今注目のニュース
香川県民が丸亀製麺に大激怒!とんでもない嘘が発覚してしまう!
美味しさに感動 アメリカ人が初めて「手で握ったおにぎり」を食べた結果
東大生の約半数は「努力できない脳」の持ち主だ

カニミソP単語

カニミソピー

掲示板をみる(34)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カニミソPとは、VOCALOIDによる楽曲を投稿しているプロデューサーである。

本人は平仮名で「かにみそP」と名乗っているが、カタカナの「カニミソP」が正式とのこと。
本名義は「mathru」(まさる)。2つの名義を併記することが多い。

VOCALOIDのプロデューサーの一覧

概要

VOCALOID"神威がくぽ"による楽曲を始め、初音ミク巡音ルカGUMIによるバラードトランスなど幅広い楽曲を投稿している。
また、カニミソ画伯と呼ばれ、絵に一定の評価を得ている。

カニミソPのVOCALOIDデビュー作は、「【初音ミクサンタクロースがやってくる(Ver1.1)【オリジナル】」である。
Ver1.1とついてる事から完成版ではいのかもしれない。カニミソPのブログにて、初音ミク曲の第1弾として「そばにいてくれたね」が挙げられており、1曲に数えられていない事からも未完成だったのではないかと考えられる。
この楽曲は2008年2月3日節分の日にクリスマスソングという季節外れ感からか、再生数は振るわなかった。
後の12月10日初音ミク がオリジナル曲『 サンタクロースがやってくる 』を(ryexit_nicovideo」を投稿している。

P名の由来

P名の由来になったと思われる楽曲「Kanimiso - カニミソ -」はサイケデリックトランスな曲で、中毒性を感じる曲である。ただし何故、タイトルテーマカニミソになったのかは、カニミソP本人にもよく判らないようで、サイケデリックトランスミクが合わないかなと思って考えた挙句、適当にトチ狂った言葉喋らせれば雰囲気でるかなと思い浮かんだのが「カニミソ」だそうだ。また、動画内でカニを振っているミクの画像が登場するが、たまたま画像を作っていた人が居ただけであり、狙ったわけではない。この楽曲をつくり、P名にもなった"カニミソ"であるが、カニミソP自身はカニミソを食べたことがないそうである。(ニコラジに出演した2010年4月5日現在の話。番組内で歌い手の「ぽこた」とカニミソを食べに行く約束をしている)

かにみそ? カニミソ

タグに入っているのはカタカナで「カニミソP」となっているのに、P本人は「かにみそP」と名乗っている件についてだが、この件はP本人に回答を頂いたので、以下に引用する。

      かにみそPの表記については
      正式には「カニミソP」という認識です。
      ただ、的に見栄えがあまりよろしくないので
      「かにみそP」と書いています。

      なので、タグ大百科はこのままでも大丈夫かと思います。

とのこと。

投稿作品

カニミソP投稿の、特に話題となった作品を紹介する。

サムライシリーズ

2008年7月31日VOCALOID2がくっぽいど』の発売日にオリジナル曲ダンシング☆サムライ」を投稿。思わず踊りたくなるようなノリの良い曲と、独特な絵、不思議な踊り、そして掛けヘァ!」で中に陥る人が続出、好評を博した。

同年8月2日には10万再生に到達、がくっぽいど初のVOCALOID殿堂入りを果たした。
8月2日はカニミソPの誕生日であったようで、視聴者の皆に感謝と感挨拶を載せている。また、10万再生到達の間には実際に立ち会っていたようだ。

がくっぽいど発売から約一年後の2009年7月30日Gackt本人が直接楽曲を聞いてくれる機会となった、がくっぽいどコンテスト参加作品として「Episode.0」を投稿。前述の「ダンシング☆サムライ」でのがくぽが、踊るとなる前の物語シリアスに表現した作品であるが、これが審員を務めたGACKTから「これね、曲としていい上に歌詞がすごく悲しくていいんだよね。多分、今回の受賞作の中で一番悲しい曲。」という評価を受け、見事グランプリを受賞。賞30万円を獲得した。

2010年4月5日公式ニコニコ生放送であるニコラジ第一回に、歌い手である「ぽこた」、「リノ」と共に「かにみそP」が登場、公式ニコニコ生放送で生のを聞く機会となった。

2011年7月11日CD発売記念として同シリーズの新作「【神威がくぽ】 武思道 ~It is the way of the SAMURAI~ 【オリジナル】exit_nicovideo 」を投稿した。

Episode.0 CD化

がくっぽいどコンテストで見事にグランプリとなった「Episode.0」だが、同グランプリ内においてGACKTが「歌ってみたい」と発言exit。まさかの本人が歌ってみたか、と期待される。

そして2011年7月13日 39th  New Single「Episode.0」exit としてCDリリースされた。

 

オリコンチャートにおいて、週間3位・デイリー2位を記録するヒット作品となった。
CDでは 作詞作曲:mathru(KanimisoP) と表記されている。

この作品に関連してのインタビューが掲載されている。
GACKTが認めたニコニコ動画ユーザー かにみそPが語るボーカロイドの未来exit

最新作

伝説がくぽマスターっぷりは健在である

関連動画

公開マイリスト

関連商品

mathru Presents

参加コンピレーション・楽曲提供

Episode.0 関連

以下はGACKTバージョン作詞作曲を担当している。

以下はオリジナルバージョン。楽曲製作全般をカニミソPが行っている。

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/18(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/18(水) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP