駐蒙軍冬季衛生研究成績単語

チュウモウグントウキエイセイケンキュウセイセキ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

駐蒙軍冬季衛生研究成績』とは、1970年代後半に古書店で発見されたとされる冊子である。

昭和十六年(1941年)に内古(内モンゴル)において実施された、「死刑囚を使用した、医学的の人体実験」であるとされる内容がられている。

人体実験の過程が写真付きで具体的に描写されていること、そして後述するように犠牲となった人体実験者らに対する慰霊などの念も記載されていることなど、しい点が多い。

弔辞

本冊子内に掲載されているという、人体実験の対として命を落とした死刑囚らへの弔辞文。

全ての実験が終了した後に慰霊祭を執り行い、研究班長がこの弔辞を読み上げたものだという。

弔   辞

惟時皇紀二六〇一年二月八日
研究班生体の霊に告ぐ
御身等は生国生日は異なれども東亜の一中華民国に生を受け不幸にして誤れる思想行動をなし蒋介石の走狗となり明正大の正義皇軍に不利なる対敵行動をなすに至る
捕えられて舎にあり死刑を宣告せらる
時に当研究班編成せられ内古の地に皇軍万の否全世界人類のため医学術研究を担当す
御身等は選ばれて既定の死を尊き研究実験げ本日終焉す
其の世界人類に貢献せる所大なり
以て瞑すべし
(ここ)に祭壇を設け霊を慰む
の霊来り饗(う)けよ

  二月八日           研究班長  村 少 佐[1]

概要

中国文学中国語教育を専門とする学者「夫」(夫)氏が1970年代後半に東京神田の古書店にて発見した[2]という冊子。古書店への売却は不明。

には

極秘

駐蒙軍冬季衛生研究成績

昭和十六年三月
季衛生研究班

と印刷されており(本来は縦書き)、左上隅には手書きで「贈呈」と記されているが、からに対して贈呈されたものかもわからない。

澤氏は「TBS吉永子氏、新潮社フォーカス編集部などと接触したが、結局、現代書館の村井夫さんによって出版にこぎつけた[3]と述べており、その不明瞭な出所のためかマスコミなどからは取り扱うことに慎重な扱いを受けたことが伺える。

最終的に1995年に出版社「現代書館」が、『極秘 駐蒙軍冬季衛生研究成績』として定価3万円(+税)で復刻版書籍を出版している。

ちなみに、近年いわゆる「731部隊」が行った人体実験写真であるという誤った説明とともに、本冊子内の凍傷実験写真インターネット上で流布されている(後述)。

内容

まず、詳細は大阪市立大学の准教授土屋志」氏のホームページに掲載された「研究業績」内に、本文書を扱った講演の資料が掲載されており、写真付きで内容が詳細に解説されているためそちらを参照されたい。ただし人体実験の過程・結果とされる、少なくない人がグロテスクと感じるであろう写真も掲載されているため、閲覧注意

一応この記事でも軽く説明すると、1941年に駐軍を中心とした混成部隊(駐部、北支那方面軍部、北支那防疫給口支部、大同陸軍病院などに所属する軍医ら)によって内モンゴルの西ソニットにおいて行われたとされる、演習的な衛生研究の報告書である。

1941年1月31日口に集合・出発し、2月3日蒙古連合自治政府の治める錫勒(シリンゴル)盟の西尼特(西ソニット)に到着。そこで各種の衛生研究を実施したのち、2月9日に西ソニットを出発。2月11日口で解散したことが記されている。

この文書内には西ソニットへの往還に際しての苦労など衛生研究以外に関する記述もあるし、衛生研究に関する記述に絞っても、負傷者の運搬法や幕の抵抗性、衛生濾器のテストなど、「人体実験以外」の雑多な内容も含まれている。

しかしやはり本文書で最も注されるのは、人体実験に関する記録である。

人体実験

この衛生研究には人体実験の対となる死刑囚らが「」(「」は「体」の旧字であるため、つまり「生体」)の呼称の元に連行されていたと記録されている。

この資料中には携行品録の表がある。「フオルマリン」(ホルマリン)「過マン剝」(「剝」は「剝」(ポタシウム)の略で、ポタシウムカリウムのこと。すなわち過マンガンカリウム)「ピロカルピン軟膏」などの「携行藥物」(携行物)や、「生理的食五〇〇」(生理的食500cc)「瓦斯壊疽血」(ガス壊疽血清)「リヴアノールガーゼ包」(アクリノールガーゼのことか)などの「消耗品」に並んで、8名の「生」が掲載されている。

それぞれの「生」の個別名としては、「」といったように、3文字の氏名のうち2文字を通し番号(①から⑧まであり、それぞれが被っていない)に置き換えたような表記がなされている。

止血実験

止血帯を使用したり、作成した切創や創について血管結紮手術や軟膏などによって止血を試みる実験

「⑤」「⑥」「⑦」が対となったことが記載されている。

胸部を銃創が貫通した患者の観察

小銃で胸部を射撃。倒れた後にカンフル剤を投与。異輸血を試す。気管切開を練習12時間後に頭部射撃で処分。死体血輸血実験のために心臓血を採取。

「⑧」が対になったことが記載されている。

凍傷実験

様々な条件下(防寒装備の有、飲下、空腹下、アトロピン用下など)で手足を下14~27度の屋外にさらし、凍傷の発生条件を観察、発生した後は摩擦や軟膏などによる治療を試みる実験。凍傷が生じた後の腫れ上がった患部の写真が付属している。

「②」「④」「⑤」「⑥」「⑦」「⑧」の6名が対となったことが記載されている。

天幕内手術

幕の中にて応急装備で手術が行えるかの実験として生「①」に対して腸切除側々吻合術が行われたと記載されている。腸の吻合術を行っている写真が付属している。

また、手術創の経過観察的として生「③」に対して「左大腿切断手術創」と「右大腿切創第一期縫合創」と「左下部皮膚切除開放創」の作成が行われたと記載されている。左大腿が切断され、切断された断端が縫い閉じられる写真が付属している。

輸血実験

様々な条件の血液やリンゲル液を静脈内注射する実験品を混入して2日間魔法瓶で保存した後の血液、凍結した後に解凍した血液、血液型が異なる血液、死体心臓から採取した血液、の血液、常温または冷却のリンゲル液など。

上記の創作成がなされた後の生「⑧」や、手術実験で血液を失った「①」や「③」に対して行われたとされている。死体血はその「⑧」の他、「②」「⑦」からも採取されたと記されている。

死体解剖、生体解剖

これら8名の「生」のうち、7名は人体実験の後に現地で殺され解剖(剖検)されたと記載されている。「⑤」1名のみは全身麻酔の上で生体解剖されたとされる。

しかし後述する「結言」に「八生体が埋葬せられ」とあり、これは生体解剖後にやはり⑤も死亡していると思わせる記載である。

信頼性

上記のように本文書については出所についての情報がかなり不確かであるため、信頼性については慎重な検討が必要である。信頼性に関わる情報をここに示す。

公文書との一致

国立公文書館アジア歴史資料センターにてウェブ開されている資料「戦時月報提出(送付)の件(6)exit」内に、「駐季試験衛生研究班計」(「」は「画」の旧字体である)という一節がある(リンクPDFファイル22ページより)。その中にの「生体」の記述がある。

兵ノ場合ト別ニ準備スル生体ヲ以テスル場合
(上記のリンクPDFファイル25ページより)

生体ヲ以テスル試
(上記のリンクPDFファイル内26ページより)

5.生体十体ヲ連行
(上記のリンクPDFファイル30ページより)

(なお、この記述は参加を予定する軍人の表の後に添えられた「備考」の部に「4.本表外若干名ヲ雇ルコトヲ得」という記述に続いて記載されたもの。「生体」が「表に記載されるような軍人ではなく、かといって人でもない」という立場の存在であることを伺わせる)

そしてこれら「生体」を用いるとして予定されている研究内容も、「止血」「凍傷」「幕内での手術」「輸血」など、『駐蒙軍冬季衛生研究成績』で描写されたものと一致する。

というかこの「駐季試験衛生研究班計」に登場する文章とほとんど一致した文章が『駐蒙軍冬季衛生研究成績』内にも登場する。衛生研究を実施する場所として挙げられているのも「西尼特」と同じ地名であり、ほとんど同じ計画を記したものとして差し支えない。

この公文書との一致点に最初に気付いて摘したのは学術機関の研究者ではなく、歴史関係のウェブサイト「日事変と山西省」を趣味運営していたハンドルネームYama」氏であったようだ(先例があればここに追記されたい)。この「Yama」氏は先にアジア歴史資料センターのこの公文書を閲覧しており、それについて調べる中で『駐蒙軍冬季衛生研究成績』について知り、取り寄せて付き合わせてみて類似点が明らかになったのだという[4]

Yama」氏はその公文書の資料ナンバーを開した。上記のアジア歴史資料センターの資料はインターネット上ででも閲覧できるものであるため、その後はでも類似点が確認できるようになった。そのためこの発見以後は、『駐蒙軍冬季衛生研究成績』の信憑性について研究者らから上方修正するも聞かれるようになった(上記の講演資料の制作者である「土屋志」氏など)。

なお、全に同一と言うわけではなく差異もある。「駐季試験衛生研究班計」は「これから行おうとしている研究の計画書」であるが『駐蒙軍冬季衛生研究成績』は「行った研究の結果報告書」であること。

また、「駐季試験衛生研究班計」で実施予定日とされた日付は昭和15年(1940年)1月15日から31日にかけてだが、『駐蒙軍冬季衛生研究成績』にて実施期間として記録された日付は昭和16年(1941年)1月31日から2月11日なので、後者の日付が約1年遅れている。

この日付の違いについては、アジア歴史資料センターのその他の資料(いずれもでもインターネット上で閲覧可)や国立国会図書館所蔵の資料を根拠として、「昭和15年(1940年)1月から3月に行われた「五原作戦」の発動が決定したために「駐季試験衛生研究班計」で計画されていた当初の研究が施行されず、それを約1年後にめて施行して報告したものが『駐蒙軍冬季衛生研究成績』であった」と判断できるという。

N軍医中尉の書簡との一致

Yama」氏は元軍医中尉だった医師1980年に自費出版した書籍の内に収録された当時の書簡を確認。そしてその中の一通に、この『駐蒙軍冬季衛生研究成績』内に記録された日付や出来事と符合する記述があることを発見したと自サイト内で記している。

ただし「Yama」氏はこのN軍医中尉の実名を開していない。「野外における第一線創傷処置の実験担当者」という情報開示しているので、『駐蒙軍冬季衛生研究成績』を読み込めば氏名を判定することもできるかもしれないが。また、1980年代に個人が自費出版したという書籍を入手することにも相応の困難があると思われる。

以上から、この「N軍医中尉の書簡との符号」については「検証不可能ではないが実行にはやや困難が伴う」なものと言えよう。

発見者について

発見者の「夫」氏は早稲田大学日本大学に所属した経歴がある中国文学中国語教育を専門とする学者であり、論文なども複数執筆している[5]

2015年3月日本大学を退官したが、それを控えた時期に蔵書や収集資料を関西大学アジア文化研究センター[6]京都大学人文科学研究所[7]といった複数の学術機関に寄贈し、それぞれの機関でかなり重な資料集であると見なされている。

もちろん「大学等に所属した研究者で、複数の論文の著者であり、重な資料を多数寄贈した人物」だからと言って、絶対に捏造などしないと言い切れるわけではない。また「本人が捏造したものではなくても、捏造品をつかまされた可性はあるはずだ」という意見はあがるかもしれない。

駐蒙軍軍医将校軍陣外科学集合教育課程表

古書店で発見されたオリジナルの冊子には、「駐軍軍医将校軍外科学集合教育課程表 大同陸軍病院」と銘打たれた一枚のみの別の資料も挟んであったとのことで、上記の復刻版書籍にも付録として収録されている。

前述した大阪市立大学教授土屋志」氏の「研究業績」内に、その資料の較的高画質な画像を含む講演記録があり、インターネット上で閲覧できる。

何しろ一枚のみの資料であるためあまり情報は少ないが、上記の季衛生研究と同じ昭和十六年(1941年)の6月5日から7日までの3日間、軍医将校を対として行われた「軍外科」(すなわち戦傷外科)の集合教育のカリキラム表であるらしい。

教官は大同陸軍病院附の陸軍軍医少佐谷村一治」と同じく陸軍軍医中尉三浦」となっている。この谷村一治陸軍軍医少佐は本記事冒頭で示した「弔辞」にて研究班長として名がある「谷村少佐」と同名であり、おそらく同一人物である。その関係上でこの資料も冊子に挟んであったものかと思われる。

表内の記載によれば、講義と実習の双方が行われたようだ。そして実習内容としては「血管縫合術実習」「神経縫合術実習」「開術(腸管切除術、腸々吻合術)」「開頭術」「開胸術(肺内異物摘出)の実習」「様突起切除術実習」「腎臓摘出術の実習」などが掲載されている。

そして、カリキラム表の末尾の備考欄には「○○資材六準備使用ス」とある。「」は「体」の旧字である。つまり「○○」という明確に記載しかねる何かを、この手術実習のために「六体」使用したということであるらしい。

○○」とは何だったのだろうか?

731部隊との混同

この冊子由来の写真が「731部隊写真だ」として流布されていることがある。

例えば、2020年3月にTwitterに投稿されて、注目を集めたスペイン語ツイートexit(※多数の遺体写真や、凍傷で腫れ上がった手の写真など、刺の強い写真を含むツイート。苦手な方は閲覧注意。「Unit 731: Armas biológicas y experimentación en seres humanos.」(和訳:「731部隊生物兵器人体実験」)という言葉を添えて、4枚の写真を掲載している。

だがこのツイートに掲載された4枚の写真のうち、2枚の「凍傷になって腫れあがった両手の写真」は、前述の「土屋志」氏による講演資料内にも全く同じ写真がある『駐蒙軍冬季衛生研究成績』内の写真である。つまり満洲にあった731部隊関東軍防疫給水部本部)の写真ではないはずなのだ(ちなみに他の3枚の写真のうち、1枚の「防護に身を包んだ者たちの写真」や2枚の「死体が積み上げられている写真」も731部隊の非人的行為の写真ではないので、確かに731部隊に関連した写真と言えるのは4枚石井四郎の顔写真のみである)。

なぜこのような混同が生じたのか?については、インターネット上の資料からある程度その経過を推測することができる。

まず、2002年中国共産党系の中国語ウェブメディア「人民網」が伝えた以下のニュース記事。

このニュース記事によれば、「日軍細菌研究所」(おそらく2020年現在で言う「侵日軍第七三一部隊陳列館」のこと)の所長である「成民」氏が、2001年12月東京図書館で『極秘﹒駐蒙軍冬季衛生研究成績』を見つけた、と報じている(原本の冊子の方なのか1995年の復刻版書籍の方なのかは記載がい)。

そして記事内では、まさにこの『駐蒙軍冬季衛生研究成績』中の凍傷実験について特に詳細に記載されている。上記のように、『駐蒙軍冬季衛生研究成績』では他にも様々な人体実験について記載されているにも関わらず。

当然浮かぶ「なぜ成民氏は、この凍傷実験についてだけ特に重視しているのか?」という疑問の答えについても、その記事内の論調から伺い知ることが出来る。どうやら「成民氏らは日本軍の細菌実験に関する根拠は見つけていたが、凍傷実験については言があるだけで根拠を見つけていなかったため」ということらしい。

また同記事内では731部隊について記述しつつ「日本軍731部隊だけではなく中国各地に防疫給部を置き、人体実験を行った。731部隊はその研究部だった」と言った意味の記述も掲載している。そしてその上で、その「各地の防疫給部」のひとつである「北京1855部隊」がこの凍傷実験を行った、と記している(ちなみに前述の通り、確かにこの研究実験全体には北支那防疫給部(=北京1855部隊)の口支部から派遣された人員が参加してはいるのだが、この記述は不十分・不正確に思われる)。

そして、2013年に「15年戦争日本医学医療研究会」という団体が訪中して「侵日軍第七三一部隊陳列館」を訪れた際のレポート[8]にて、その館内の「731際資料図書インフォメーション展示センター」にあった『日本軍細菌戦写真集』(内古文化出版社、全1132010年)という写真集についての記載がある。この写真集はまさに上記の「成民」が編したものであるようだ。この写真集日本軍細菌戦写真集』の中に「1855部隊凍傷実験」としてこの『駐蒙軍冬季衛生研究成績』内の凍傷実験写真があったとのこと。

つまり、どうやら中国では「この『駐蒙軍冬季衛生研究成績』内に掲載されている凍傷実験を行ったのは防疫給部のひとつである1855部隊である」と認識されているらしいのだ。さらにその認識の元に、731部隊の資料館の館長らが出版した写真集に『駐蒙軍冬季衛生研究成績』からの写真が掲載されていることもわかる。

そこから、「731部隊の資料館の館長が広めている日本軍人体実験写真なら、731部隊写真だろう」という単純な勘違いや、「1855部隊は防疫給部の一部である」「731部隊中国各地の防疫給部を統括する部的な立場だった」「よってこの1855部隊の凍傷実験は広義で言えば731部隊関連の実験と言える」という拡大解釈によって、この『駐蒙軍冬季衛生研究成績』内の凍傷実験写真が「731部隊写真」として流布されるようになったと推定できる。

関連商品

参考文献・関連リンク

関連項目

結言

本冊子内に掲載されているという、「生体」らに想いをはせる結言の文。

三日前八紘一宇の理想と氷炭相入れず連行せる八生体が多大なる学術的貢献を貽[のこ]して殺されを並べて冷たくの西尼特[西ソニット谷間埋葬せられ皇軍将兵の懇なる黙祷を受けたる身上に思い及ぶとき皇恩の窮に感佩[かんぱい]せざるものなし[9]

擱筆[かくひつ]に当り再び生体の霊に黙祷[10]

脚注

  1. *土屋志「『駐蒙軍冬季衛生研究成績』を再読する」内に引用された『駐蒙軍冬季衛生研究成績』内の「弔辞」より孫引き
  2. *「軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会」のウェブサイトexit内、同会の会報第92号の要約ページexitより。
  3. *同上。
  4. *Yama」氏のサイト「日事変と山西省」該当ページより。本記事「関連リンク」参照
  5. *CiNii Articles 著者検索 - 鱒澤彰夫exit早稲田大学リポジトリ - 著者検索 - 鱒澤 彰夫exit
  6. *日本中國學會 2016年学界展望(語学)exit(PDFファイル)
  7. *京都大学人文科学研究所 要覧「人文科学研究のフロンティア」2019年版exit(PDFファイル)
  8. *西山勝夫 第10次「戦争医学」訪中調結果の概要 15年戦争と日本の医学医療研究会会誌 第14巻第2号exit 2014年5月 15-18
  9. *土屋志「『駐蒙軍冬季衛生研究成績』を再読する」内に引用された『駐蒙軍冬季衛生研究成績』の「結言」より孫引き
  10. *同上
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/26(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/26(土) 12:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP