カルマ単語

カルマ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(84)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避 カルマ (Karman)とは、

カルマ(Karman、業、造作)とは、インド宗教の用である。サンスクリットでのもともとの意味は「行為そのもの」のことである。

概要

元は古代インド哲学の用で、行為はなんらかの報いを生じるという考え方である。仏教ヒンドゥー教、ジャイナ教などにそれぞれのカルマの思想がある。日本には仏教として輸入された。よくある誤解に「果報をもたらす秘的な」といった解釈があるが、そのような類のものでは決してない。

因果思想と組み合わさった結果「良いこと(良い業)を行えば良いことがおきる」とされたり、輪廻思想と組み合わさった結果「前世の行い(前世の業)が今の人生を与えている」といった論理展開に用いられることとなった。これらの思想において、業は善悪に応じた果報をもたらし、転生によって失われることもないのである。たとえば善業を積んだら来世は善人に、悪業を積んだら悪人になるというような考え方である。

仏教では、身業、口業、意業の三業に分けたり、共業、不共業の二業に分けたりいろいろな区別がある。

また、仏教においては思考も行為の一つとして考えられるため、「思考行為そのもの」をす用として思業という用が存在する。

欧米への「輸入」

19世紀にオカルトブームが欧にて起きたのに伴い、多くのオカルト研究者が「秘の秘儀」をチベット仏教系密教にめた結果、カルマの概念も欧へと輸入された。一部の欧産のゲームにパラメータ名としてカルマが出現するのはこのだろう。ただし、原義から少し離れ、「行為の結果」や「果報をもたらす秘的な」、「ある種の徳」といったな解釈をされていることが多いようである。恐らくオカルトブームの時点で原義が正しく伝わらなかった結果なのだろう。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 82ななしのよっしん

    2022/03/10(木) 17:18:01 ID: SEWGtUx5ws

    カルマ制を導入するといかに値を下げずに利得を最大化するか、あるいは非を働くかに知恵を絞るという
    本来の意味、意図とは全く逆の向性が生まれるのが何とも人間の業の深さを感じさせる

  • 83ななしのよっしん

    2022/03/10(木) 17:22:42 ID: DicNy9UpR7

    業が深いのは自然に反したルールを作る側なんだよなあ
    利益を最大化するのは人間として正しいが何故かそれに逆らうルールを作ってしまう

  • 84ななしのよっしん

    2022/03/10(木) 20:12:04 ID: /+4QILSNi8

    >>81
    コメント新着にカルマガルマと狩魔が並んでて何か吹いた

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/29(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/29(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP