G36単語

ゲーサンロク
銃器の一覧 この記事のほかにをお探しの場合、こちらを参照してください。
銃の一覧銃器の一覧

G36とはドイツH&K社が開発、製造販売しているアサルトライフルシリーズ)である。

H&K社での部内名称はHK50

概要

西側諸で標準的な5.56×45mm弾を使用するアサルトライフル

当初西ドイツ軍(当時)はケースレス弾薬を使用するG11ライフルで7.62mm弾を使用するG3ライフル更新することにしていたが、G11の開発は難航し、冷戦終結・東西統一に伴って計画そのものがキャンセルされた。そのため、G3更新する新たなライフルとして開発されたのがG36である。

5.56mm弾を使用するアサルトライフルとしては後発であるが、開発ドイツ連邦軍以外にも各の軍隊・法執行機関、特に特殊部隊で採用されている。

しかし、2012年に不具合に関してメディアに取り出さされ内部調を実施し、また2014年ごろから実際に問題が次々と発生したことから、現在は軍の発注ストップしているといわれている(下記参照)。

詳細・スペック

スペック (G36)
製造 ドイツH&K
全長 999mm
758mm (折り畳み時)
身長 480mm
重量 3600g (約3.6kg)
機構 ガスピストン方式
口径・弾薬 30弾倉
5.56mm NATO弾
有効射程 800m
200 ~ 600m (サイトなし)

G36は他のNATOですでに一般化していた5.56mm弾を使用弾薬とし、野心的で複雑に過ぎたG11の反を生かす形で開発が進められた。

ブルパップライフルを採用する中通常の弾倉配置を使用したり、従来H&K社がG3アサルトライフルに用いてきたローラー・ロッキングによる遅延ブローバック方式にかえてより一般的なターンボルト式のガス圧作動を採用したことなどにオーソドックスな設計を志向していたことがえる。

G36の作動方式や全体の構成などは手堅く保守的にまとめられているが、ファイバー強化プラスチックの使用による軽量化、コンポーネントの組み替えによってコンパクトカービンから分隊支援火器まで発展させられるウェポンシステム化、学機器の標準搭載など新機軸も多く盛り込まれている。

こので最も特徴的なのが、の上部分をほぼ覆うような形になっているダットサイト付きキャリングハンドルだが、現在ではやや低めのキャリングハンドルピカティニー・レールが付いたバージョンG36-A2」への更新が行われており、ダットサイトはそのピカティニー・レールに載せる仕様のものに変わっている。

不具合について

先述したとおりライフルの材質にプラスチック素材を多用することで軽量化がはかられているが、それがアダとなり、連続射撃の熱によってバレルを保持するフレーム側の受け、またフレーム自体に歪みが発生し命中率が低下するなどの不具合が起きている(サプレッサー等、重いバレルアクセサリーを装着した際も同様の事例有り)。

2014年頃にはドイツが「G36には不具合はい」、「弾丸側の問題」としていたが、2015年ドイツ連邦軍技術研究所(WTD19)がめて「本体側に問題がある」と発表し、はその後直ぐにG36発注を停止した。

当のH&K社はそれ対し「納入時にからの要仕様に満たしたもので、通常使用であれば不具合は起こらない」「フルオートで発すればどのだって弾丸はバラける」として反論、否定している。 

この不具合に関して政府側がH&K社に対し訴訟を引き起こす大スキャンダルとなったが、2016年法側は「からの要仕様に対し十分満たしたものであるため、H&K社に非はい」とし、政府側の訴状を棄却した。

主な派生型

G36E
輸出用バージョンオリジナルの等倍サイトと三倍スコープが省略され、1.5倍スコープのみになっている。
MG36
大容量ドラムマガジン、放熱を考慮したハンドガード、二脚を装備した分隊支援火器バージョン現在
)。
G36K
短縮カービンタイプ。Kは「Kurz(短い)」から。
G36C
Kよりもさらに短縮化[1]されたコンパクトカービン。室内でのCQB用にサブマシンガンに代えて採用されるケースが増えている。
SL-8
民間向けセミオートバージョンピストルグリップしサムホールつきストックを採用している。

関連動画

ゲーム

関連項目

脚注

  1. *標準とK、Cの簡単な見分け方はハンドガードの放熱口の数である。順に6個、4個、2個。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/g36

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

G36

119 ななしのよっしん
2017/10/13(金) 19:54:24 ID: 5I9TxpPj2Y
そういえばMEDIAGUN DATABASEってサイトの本コメント欄だと、
「使われている脂がの発時に発生しうるような熱で軟化するとは考え難いからサイトの所為じゃね?照準が狂う不具合あったし。」(要約)
みたいなやりとりがあったけど実際はどうなんやろね・・・。
あとリトアニアが一連のゴタゴタの最中に「G36 KA4M1」って新規製造のモデル修グレランを導入する契約を交わしたのも良くわかんない要素。
今回のロットは例の問題点を対策修済みですよ!とセールスされたから?
単に問題発覚までに本契約解除不可避な段階まで話が進んでたからとか?
120 ななしのよっしん
2017/10/14(土) 06:27:27 ID: HxxAFAoMf3
MEDIAGUN DATABASEは荒れないように気を使ってるからなぁ。だから荒れたら数カ分ごっそり削除するから、コメ間隔がすっごく開いてる

サイトって眼の方か…まあサイトの問題じゃなくてバレルのプラスチックが問題なんだけどね

G36 KA4M1」見たら身の排熱に気を使ってるねていうかHK233に近くてG36べると全然違う、排熱で開けてるってことは別素材使ってるんでしょうし、バレル基底部のプラスチックも気をつけてると思う
って言うか、2010年にアフガンの交戦で深刻な命中率低下による兵士二名の死亡が報じられた時にH&K防軍にG36修を提案してたから問題を把握して良した案を持ってたからそれに近いかも

プラスチックとバレルが一体化してるから戦場で一度でも曲がったら使い物にならないってのがこのの悪い所。
G36とC、Kはこのまま退出するんじゃない?北欧は調べてないからわからんけどスペインルーマニアAUGとか他探してるらしいね
121 ななしのよっしん
2017/10/14(土) 13:56:51 ID: 5I9TxpPj2Y
このすったもんだの中で出回ってた画像だとバレル基部が納まる金属部品(トラオン)ががっつり脂に埋め込まれてたけど、あの部分ってアッパー相当の部分と一体化してるんだろうか。
だとしたら使用脂をより耐熱性に優れる新素材に変更でもしたのかなぁ。
当該部分金属化みたいな構造からの見直しだとかなりの大修になりそうだし。

相は、やっぱりSCARMASADAポーランド最新GROTみたくアッパーは金属ロアーが脂ってに使い分けた方が堅実だべなぁ・・・。


122 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 19:39:27 ID: HxxAFAoMf3
でも堅実って何だよ?ってこの事態を見て思ったわ

ここの記事にもあるけど保守的にまとめたとか、pixiv辞典の「独創とか最新技術や独自技術を理に詰め込むのはやめて堅実にいこう」とかわざわざ大文字で書かれてるけどその中にプラスチックを多用する要素入れて検しなかったからこんな事になったわけで
これより数年前にプラスチック多用するとして拳銃だけどグロックはバレルの他に金属シャーシ入れて熱変形に気を使ってたんだけどG36はできなかったんだよなぁ
123 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 19:41:00 ID: HxxAFAoMf3
数年たってもH&Kはこの問題気づけなかったようでXM8でも同じように熱でフレームが曲がる欠陥を出してる
XM8も同じ問題が起こったってことは脂の経年劣化サイトの不具合じゃなくて、G36と同じ脂使ってたんだろ
でも米軍は熱関連の条件を厳しく定してたけどドイツ防軍は甘かっただからG36がここまで広まって大問題になっちゃった

問題を大きくしたのはだけじゃなくてドイツ軍は、の熱耐性試験を甘く見通して10年に問題を把握してたけどほったらかし、14年にリークが起きたときは事実根と逃げて結局、敗訴
どこの軍でも隠蔽はあるっていういい例だし、ジャムが少ない、命中、低反動だけが良いの条件じゃないっていう見本だと思う
124 ななしのよっしん
2018/02/23(金) 17:33:49 ID: 1fKVOUemIL
ポーザッツラウフ
125 ななしのよっしん
2018/03/26(月) 00:38:10 ID: a1mr+7LTlD
AK程ではないけど悪役が多い気がするアイアンマンとか007とか
126 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 01:12:00 ID: rMPyU2xJdf
グロックインナーシャーシが熱変形対策・・・?
127 削除しました
削除しました ID: KAhe4gZk7H
削除しました
128 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 03:50:50 ID: oJSUx2Ie8Q
どうもG36に向けられる(というかH&Kに向けられる?)は厳しいような気がする

H&Kに向けられているで他のを見たら
他のに向けられているH&Kを見たら

と思ってしまう

急上昇ワード