AIM-9単語

エーアイエムキュウ

AIM-9 サイドワインダーとは、アメリカで開発された赤外線誘導空対空ミサイルである。

概要

第二次世界大戦直後に米海軍によって開発が開始された。弾頭の赤外線シーカーターゲットジェットエンジン排気口の赤外線を検知する。後には検知する波長がジェット排気煙の領域まで広げられ、ターゲット後ろからでなくても発射できるようになった。多くのに輸出され、いくつかのでは独自に発展させた(日本AAM-1、イスラエルのシャリフ)。ソ連はAIM-9BをコピーしたAA-2アトールを開発している。[1]

1982年フォークランド紛争が発生したが、この時点でサイドワインダー赤外線センサーは著しい発達を遂げ、敵機の前縁が空気摩擦で熱くなって発生させる射波長にロックオンできるようになっていた。つまりサイドワインダーの発射機は敵機の後方をとる必要もなくヘッドオンで発射でき、また、波長を精密に区別するので砂漠からの太陽の照り返しや敵機の放出する囮熱フレア)を敵機のエンジンと誤認するようなことも原理的に起きないことを意味した。米国からこの最新サイドワインダーを供給された英海軍シーハリアー中戦においてアルゼンチンミラージュをよせつけず、英空母の防衛を遂した。[2]

AIM-9X

AIM-9の最新。制御面を小さくすることで抵抗を減らし、最大射程はAIM-9L/Mの約18kmから26km程度に伸びたとされる。シーカーの高度化、排気口ベーンによる運動性向上によって、照準機を持つヘルメットと組み合わせることで横などのオフアサイトと呼ばれる位置にいる標との交戦が可。発展ブロック開発中で、発射機からミサイルに送信を行なう1方向のデータリンク、発射後ロックオンを有している。[3]

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *世界ミサイルワールドフォトプレス光文社 1991
  2. *日本兵器世界を救う」 兵頭二十八 徳間書店 2017 p.248
  3. *「ツウになる!F-35全教本」青木謙知 秀和システム 2018 p.78

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/aim-9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

AIM-9

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • AIM-9についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/09/19(木)15時更新