G11単語

ヘッケラーアンドコッホジーイレブン

G11とは、西ドイツ(当時)のH&K社によって開発された莢(ケースレス)弾を用いた自動小銃アサルトライフル)である。

概要

口径 4.73mm
身長 540mm
使用弾薬 4.73mm×33ケースレス
装弾数 45発/50発(弾倉)
全長 750mm
重量 4300g
発射速度 460発/分(フルオート
2000発/分(バースト
口初速 930m/
有効射程 400m
開発年代 1980年代


普通で使用する弾薬鍮や軟製の莢を使用するために、それだけで大量の資を必要とする。
特に鍮の材料となる亜鉛は、電機部品や配管等にも使用する為に重要な物資であり、有事ともなれば優先して収集される物品の一つである。
それを莢として戦場にばら撒いて帰るのは非常にもったいない。
また、金属製である為に運搬の際の重量的負担にそれなりに影し、莢の散乱は隠密行動では命取りになる事もありうるし、そうでなくともできれば床はきれいな方がいい。
このような面を考え、莢をくせばコストパフォーマンスが高く、軽便で、更に排莢のプロセス銃器から取り除く事ができれば構造も単純化できるのでは?という発想から、ケースレス弾とその運用G11は誕生した。

ケースレス弾を使用する事によって莢が出なくなり、排莢プロセスい事でバーストで毎分2000発という極めて高い連射を得、さらに弾丸の携行量が増え、弾薬製造のコストが安く抑えられるというまさにいいことづくめ。
まさしく究極のアサルトライフルが誕生しませんでした・・・

結局当時の技術では、てか多分今の技術でも莢は必要なのである。
まず、射撃による熱の問題。
通常の弾薬なら莢で熱が遮断され、逃がされる為に相当な撃ち方をしなければ熱問題に因る暴発などは起きない。
かしこの場合装がむき出しで、しかも弾倉の配置が身上であり熱の影を受けやすく、暴発の危険性が高かったようだ。
そして、保存問題である。
弾薬はデリケートなもので、例えば通常の莢式の物でも、保管の際は密閉された缶詰等の湿気を遮断できる状態で、ある程度の調、最低でも日陰通しの良い場所で保管しなければならない。
それを装むき出しにしているのだから耐侯性はよいと言えるものではなく、弾込めクリップを兼ねた密閉の専用ケースでの保管であったとはいえ、前線に出たら通常のと変わらない弾倉で弾を持ち運ばねばならず、軍務に耐える動作確実性を得る事はできなかったようである。
更に、期待されていた生産性も良いとは言えず、本格量産前とは言え1マガジン弾薬コストが約5万円と言う価格となってしまい、結局この計画自体中止された。

いらないと思った物をくしたら、自分自身がいらない子になったG11なのであった。
必要になるケース(事例)がレスだったんやなwww(渾身のギャグ

しかし、ケースレス全に捨てられた訳ではなく、21世紀にもMR-Cと呼ばれるケースレス弾を使用するアサルトライフルが開発されたようだ。もちろんG11と同じ問題で消えたが(ケースレス弾的な意味で)。
また、この4.73mm弾を転用したのがMP7用の4.6mm弾とされており、研究自体は実があったようである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/g11

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

G11

19 ななしのよっしん
2017/09/28(木) 02:36:39 ID: wRrSIHm51y
冷戦終結前・ゴルバチョフ登場前に菊地秀行の「エイリアン秘宝」でG11の事を知った
(表主人公G11を抱えているところが描かれている)
あの頃はワルシャワ条約機構の脅威がまだあったから全新と新弾薬にも夢があったんだよな…
20 ななしのよっしん
2017/12/08(金) 11:50:54 ID: +7OdTXPDsx
以外の運動エネルギーがあれば化ける
21 ななしのよっしん
2018/02/09(金) 00:52:49 ID: 8mjo6EIE6T
>>20
エイリアンシリーズではパルスレーザーで代用するライフルが登場してたなぁ

22 ななしのよっしん
2018/08/07(火) 00:12:42 ID: m9VSk0q0E/
ケースレスのことばかり言われるけど、4.73mmという口径はどうなんだろう。パワー足りないってことにならないだろうか。
分隊支援火器弾薬でもあるし。
23 ななしのよっしん
2018/10/21(日) 11:25:55 ID: iKJfESFrI6
のことはよく知らんけど、莢の素材事態を
24 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 22:16:05 ID: 2Z0d/aPKFw
ケースレスないしそれに近い弾薬研究はまだ続いてるんだよな。
25 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 23:27:00 ID: addSrEKDj7
>>22
弾丸の口径は実はあまり威に影しない。
の影を受けやすいとか「特性」の違いは出てくるんだが…
(これが9mmVS.45口径論争をややこしくしているw)

弾丸の運動エネルギーは使用されたパウダーの量で決まるから、弾丸が小さくなればその分高速になるんで、トータルでのエネルギー量は変わらない。
故に小口径化が進んだから=威が落ちたとは一概には言えない。
26 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 07:47:11 ID: KZ6REw4MA1
もともと弾頭を発射する際のガス燃焼室の役割を、莢が担ってるわけだよね?(にわか知識ですまない)
本来、莢が排出されることで熱も一緒に排出されるのにそれができていない
つまりG11本体のガス燃焼室部分を冷却すればいいってことだ

ならば強制ファンを備えるか、はたまた、燃焼室をリボルバー化して順次冷却すれば良いのだ!

整備性悪そうだからムリだな
27 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 23:04:45 ID: addSrEKDj7
多分ボルトが開く時に、燃焼ガスの残りがマガジンに逆流しちゃうのが問題なんだと思う。
なんで、給弾口と室が分離できる回転式は相性がいいかもしれん。

いいかもしれんが、それはガトリングガンと言うて、小火器運用できる重量じゃなくなるなぁ…軽量化のためのケースレスなのに、本体の重量が増えたら意味ないやん…
28 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 23:10:53 ID: UeL2C4HDGx
ageageといて
「究極のアサルトライフルは誕生しませんでした・・・」に

急上昇ワード

2019/08/21(水)03時更新