今注目のニュース
やるからには勝つよ『オーバーウォッチ』より「D.Va」がfigma化
猫アレルギーの「遊☆戯☆王」声優・津田健次郎が“猫の愛で方”を思い出す
山田太郎氏当確でツイッター「トレンド」1位に 表現規制反対訴えネットから支持

アイリス(BEMANI)単語

アイリス

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アイリスとは、REFLEC BEAT VOLZZAの楽曲である。

概要

アーティスト PHQUASE
BPM 163
難易度 REFLEC BEAT
BASIC MEDIUM HARD SPECIAL
3 6 9 10

2015年12月18日より開催されたイベントULTIMATE SURVIVAL」で登場した楽曲。

作曲SOUND VOLTEX譜面作者として活動しつつBEMANIシリーズへの楽曲提供も行っているbeatnation RHYZEメンバーPHQUASEREFLEC BEATシリーズではgroovin'!!の「地万覇王 バハムート」ことonslaughtに続くオリジナル楽曲の提供になる。

曲名の「アイリス」はアヤメ、ハナショウブ、カキツバタ、という名前で親しまれているアヤメ科の植物。「希望」「信じる心」といったワード言葉としている。まるで「ULTIMATE SURVIVAL」を勝ち抜くことが約束されているかのような曲名だが、玉のようなイラストが描かれているジャケットから察するに、「」を意味するアイリスとのダブルミーニングにもなっているようだ。

ULTIMATE SURVIVAL

イベント開催当初は選曲面でにするためか、レベル9と控えめに設定されていたHARD譜面のみが存在していた。しかしイベント終了直後の2016年1月8日より、ガレージにて追加のSPECIAL譜面が解禁可になった。HARD譜面ブレイク部分で登場するSDVXのつまみを彷彿とさせる形状のスライドオブジェクト地帯に注意。

本曲が登場した2015年末当時のBEMANIにおけるPHQUASE氏といったら、「フカセ絶対許さない」発言での名や不自然ボス曲担当への優遇、BEMANIで手掛けた楽曲の数々がしく好みが分かれやすい物ばかりだったからか、氏に対してはあまり良くないイメージが付きまとっていた。

ネガティブイメージを引きずっている状態での参加というだけあってか、全体的に好調だったbeatnation RHYZEサイドの楽曲の割にはプレイヤー人気が低く、癖が強く人を選びやすい楽曲ということも相まって選曲率も悪かった。全体的に不調気味だった事もあってか、2連続で脱落を回避できたものの最終ゾーンで脱落。beatnation RHYZEサイドでは一の脱落曲になってしまった。

関連動画

関連商品

REFLEC BEAT VOLZZA&悠久のリフレシアサントラ市場で見つかり次第貼り付けて下さい。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP