C56単語

シーゴジュウロク
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

C56形蒸気機関車は、日本国有鉄道国鉄)の前身である鉄道省が開発・製造した蒸気機関車である。
にシゴロク、またはポニー称で知られている。

概要

1935年(昭和10年)から1939年昭和14年)の4年間に、輸送量の多くない簡易線区用として作られた軽量小のテンダー式蒸気機関車日高本線七尾線などで活躍した。また、小海線を走るC56は特に「高原ポニー」として親しまれた。

当時簡易線用機関車としてC12形が製造されていたが、体付属の小さな水槽と石炭庫では長い線区での運用に難があった。このような事情から、C12形を基本にテンダー式(炭付き)へ設計し直し誕生したのがC56形である。このため両形式には共通部分が多い。

簡易線区ゆえのバック運転のために、テンダー側面を大きく欠き取って後方視界を確保したスタイルが特徴的である。

川崎輛・汽車製造会社・日立製作所日本車輌製造三菱重工業の5社により、鉄道省(国鉄)向けとして計160両、樺太鉄道向けに4両、民間向けに1両が製造された。

現在JR西日本160号機が動態保存され、大井川鐵道44号機が動態保存されている。160号機はSLびわこ号やC57との重連で、44号機は大井川本線でそれぞれイベント列車として活躍している。
しかし、160号機は2018年5月をもって本線での営業運転から引退京都鉄道博物館における展示運転用となり、今後は全般検を受けずに本線上への入線は不可となる。
引退の理由としては、一部ファンマスコミの間で「小機なのに幹線用のC57と重連などで理させて老朽化を進めてしまったため」とする向きがあったが、それは間違いであり、JR西日本が導入しつつある新ATSへの対応の問題のようである。新ATSに対応するには情報処理用のユニットを入れる収納盤が必要となり、それを取り付けるには炭を大幅に改造してタンクや炭庫を削ることになる。しかし、航続距離の問題からそれは困難なことだった。結局、余裕のあるD51を整備して対応することになったのである。
京都鉄道博物館館長の言によれば、「いつでも本線走行可な状態で保存する」とのことだ。

関連動画



関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連外部リンク

JR西日本 京都鉄道博物館
京都鉄道博物館exit
http://www.kyotorailwaymuseum.jp/exit
山口線SL運行対策協議会 SLやまぐち号公式サイト
SL「やまぐち」号と沿線の旅exit
http://www.c571.jp/exit
大井川鐵道株式会社
大井川鐵道株式会社 公式ホームページ|SL(蒸気機関車)動態保存のスペシャリストexit
http://www.oigawa-railway.co.jp/exit

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/c56

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

C56

1 ななしのよっしん
2011/04/04(月) 22:11:16 ID: swGuOPa3Ol
バック運転すると脱線しやすいらしい。
2 工場長(機械科)
2014/05/19(月) 20:27:13 ID: ALBPmIzmrj
何時だったか、鉄道省から出征した内の1号機と2号機が現地で消息不明というのを何かの本で見たな。
3 ななしのよっしん
2014/05/19(月) 20:30:48 ID: Ivpd61WX+g
てっきり56回コミケのことかと…

急上昇ワード

おすすめトレンド