H-I単語

エイチワン
2.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

H-I とは、1992年に運用を終了した日本の第3世代液体燃料ロケットの名称である。

日本の液体燃料ロケット開発の中ではN-II ロケットH-II ロケット渡し的存在であり、
80年代後半における人工衛星打ち上げの体を担った存在でもある。

概要

H-I ロケットとは宇宙開発事業団NASDA)と三菱重工が、
米国デルタロケットの技術等を参考に開発していた2段または3段式の液体燃料ロケットである。

射場は、種子島宇宙センター大崎射点が使用されていた。

開発経緯

東京大学生産技術研究所を礎とする固体燃料ロケットの分野ではそれなりの技術を有していた日本であったが、
実用的な大衛星などを打ち上げ可とする液体燃料ロケットの開発には遅れをとっていた。

これらの開発担当となったNASDA米国からの技術供与を得てデルタロケットの技術を段階的に習得、
本機はN-I ロケット2として更なる打ち上げ性向上を狙った機体である。

機体構成

2段または3段式の液体燃料+固体燃料ロケットで、米国デルタロケットの略同とされている。
全長40.30メートル、総重量139.3トン。(積荷の人工衛星を除く)

第1段機体
 N-IN-II ロケットにも使用した、液体酸素とケロシンを燃料とするMB-3-3エンジンライセンス生産。

第2段機体
 宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所、三菱重工石川島播磨重工が共同開発したLE-5エンジンを搭載。
 液体酸素(液)と液体水素(液)を推進剤とし軌上での再着火が可

 また、産化した慣性誘導装置を第2段に搭載。

第3段機体
 日産自動車宇宙航空事業部(現IHIエアロスペース)が生産した、固体ロケットモータUM-129Aを使用。
 末端基ポリブタジエン系コンポジット推進

 GTO投入時に用いられLEOへの打ち上げでは使用せず、その場合ロケットは2段構成となる。

補助ブースター(SOB)
 サイコール社の固体ロケットモータ キャスターII を、
 日産自動車宇宙航空事業部(現IHIエアロスペース)がライセンス生産。
 打ち上げ時には、第1段部分に6または9基を装着し推増強。

 N-II ロケット同様、SOBが上で分離する様は圧巻である。

ペイロードフェアリング(衛星フェアリング)
 マクドネル・ダグラス製のデルタロケットフェアリングを輸入して使用。

打ち上げ能力

打ち上げ(重量)
地球重力圏脱出*1

静止トランスファ軌GTO
高度約36,000km

太陽同期SSO)
高度約800km

低軌LEO
高度約300km

770kg

1,100kg

- 2,200kg

*1 第二宇宙速度 や他の惑星など

打ち上げ実績

9回中すべての打ち上げに成功。

詳細

機体番号 日時 段数・SOB数 搭載衛星
試験機1号機(H15F) 1986/08/13 05:45
 2段式・9基
※2段式初飛行
試験機2号機(H17F) 1987/08/27 18:20
 3段式・9基
※3段式初飛行
3号機(H18F) 1988/02/19 19:05
 3段式・9基
4号機(H19F) 1988/09/16 18:59
 3段式・9基
5号機(H20F) 1989/09/06 04:11
 3段式・6基
6号機(H21F) 1990/02/07 10:33
 2段式・9基
7号機(H22F) 1990/08/28 18:05
 3段式・9基
8号機(H23F) 1991/08/25 17:04
 3段式・9基
9号機(H24F) 1992/02/11 10:50
 2段式・9基

 

成果とその後

8割から9割以上の産化率を占め、先に述べた様に純産液体燃料ロケットH-II の礎的存在となる。

第1段エンジンクラスタ化など増強案(H-IB)もあったが、
2トン人工衛星の需要増加などに伴いH-II ロケットの開発へ移行し運用終了となった。

関連動画

打ち上げ

 

射場

関連商品

関連コミュニティ 関連チャンネル


関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/h-i
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

H-I

1 ななしのよっしん
2013/09/10(火) 16:33:24 ID: 3xruAR6MVG
記事作成してみました

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

ノルマ未達成回 アマナァ 昭和天皇の御学友 ひとくちワッカ