あばばばばばば 単語

36件

アババババババ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「あばばばばばば」とは、芥川龍之介の短編『あばばばば』に登場する台詞である。

概要

※以下ネタバレ含む ネタバレOKの方はスクロール/スワイプして閲覧、ネタバレの嫌いな方は華麗にスルーして下さい 

 

 

 

 

 

 


青年がいつも小さな買い物に利用していた雑貨屋にふと、見慣れない若い女人が出てくる。その女人は品物を頼む度に何度も聞き間違えてはに染めるので、青年彼女の反応を面がり、女人に色々と軽いちょっかいを出しては日々その反応を楽しんでいた。ところがある日、ぱったりとその女人が店に顔を出さなくなってしまう。青年も最初こそ気に掛けてはいたが次第にその女人の事を忘れかけた。そして半年ほどが経ったある日、またあの女人が店の前で赤子を抱いているのを見かけ、二人はを合わせる。青年は以前のように彼女らめることを期待したが、女人は澄まし顔で静かに微笑むと人前も気にせず「あばばばばばば、ばあ!」と赤子をあやしていた。青年は知らずにやにやと笑い出す。そして女人の反応に落胆すると同時に、讃える気持ちを持ってそのままその場を立ち去る。
女はもう「あの女」ではない。度胸の好いの一人である。一たび子の為になつたが最後、古来如何なる悪事をも犯した、恐ろしい「」の一人である。

以上。

ニコニコ内での「あばばばば」

無題 投稿者まことじ 投稿日2009年 1月29日(木)05時57分55
      芥川は関係ないです

まことじの旧個人ブログ内BBS(跡地)よりexit

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

あばばばばに関連するコミュニティ紹介してください。

外部サイト

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 09:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP