある。
音訓
音読みソウ音)、ゾウ音)、ザツ(慣用音)、訓読みは、まじる、あつまる、めぐる。
規格・区分
雑は常用漢字であり、小学校5年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。 1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
雑詠・雑役・雑貨・雑雑学・雑技・雑居・雑行・雑業・雑巾・雑具・雑芸・雑劇・雑言・雑魚・雑坐・雑作・雑誌・雑廁・雑処・雑書・雑食・雑色・雑然・雑草・雑多・雑踏・雑駁・雑兵・雑務・雑用・雑類

異体字

  • 雜は旧字体で人名用漢字である。2004年に参考字体から人名用漢字に格上げされた。JIS X 0213第二準。
  • 𣠛は、〔集韻〕に「𣠛海鳥居なり」「通じて、雜と作(な)す」とある異体字。〔爾雅〕では雜になっている。
  • 襍は、〔集韻〕に「ひは衣・集にふ」とある異体字。異構の字。JIS X 0213第二準。
  • 𨿼は、〔重訂直音篇〕に「雜と同じ」とある異体字。
  • 簡体字は杂。
𣠛
Unicode
U+2381B
部首
木部
画数
22画
Unicode
U+894D
JIS X 0213
1-80-23
部首
衤部
画数
17画
𨿼
Unicode
U+29058
部首
隹部
画数
22画

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
この記事は自動でリンクされないように設定されています!
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2015/09/13(日) 20:54:56 ID: 5BA+VUJA3h
丁寧な記事だ
2 ななしのよっしん
2015/10/13(火) 01:26:15 ID: D9afEBDQO3
期待を裏切られた