小渕恵三単語

オブチケイゾウ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(62)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
人物
小渕恵三
基本情報
生年 1937年6月25日
生誕地 日本群馬県吾妻中之条町
没年 2000年5月14日
死没地 日本東京都文京区
出身地 日本群馬県吾妻中之条町
日本
本名 小渕 恵三(おぶち けいぞう)
別名 --
職業・肩書 政治家
備考・その他
人物テンプレートボックス

小渕 恵三(おぶち けいぞう、1937年6月25日 - 2000年5月14日)とは、日本政治家である。

概要

1937年に群馬県吾妻中之条町に生まれる。当初は地元の中学校に進学したが、学習院中等科に編入学し、東京都北区に居住する。東京都立北高校早稲田大学早稲田大学大学院に進学。

1963年衆議院選挙に出し26歳で当選する。

郵政政務次官、建設政務次官、総理府総務副長官を務めたのち、第2次大平正芳内閣総理府総務長官兼沖縄開発庁長官として初入閣する。

竹下登内閣内閣官房長官に就任する。官房長官の任期中に昭和から平成への元があり、新元号の発表を担当した。そのためか世間では「平成おじさん」なる称もある。

第2次橋本龍太郎内閣で外務大臣を務め、橋本龍太郎首相の退後に首相に就任した。首相在任中には不安定な政権基盤を安定させるために自民党単独政権である内閣改造自由党との連立政権を立し、再改造公明党とも連立する。首相就任当時はアメリカの新聞に「冷めたピザ」と評価されたが、それを逆手にとりピザを使った冗談を言うなど「人柄の小渕」と言われた。また、事前連絡なしで突然電話を掛ける事も有名で、「ブッチホン」と呼ばれた。

首相在任中の2000年4月2日脳梗塞を発症し入院する。4月5日に小渕恵三内閣は総辞職し、同日中に後継の森喜朗内閣が成立し小渕恵三内閣は退任した。首相退任時点での首相在職日数は616日である。

2000年5月14日に意識不明の状態で死去した。5月16日に葬儀が行われ、5月30日国会衆議院会議追悼演説が行われた。死亡翌日の5月15日死亡当日の日付で大勲位菊花大綬章が与えられた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

小渕恵三に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

82代,第83 第84代 85代,第86
橋本龍太郎自由民主党
  1996~1998 
小渕恵三(自由民主党
19982000
森喜朗自由民主党
2000~2001
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/14(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/14(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP