芥川龍之介単語

アクタガワリュウノスケ

掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
芥川龍之介

芥川龍之介とは、日本小説家である。明治25年生まれ、昭和2年没。

村上春樹が選ぶ「国民的作家10人」のうちのひとりである。特に村上芥川の短編集の序文で芥川を称している、

概要

に短編小説を書き、作は時期により変わり幅広い。
自殺により生涯を終え、その命日は『河童忌』と呼ばれる。
遺書に記された自殺の動機は「ぼんやりとした不安」。

現在でも大きく注される賞、芥川賞として名を残しており小説家としての知名度は高い。

超速読

爆速文字を読むことができた。同人雑誌を渡された七ページの文章をパラパラとめくっただけで全部読んだ。まさに電光石火

また邦文の書物や雑誌なら2,3人と会話しながら読むことができた。しかし誤解されたり失敬に思われるのを避けるため親しくない人の前ではしなかった。

大阪へ行く時、分厚い英文の本を4,5冊手提げの中に芥川は入れていた。それを汽車内で読んでしまい、谷崎潤一郎の本を借りていた。

勲がどのくらいの速度で読めるのかと芥川に聞いた時、普通文学なら1日1200~130ページは楽と答えた。仮に1日120ページのの10時間とすれば、1時間120ページ、1分間2ページとなるわけである。

代表作

関連動画

 

朗読

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 39ななしのよっしん

    2018/12/08(土) 18:07:23 ID: vYXHHJsXD+

    「妖婆」の引き込まれる描写からまさかの自滅エンドで盛大に肩透かしをくらった思い出。てっきり「敵を騙すにはまず味方から」的な展開を想像してたもんだから

  • 40ななしのよっしん

    2020/11/29(日) 09:15:17 ID: kQlE6DJ35+

    作品を読むと、ものすごい屋にみえるけど、
    実際は社交的な気遣いの人で、友達も多かったらしい。
    メンタルへの負荷が高そうな人格。

  • 41ななしのよっしん

    2021/01/22(金) 12:33:50 ID: 1sMruYHTLP

    虚淵玄のながれがあるから説明しやすいな

    虚淵玄の作品はヤバイだらけの世界に入りこんだまともな自分を描いたフィクション

    芥川の作品はフィクション隠れ蓑にした現実世界のヤバさを描いたドキュメント

    芥川の作品は芥川自身が現実世界をそう言うで見ていた事も表しているから、日常生活では仮面を被り続けてただろうね

    おかしいのは自分かそれとも世の中のほうか?

    芥川作品のメインテーマを一言で表すならコレ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/25(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/25(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP