BOINC単語

ボインク

BOINC(ボインク)とは、分散コンピューティングプロジェクトのプラットフォームとして開発されたソフトウェアプログラムである。

正式名称は「バークレー・オープンインラストクチャー・フォーネットワーク・コンピューティング(Berkeley Open Infrastructure for Network Computing)」。

プログラムについて

ネットワークを介して複数のコンピュータをつなぐことで、データ解析や膨大な計算を並列処理できるようにする手法を「分散コンピューティング」と呼ぶが、それを実現するにはべらぼうな数のコンピュータが必要になる。

そこで、有志ユーザーPCネットワークつなぎユーザーが使っていない時間帯の余らせている演算を利用することで大規模な並列処理を実現している。BOINCはそれを行うためのプログラムである。[1]

分散コンピューティングのプロジェクトは、世界各地にいくつも存在しており、いずれも治療の開発や病気の研究など、膨大な計算処理が必要になる事柄に利用されている。掲示板の言葉を借りていうと、要するに「不特定多数のPCで解析を支援しようぜ」というプログラムである。

BOINCを利用したプロジェクトについて

ニコニコ動画内では、World Community Grid (WCG,ワールドコミュニティーグリッド)exitにおいて行っている、ガンの解析や治療開発、デング熱解析など、人類が直面している病気の治療やほか役に立つプロジェクトに対しての支援動画などに付けられる事が多い。

旧UD(United Devices)のプロジェクトからの流入者が多いため、終了したUDの支援動画につけられることもある。

日本からは現在WCGチーム世界ランク1位の「Team 2ch」や、ニコニコ動画有志チームTeam niconico」などが参加している。2009年3月16日からは日本発のプロジェクト「Help Fight Childhood Cancer : ファイト!小児がんプロジェクト」も始まっている。

もし参加してみたいと思ったならば、とりあえず記事の最下部にある「Team 2ch」や「Team niconico」などの記事を読んで検討してみると良いだろう。有志による非営利活動であるため参加は自由である。

WCG

World Community Grid (WCG,ワールドコミュニティーグリッド)とはIBMの援助で発足したプロジェクトで、的は人類に貢献するプロジェクトに取り組むための、世界最大の的コンピューティング・グリッドを構築することです。

World Community Grid ではテクノロジーを、的な非営利組織のみが人的研究に利用できるようにしています。

プロジェクトの成果はパブリックドメイン(知的財産権が存在しない状態)として世界中の研究コミュニティーに開されます。

公式説明exit / 別の公式説明翻訳exit

Windowsの他、Macintosh(Mac)、LinuxAndroidなど、BOINCが動作するOSならどれでも参加することが出来ます。

World Community Grid では、2016年5月19日現在 下記のプロジェクトが活動中です。

  1. OpenZikaexit
  2. Help Stop TBexit
  3. FightAIDS@Home - Phase 2exit
  4. Outsmart Ebola Togetherexit
  5. Uncovering Genome Mysteriesexit
  6. 癌マーカー識別 (Mapping Cancer Markers)exit
  7. 次世代太陽電池のための新素材発見 (The Clean Energy Project - Phase 2)exit

(以上team2chwiki[http://team2ch.info/WorldCommunityGrid/]からの転記)

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク;

関連項目

脚注

  1. *利用にはメンバー登録と接続プログラムの導入が必要なため、非参加者のマシンネットワークにつながっているからといってCPUが勝手に使われるわけではないので安心してほしい。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/boinc

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

BOINC

22 ななしのよっしん
2016/10/19(水) 02:38:36 ID: X1jRqCZ5H6
で、これに投じられた膨大な計算が、何かの役に立ったのか?
が創られて何人の命を救ったのか?
新素材が開発され商品化されて、どのくらい効率が良くなりどのくらいの利益があったのか?

そういった具体的な成果が、軽く探したくらいじゃ見つからない。
有効そうな物質を発見した、と言うばかりで製品化されたものがまるでい。

もしそういった成果があれば、このプロジェクトは確実に人類の利益になると思えれば、
モチベーションが上がりもっと走らせようと思えるし
新たに登録し走らせる人も増えるし
様々な研究者が新たな研究を持ち込むだろうに。
23 ななしのよっしん
2016/12/02(金) 21:59:01 ID: Dks8UXGyN1
ノーベル賞氏「私は「役に立つ」という言葉がとっても社会をだめにしていると思っています。数年後に事業化できることと同義になっていることに問題がある。本当に役に立つことは10年後、あるいは100年後かもしれない。社会が将来を見据えて、科学を一つの文化として認めてくれるような社会にならないかなあと強く願っています。」
24 ななしのよっしん
2016/12/11(日) 19:35:33 ID: X1jRqCZ5H6
役に立たない研究もあっていいんだよ
10個中9個が実を結ばなくても、1個実が成ったらそれでいい。
それだけで資をリソースを投入するに値する。
残りの9は何かの肥やしになるか、文化を豊かにする。
その大氏の発言は、10中10実を結ぶ事をめる人々への反論だろ。

もし10中0、100中0で全く実を結ばなかったら、リソースを投入する価値がずいぶん薄まる。
BOINCで投入された膨大な計算が、これまで何も実を結ばなかったのなら、虚しさを感じる。
また、何か良い研究を結実させた研究者/研究所には、より多くのリソースを割り当てたくなるのも当然だろう。
それらの判断ができないんだよ。何も成果に関する情報いから。
25 ななしのよっしん
2016/12/13(火) 18:53:17 ID: Dks8UXGyN1
どうしても成果を出しているという実感が欲しいなら、数学系のプロジェクトでも。
例えば素数を探索するプロジェクトであれば、その数が素数だとわかることも、素数ではないとわかることもどちらも成果。リソース駄がない。

大きな素数を探すことの意義に関しては下の説明に任せる。
https://tmblr.co/ZpxaAtdcZYkzexit
26 ななしのよっしん
2018/04/06(金) 18:45:30 ID: meglVGipV+
>>20 確かに普通に寄付した方が確実に有益だし、現実的だね。
まあ、未知の(学術的)世界に投資するようなもんだから、即物的というか、現世利益的な考えでやるのはオススメしない。
趣味ボランティアくらいの位置でいいんじゃいかな?
>>25
暗号理論とか分かってないけど、気になったんだが
素数rsa暗号に使われてるのと、「史上最大(1700万桁)の素数発見が私たちの個人情報をより強固に、より安全に守ってくれるということなのである。」ってどう考えてもおかしくね?rsa2048でも620桁くらいなんだから。 分かる人教えて。
27 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 16:29:14 ID: L975ImlPxW
BOINCは下処理を手伝うプロジェクトがほとんどだから
偉業を成し遂げて達成感を味わいたい人は向いてない
28 ななしのよっしん
2018/10/29(月) 20:50:49 ID: cG7tuymx6c
このプロジェクトに同意できるかできないかで有能無能かを判別できるから便利
29 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 09:08:58 ID: MQu5IEEBvI
"(プロジェクト名) paper"で検索すると、例えばこんなのが出る。
Papers from IBM World Community Grid
https://boinc.berkeley.edu/forum_thread.php?id=6664exit
あとは「この研究はBOINC(またはプロジェクト名)を利用しています」みたいな意味の英文を探せばいいんじゃないかね。研究者じゃない素人発言だけど。

何をもって「成果」「良い研究」とするかは任せた。評価はされる側よりする側の方が難しい。
30 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 16:39:47 ID: 5+o446ZDkz
Team2chで参加してた時期があったからまた始めたよ
31 ななしのよっしん
2019/05/28(火) 20:36:39 ID: DmIoQlw6YS
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30758197exit
WCGの研究成果?