アジア歴史資料センター単語

アジアレキシシリョウセンター

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アジア歴史資料センターとは、日本政府の電子資料センターである。略称は「アジ歴」。

英語名称は「Japan Center for Asian Historical Records」。略称は「JACAR」。

概要

日本国立公文書館が運営する電子資料センターデジタルアーカイブ)であり、日本政府機関のひとつ。公式サイトドメイン日本政府機関を示す「.go.jp」となっている。

日本および近隣アジアの近現代史(おおむね、明治から太平洋戦争終結まで)に関わる資料の電子化データデジタル画像)を集め、インターネットを通じてパソコン上ででも閲覧できる形で開している。検索もあるので、何かの出来事・土地・団体・個人にまつわる様々なキーワードで資料を探すことができる。

それらの資料は国立公文書館、外務省外交史料館、防衛省防衛研究所戦史研究センター(旧:防衛省防衛研究所図書館)などに収蔵されているものを、各機関で電子化された上で提供を受けている。ただし、それらの機関に収蔵されている資料が全て提供されているわけではなく、それらの機関で非開扱いの資料はもちろん本センターにも提供されていない。

その他、大学附属図書館大学の研究所、都道府県立文書館、都道府県図書館などのデジタルアーカイブとも連携しており、検索を行うことでそれらのデジタルアーカイブ収蔵資料も並行して探すことができる(検索結果においては、その連携機関デジタルアーカイブへのリンクが提示される)。

下記の沿革から見るに、「日本と近隣アジアの間でいわゆる歴史認識の問題が生じることがあるが、これらの問題を乗り越えるためにはまずは歴史事実を可な限り確認し共有していくべきであろう」との観点・理念から発足し運営されている機関であると思われる。

そんな理念はさておいて、でも利用できるのでこれを読んでいるあなたでも利用できる。なんか興味があるキーワード検索して資料が出てくるのか試してみたり、出てきた資料をパラパラ見てみたりなどしているだけでも割と面く、暇つぶしになる(個人の感想です)。

もちろん、的でな研究者でも利用できるので、本センターで閲覧できる資料を参考資料として挙げている学術論文も少なくない[1]

ちなみにこのニコニコ大百科にも、本センターの資料を参考にして記載された記事は複数ある。本記事最下部の一覧を参照されたい。

沿革

太平洋戦争終結後50年の節であった1995年8月31日に、当時の内閣総理大臣であった村山富市が発表した「「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話」[2](ちなみに、同年8月15日に発表された有名な「戦後50周年の終戦記念日にあたって」(いわゆる村山談話[3]とは日時が近いが、別の談話)内でその設立に向けた意思が表明された。

その後有識者などによる協議を経て、1999年11月30日にその設立が当時の小渕第2次改造内閣内閣総理大臣小渕恵三)により閣議決定された。[4]

そしてこの閣議設定に基づいて準備が進められ、2年後の2001年11月30日国立公文書館が管轄する機関として設立に至った。

関連動画

関連項目

本センターの公開資料を参考としているニコニコ大百科の記事の一覧

脚注

  1. *CiNii Articles 検索 - アジア歴史資料センターexit
  2. *「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話exit
  3. *村山総理大臣談話exit
  4. *アジア歴史資料整備事業の推進についてexit
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/30(金) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/30(金) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP