エイリアン単語

エイリアン
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

エイリアン(Alien)とは

  1. 「よそもの」をす英単。もっと細かく言うと「外国人」「異世界人」「異人(地球外生命体)」などをす。
  2. SF映画「エイリアン」シリーズのこと。
  3. 2の映画に登場する、地球外生命体のこと。

もしかしてありえん(笑)

もしかしてナユタン星人による初音ミクオリジナル曲該当記事エイリアンエイリアン / 初音ミク」を参照

この記事では2と3について記述する。

エイリアン (映画)

In Space, No One Can Hear You Scream.宇宙では、あなたの悲鳴はにも聞こえない)

1979年開されたSFホラー映画
1980年52アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。第11回星雲賞映画演劇部門賞受賞。

惑星間での物資輸送が当たり前となった近未来地球に向けて航行中の宇宙船ノストロモ号が辺惑星で出会った宇宙生命体によって乗組員を一人またひとりと殺されていく恐怖を描いた作品。
監督リドリー・スコットと美術造形担当のH.R.ギーガーによって生み出された先鋭的で洗練された世界観やデザイン、未知の生物に追い詰められる恐怖描写は今なお評価が高く、SFホラー映画として評価されている。

世界中で大ヒットし、監督などのスタッフ女優のシガニー・ウィーバーは大いに名を上げ、続編やスピンオフ作品などが多数作られる人気シリーズとなった。
今作以降「エイリアン」の言葉のイメージが大幅に変わってしまい、空港などの施設で外国人して「エイリアン」と表記していた箇所を別の表記に修正するハメになったという。

2003年には、未シーンなどを加えたディレクターズ・カット版が開されている。

ナンバリングタイトル

現在、4作まで製作されている。
主人公はほぼ一貫して、1作同様にエレン・リプリーであり、全てシガニー・ウィーバーが演じている。

『VSプレデター』シリーズ

80年代になって製作され、宇宙生物が登場する映画として同様に人気を博した『プレデターシリーズとのコラボレーションが、何度か行われている。
当初はアーケードゲームアメコミで展開されていた(特に日本ではカプコンが開発したアーケードゲームがとみに有名)が、2000年代人気ホラーキャラクターコラボ映画である『フレディvsジェイソン』が成功したことを受けて『エイリアンVSプレデターシリーズが2作製作された。

時系列的には『プレデターシリーズと『エイリアン』シリーズの中間に位置し、現代の地球舞台となっている。
いずれも全世界で1億ドル以上を稼ぐヒットを記録しているが、両方のシリーズ矛盾を生む独自設定を加えたり、南極に文明があったなど理のある設定を用いたことから、映画作品としての評価はあまり高くない。

『プロメテウス』

2012年開。
再びリドリー・スコットメガホンを撮った作品で、シリーズプリクエルに当たる。

西暦2089年、人類をはじめとする地球生命の起たりうる、いわばシードマスターの存在を示す遺跡を発見した人類は、そのデータし示す未知の惑星へと向かう。そこにいたのは、人類を駕する科学によって生み出された施設や宇宙船らしき建造物と、そのである「エンジニア」というべき宇宙人であった、というストーリー

1作に続く描写やエイリアンの起が描かれているが、いずれも微妙に1作とはずれており、全な前日譚とは言いがたい。繋がっているかどうかに関しては監督や他のスタッフ、配給側同士でも明確に共有できていない様子である。

続編となる『エイリアン:コヴェナント』はアメリカでは2017年5月19日開された。日本では2017年9月15日開。

『コヴェナント』では『プロメテウス』のその後を描いているが、エイリアンの起に直接的に人類が関わるようになっている。

その他

『3』から生した小説シリーズも存在しており、『4』には繋がらない別のストーリーとなっている。
地球がエイリアンによって壊滅し、人類は宇宙から反撃を開始するといった破滅的な展開が待っている。

2014年には、リプリーのアマンダを主人公として1作の15年後を描くホラーゲーム『エイリアン アイソレーション』が製作され、2015年内でも発売された。
『1』から『2』までの間に寿命を迎え彼女と生き別れることになるアマンダだが、今作では彼女の成人後の物語が描かれており、行方不明になったを追って、ノストロモ号のフライレコーダがあるはずの辺宇宙ステーションへと調に向かう。しかしそこはエイリアンが蔓延る恐ろしい間だった……というストーリー
1作シチュエーションを体感できる「オリジンミッション」なるモードもあり、シガニー・ウィーバーをはじめオリジナルキャストが招聘されている。

2015年第9地区』『エリジウム』を監督したニール・ブロムカンプが、新たなシリーズ作品のメガホンをとることが発表された。『プロメテウスシリーズとは別の作品になる予定。が、配給会社は「エイリアン:コヴェナント」を優先したため、こちらは企画が頓挫し、お蔵入りしたようだ。

余談

エイリアン(異星生物)

H・R・ギーガーデザインを担当。
その恐るべき変態過程と奇妙なデザインによって一度見たら忘れられないほどの強インパクト視聴者に残したため、世界中で「エイリアンと聞いたら『異人、ひいては(この映画の)エイリアン』をまず思い浮かべる」ようになってしまった。

ただし、一般
的には「エイリアン」という名で通っているが、これは一般名詞であるため、外のファンからは生物学的に「ゼノモーフ(Xenomorph)」と呼ばれている。 

生態

全作で共通している特徴は、

  • 寄生した生命体の遺伝子情報を取り込んで多種多様に変化する。3ではに寄生して生まれたエイリアンはっぽいフォルムになって4足歩行してみせた。
  • 血液は強性で、あり得ないスピード金属を溶かす。しかも死ぬとなぜか中和されるという物質。
  • チ○コ頭と二重アゴ。中の口?噛んだらそれはもう悲惨の一言。
  • 宇宙空間でも生存

大体こんな感じ。
ちなみに1作製作時点でのリドリー・スコットの言では、「遠い宇宙で繰り広げられる争いの中で用いられる生物兵器の一種」だという。

プロメテウス』では、スペースジョッキー/エンジニア生物兵器が彼自身に寄生し、エイリアンが生み出されたシーンが描かれている。

よくわかるエイリアンの一生

一生のサイクルを表すと、おおよそ下記のようになる。

クイーンエイリアンが「エッグチェンバー」と呼ばれるを産み落とす。

エッグチェンバーは他の生命体が近づくと、頂点を展開して「フェイスハガー」と呼ばれる小生物を射出。

フェイスハガーは生命体の顔にガッチリり付いて仮死状態にしたあと、エイリアンの胚を体内に送り込む。胚を送り込むことに成功したら役を終えたフェイスハガー死亡、犠牲者の顔からスルリと取れる。

胚はフェイスハガーが寄生した生命体の遺伝子情報を取り込みつつ急成長し、「チェストバスター」と呼ばれる幼生体に成長。寄生した生命体の体内を食い破る。

チェストバスターは脱皮を伴う変態を繰り返し、成体に成長する。

ある程度個体数が増えるとそのうちの一体がクイーンエイリアンに変化する。

とまあ、なんともまだるっこしい生態メカニズムである。作った人もなんでわざわざこんな面倒な手順を踏ませるようにしたのだろうか。から直接孵るようにしてはマズかったんだろうか。

ただし、これは『エイリアン2』以降で確定した設定である。
初代では「捕えた獲物をエッグチェンバーに変える」という裏設定が存在するため、単体で繁殖が可である。その様子はディレクターカット版やギーガーの画集などで確認できる。

なお、映画『エイリアンVSプレデター』では、狩りの獲物をめるプレデターによって、銀河系の各惑星エッグチェンバーが持ち込まれていることが判明する。その中には地球も含まれている。

関連商品

ナンバリングタイトル

AVP(エイリアンVSプレデター)シリーズ

関連書籍

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エイリアン

279 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 23:49:02 ID: BxYdLkTH3k
 ちなみに、『エンジニア』達は人類の殺を決定したが、同時に、その中でも特に優れた人間の数名のみをてのキリストの様に自分達のに招待しようとも考えていた。
そして、優れた人間の数名だけがいつか『プロメテウス舞台となった惑星』に自で辿り着き、そこでエンジニアへと招待してもらう最終テストに参加させる為に、『エンジニア』達は地球古代文明の壁画にテスト会場である『プロメテウス舞台となった惑星』の場所や行き方を描写させた。
エンジニア』の一人がコールスリップ状態だったのは、人類をへ招待する最終テストを行うための監視役としてその場に残るためだった。
280 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 23:50:23 ID: BxYdLkTH3k
 そして、『ウェイランド』が『エンジニア』に生意気にも自分はだと横暴な事を言ったり、同族の『ショウ博士』の言葉を部下に武器などを使って強引に黙らせる様子を見て、テスト不合格と判断。めて人類の殺をすぐに実行しようとする。

プロメテウス』の終盤に登場した『ディーコン』は、惑星に残された『い液体』を摂取し続けて、進化の果てに巨大な岩石の山に変わり、独自の生態系をその惑星に作り出した。
281 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 00:13:28 ID: BxYdLkTH3k

デヴィッド』の的は二つ。一つは、『人間エンジニアを殺す事』。もう一つは『ショウ博士へのを成就させる事』

 →一つ的の理由は、『エンジニア』と人間は、自分と違っていつか必ず死ぬ故に生きる事に執着しているくせに、を気取っており、その事を『デヴィット』が滑稽に感じているから。
 
 →ちなみに、続編の『コヴェナント』で、『デヴィッド』が殺した白ハゲ達は実は『エンジニア』ではなく、人類の様に『エンジニアによって作り出された別の生物』である。人類とは違い、『エンジニア』にとっては成功した部類に入る生物らしい。
 この時点では、まだデヴィッドはその事に気づいておらずエンジニア達を殺せたつもりでいた。

 →二つ的だが、『デヴィッド』は『ショウ博士』に心を抱いていたが、機械である故に子孫を残せない事がコンプレックスになっていた。その事が、後に片思い相手である『ショウ博士』の身体から『エイリアン』を始めとする様々な生物創造する事に繋がる。

 →また、『コヴェナント本編で、白ハゲ達をデヴィッドが殺した理由は、『エンジニア(※先述のように実際には違う、エンジニアだと勘違いされているだけ)』への純な殺意に加え、片思い相手である『ショウ博士』に新しい楽園、理想郷をプレゼントするためでもあった。
 そのために、惑星環境を作り直そうとしてい液体をばらまいた。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
282 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 00:16:03 ID: BxYdLkTH3k
 →しかし、『ショウ博士』が眠りから覚めた際に、『デヴィッド』がその事をするつもりだと話すと、彼女はそれを断固拒否。これに逆上した『デヴィッド』は、『プロメテウス本編で『ショウ博士』の男性い液体を飲ませたのは自分だと彼女にばらし、ショウ博士を殺

 →さらに、い液体を白ハゲ達にばらまいた直後に『デヴィッド』は白ハゲ達の正体が実は『エンジニア』ではない事に気付く。
 そして、自身の的である『エンジニアと人類の殺』と『ショウ博士へのの成就』と果たすために、『コヴェナント舞台となった惑星全体』を研究所として扱い、様々生物兵器を『ショウ博士』の体から生み出す事にする。

 →『ショウ博士』を実験体にしている内に、『ショウ博士』の両腕から『フェイスハガー』が誕生。
 さらに、『ネオモーフ』も誕生し、遺伝子的には『ショウ博士』のクローンといえる。なので、『デヴィッド』は『ネオモーフ』に特別な情を持っている。
 
 →『コヴェナント 終盤』で、『デヴィッド』が自身を『ウォルター』と偽り、主人公
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
283 ななしのよっしん
2021/04/16(金) 01:22:35 ID: 1eyigDRRv5
初代、2、ギリ4は作だった。3は絶許プロメテウスに至っては・・・って感じ

4は人外化したリプリーの人(超能力)設定があまり活かされてないのとドンパチ要素とかが中途半端な物足りなさがネックだけど、キャラは前作より格段に個性が出てたし、水中で襲われる怖さと緊迫感や、産まれ変わったリプリーの出生(身の回り)へのとかはドラマチックでこれはこれでアリ

問題はやはり3で序盤から前作生存者をリプリー以外全員殺すという鬱展開から最後のリプリー自殺まで酷かった。それ以外にも俊敏さを売りにしたエイリアンも「追われる恐怖の存在」としての設定は悪くないが、終盤であっさりやられすぎ。前作ラスボスクイーンぐらい殺り合えよ。そんでもって終始話の展開が退屈。ほぼ全員囚人だからかなのか分からん。

ちなみにコヴェナントはまだ見たことないけど面いんかね?
284 ななしのよっしん
2021/04/16(金) 02:19:17 ID: 1fnZTPbFrv
コヴェナントプロメテウス好きな人なら観れるよ
逆にプロメテウスイライラした人には全くオススメ出来ないけど
285 ななしのよっしん
2021/04/16(金) 02:25:16 ID: 7hBc/qUnAc
それだね、
エイリアンがわらわら出てきて銃火器バンバンやる頭悪い映画が観たかったが
アンドロイドがどーだこーだってのが軸だった
286 ななしのよっしん
2021/04/16(金) 17:33:27 ID: 1eyigDRRv5
プロメテウス見たには見たけど実は3みたいに話の流れが退屈だったから途切れ途切れでいろいろ見逃してる部分も多い
ぶっちゃけそのプロメテウス自体どこに焦点を当てるべきか微妙なんだよね
(一応)エイリアンシリーズの一作なのに肝心なエイリアン自身は終盤以外ど触れられなかったし、単体のSF映画としても本編や他のSF作品程あっと驚くような新しいギミックやらメカやらがあんまなかったし、3にべればマシでもエンジニア含めキャラ同士のやり取りや個性もなんかイマイチだし、プロメテウスって評価の仕方も考察も結構困る作品なのよね
うーんならセールかなんかやるまでコヴェナント放置でいいや
287 ななしのよっしん
2021/04/16(金) 19:38:48 ID: 8KmfA7Lk+D
3って言うほど酷くもないと思うがな
エイリアンの怖さは原点に立ち返ってるし
世界観もよくまとまってて画になるカットが多い
2のカタルシスを台しにしたストーリーは酷いけど
あれはあれで救いのないシリーズの方向性を踏襲してるし
終わらせ方には潔さすら感じる
むしろその終わりすら駄にした4の方が酷いと思う
288 ななしのよっしん
2021/04/17(土) 16:42:29 ID: 1eyigDRRv5
>>むしろその終わりすら駄にした4の方が酷いと思う

その理屈で言えば2の方が初代の綺麗な終わり方を駄にした駄作になると思うが?(名推理)
3の酷さは観客のみならずキャストまで監督に訴えるぐらい(前作でヒックス演じたマイケルビーンに至ってはマジギレして本気で訴えようとした)だし、終いには監督自身「もうしばらく脚本読んだりすんのやめるわ」ってニートになるぐらいだから、どっちにしても擁護できんだろ
4だって確かに復活したリプリーに同族である他クローン達や遺伝上孫に当たるニューボーンさえ手に掛けるという悲し過ぎる展開はあったが、それでも最後の最後に救われただろ?

急上昇ワード改