ICE3単語

イーツェーエードライ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

 ICE3とは、ドイツ鉄道及びオランダ鉄道が保有・運行する高速鉄道車両である。

概要

 ドイツ内で、新たに高速新線を建設し、ICEネットワークを更に拡する事となり、増発用の新車両作る事となった。ところが、新たに建設される高速新線は、曲線や起伏が多いライン沿いの幹線を通る優等列車の高速化が的であり、その様な地域を貫く形で建設されていた。しかし、実際にっ直ぐで起伏のルートにした場合、かなりの数のトンネルや高架線を建設する必要があったが、これでは建設コスト大になる為、起伏だけはかなり残ってしまっていた。そこで起伏に関しては車両側の良で対応する事となった。しかし、起伏の多い区間に対応する為には従来の機関車牽引方式であるICE1ICE2では効率が悪く、これよりも加減速性及び登坂の高い車両を作る必要があった。これに対応する車両として作られたのがICE3である。

 車両は従来のICE1ICE2とは違い動分散方式の電車タイプとなっており、加減速性登坂共に大幅に向上している。また設計最高速度も330km/hに向上しており、これまでの車両では不可能だった300km/hでの運転が可になった。また、近隣のへの乗り入れも考慮されており、内専用仕様の2種類が製造された。内専用が単電AC15kV 16.7Hz)対応で形式は403仕様が4電対応(AC15kV 16.7HzAC25kV 50HzDC3kVDC1.5kV)で形式は406、同形式のマイナーチェンジモデル407となっており、電の切り替えは走行中でも停中でも可となっている。また、仕様にはドイツ鉄道所属の標準タイプパリ直通タイプオランダ鉄道所属タイプの3種類が存在する。体はアルミニウム製で、かなり軽量化されている。

 編成は8両編成を基本とし、2両が1等、5両が2等、残る1両がビュッフェと2等席の合造となっている。初期に作られた編成は合造食堂車、2等のうち一両は1等であったが、利用実態に合わせて現在の形に装されている。内設備はほぼ同時期に計画されたICE-T(DB)ICE-TDと似ている部分が多く、体のデザインも同じくアレクサンダー・ノイマイスター社によるものである。但し、運転席直後の席は展望席になっているが、先頭形状の問題から座席上部の棚がなかったり、展望できる部分も僅かだったりと、先頭部周辺はICE-TやICE-TDべると若干見劣りする部分もある。

 現在内の高速新線はもちろん、オランダベルギースイスフランスへの直通運転を行っている。また、フランスの高速新線区間では最高速320km/hでの運転も行っている。このほか、イギリスへの乗り入れも予定されている。

国際進出

 ドイツ高速鉄道車両際進出で最も成功しているのが、このICE3をベースとした車両達である。現在スペインロシア中国への輸出に成功しており、いずれのでも良好な結果を得ている。この車両は「Velaro」と呼ばれており、製造元であるSIEMENS社の製品となっている。上記の新ICE3は「Velaro D」と呼ばれており、今後の高速鉄道車両の輸出においてはこの車両ベースになる。英仏海峡トンネルを通るユーロスター用の新車両としても導入される予定。

関連動画

 海外鉄道車両の中でも、人気のある車両である。乗する際はちゃんと切符を買って内に乗る事。間違っても最後尾車両にへばりつく等と言う乗方法はしないように。

関連商品

 鉄道模型がN、HO問わず結構出てます。但し、海外メーカー製が多い為、結構いい値段します・・・。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/ice3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ICE3

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ICE3についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード