イース3単語

イーススリー

  • 2
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イース3』とは、アクションRPGである。1989年7月21日日本ファルコムより発売されたPC-8801mkIISR用をはじめとして、多くの移植作品が発売されている。

正式タイトルは『WANDERERS FROM Ys』(ワンダラーズ フロム イース)。
移植作品によっては、『イースIII』と表記される。

アドル概要

イースシリーズの第3作
ストーリー上の時系列は、イースIVの後で、イースVの前になる。

シリーズ主人公である赤毛剣士アドルが、前作の冒険で知り合ったドギと共に各地をしていた途中、ドギの故郷に関する不吉な噂をにして、彼の故郷であるフェルガナ地方を訪れる所から物語は始まる。

前作までのようなトップビュー視点からの体当たり戦闘ではなくなり、サイドビュー視点を振るアクションになった。

追加されたアクションとして、を振る以外に上突き、下突き、しゃがみ攻撃、ジャンプや匍匐前進等の動作が加わった。

イース』のようにリングを装備すると種類に応じて、攻撃アップや防御アップなど、様々な効果が得られるが、リングパワーと呼ばれるゲージを消費するようになったので限には使用できない。

定評のあるBGM石川三恵子が全曲担当、X68000版の追加BGM川合将明が担当した。

移植作品

Windowsが普及する前のパソコン業界では、ハードメーカーがそれぞれ独自規格のパソコンを発売しており、機種の違うパソコン同士ではソフトの互換性がなかった。そのため、ソフトメーカーは1つソフトを発表したら、その後それぞれの機種に移植する必要があった。パソコンへの移植は全てファルコムが行っている。

発売日 機種 備考
1989年7月28日 PC-9801 BGMの一部がアレンジ
1989年10月20日 MSX2 BGMPSG
非常に処理が重く、あまり快適には遊べない。
1990年3月24日 X68000 BGMOPM仕様に強化され新曲も追加。
最終ボスの攻撃パターンが変更され難易度が大幅アップ

家庭用ゲーム機移植作

家庭用ゲーム機への移植は様々なメーカーから発売されている。

発売日 機種 メーカー 備考
1991年3月22日 PCエンジン ハドソン PC-9801ベース
独自のオープニングが追加。
一部を除くBGMCD化。
イベントシーンボイスあり。
1991年6月21日 SFC トンキンハウス X68000ベース
操作性の悪さ、当たり判定のおかしさなど
難点が多く、難易度異常に高い。パペパプー
1991年9月27日 ファミコン ビクター音楽産業 多重スクロールカット
その代わり処理が軽くストレスなく遊べる。
1991年11月1日 メガドライブ 日本テレネット X68000版に割と忠実な移植
2005年3月24日 PS2 タイトー 2Dながらも、グラフイックが一新。
イベントシーンボイスあり。

 イース -フェルガナの誓い-

『イース3』をベースに大まかなストーリー展開はそのままに、設定等が見直され、ゲームシステムを一新させたファルコムによるフルリメイク作品。

2005年6月30日Windowsソフトとして発売。

2010年4月22日PSP版が発売。

詳細は『フェルガナの誓い』の記事参照。

主な登場人物

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/01(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/01(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP