今注目のニュース
自称大富豪が9.7億円で殺人を依頼 18歳女子が親友を殺害
「ラッキー♪ブタなのに勝っちゃった」アニメ『賭ケグルイ××』よりARTFX J 早乙女芽亜里が2019年11月に発売!
中居正広「もし明日仕事がなくなったら」に回答

カメラ単語

カメラ

掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カメラとは、写真を撮影するための機械である。映像静止画として記録する装置。写真機とも。

概要

現在一般に使用されているカメラは、フィルムカメラとデジタルカメラに大別できる。2008年現在ではデジタルカメラの優勢が全に決し、フィルムカメラは出荷台数の調さえ止められてしまった。しかしながら芸術分野や趣味としてフィルムカメラを使用するには、未だ根強い人気がある。

主なカメラの種類

デジタルカメラ

デジタル一眼レフカメラ
フィルム一眼レフの基本構造のまま、フィルムの位置していた場所にCCDなどの撮像素子と呼ばれるフィルムの代わりになる部品を配置しデジタル化したもの。システム化された豊富な交換レンズが最大の魅で、同一メーカーならフィルムカメラから共用できる場合も多い。ハイエンド機では現在流。ニコンDシリーズキヤノンEOS DIGITALシリーズペンタックスKシリーズなど。
ミラーレス一眼カメラ
中級機として最近急速に話題になってきたカメラ。一眼レフのように自由レンズ交換が出来るが、ファインダーを持たず、コンパクトカメラのように液晶をファインダー代わりにするか、ファインダーの中に高解像度デジタルビューファインダーを搭載したもの。ミラーが必要ないため一眼レフべ小化が可で、一眼レフカメラとコンパクトカメラのいいとこ取りをしたようなカメラ。OLYMPUS PEN/OM-DシリーズPanasonic LUMIX Gシリーズなど。
コンパクトデジタルカメラ
現在普及価格帯で流のカメラ。に背面の液晶をファインダーの代わりに用いる。安価で小さくて軽く、撮影は基本的にフルオートで撮影することを眼に作られており、非常に使いやすい。一部では、GRデジタルなど高級機も存在する。Sony Cyber-shot富士フイルムFinePixカシオEXILIM など。
ケータイカメラ/スマホカメラ
近年存在感を増している新である。かつては性能面明らかに見劣りしたため、写真趣味人間は見向きもしなかったが、現在では日常的なスナップならばこれで十分という所まで性を上げてきている。また、ソフトウェア面ではむしろカメラ業界を先導するポジションである。軽量性は当然ながら最高。さすがに高感度特性ホールド性、高倍率ズームなどはカメラ専用機に譲るので、用途に合わせて使い分けたい所。

フィルムカメラ

一眼レフカメラ
撮影するレンズから入ったプリズムで曲げ、撮影されるのと同じ画像を学的にファインダーで見られるようにしたカメラ。撮影時はを動かし、フィルムが向かうようにする。レンズファインダーなどがシステム化されており、交換が可な物が多い。ハイエンド機の流で、現在デジタル化されたものがメインになっている。ニコンFシリーズキヤノンEOSシリーズなど。
レンジファインダーカメラ
学的に三測量の原理でピントを合わせるカメラ。距離計連動カメラとも言う。ファインダーの中心部分に二重像と呼ばれる像が二重になってダブッている部分があり、この二重像がぴったり重なった場所にピントが合う仕組み。一眼レフが開発されるまでは速写が必要な場面での流で、スナップ撮影のほか、戦場カメラマンにも用されていた。ファインダーの構造が複雑なため高価だが、スナップカメラとしては現在も一部で人気が高く、ニッチな市場では高額で販売されている。ライカ、ヘキサーRF、ベッサなど。
コンパクトカメラ
普及機として流だった形態のカメラ。レンズファインダーが別々に存在し、機を簡略化して持ち運びしやすいよう小化されたもの。1970年代後半以降のものはオートフォーカスピントを合わせ、それ以前は上記レンジファインダーカメラのように距離計を積むか、測(勘)でピントを合わせていた。キヤノンオートボーイ、コニカC35シリーズなど。
二眼レフカメラ
撮影に用いるレンズと、像を確認するのに用いるレンズが縦に2つ並んでいるカメラ。ファインダーと実際撮影される画像の視差を少なくするために、同一のレンズを並べて配置している。ファインダー用のレンズから送られるミラーで上方向に曲げられ、ウエストレベルファインダーと呼ばれる上から覗き込む形態のファインダーに映し出される。このファインダーは左右が反転しておりピント合わせにも時間がかかるため、動く被写体を撮影するのは非常に難しい。しかし、ブローニーフィルムと呼ばれる少し大きめのフィルムを使用するため解像度が非常に高い。構造が簡便なことから1950年代に盛を誇った。ローライフレックスリコーレックスなど。
ビューカメラ
の付いた、いわゆる写真館のカメラ。一般的に、ロールではなくシート状の大きなフィルムを用いる。撮影時はフィルムのある面にスクリーンを置き、そこでピントや構図を確認した後、一回一回フィルムを取り付け撮影する。

レンズ付きフィルム

所謂"写ルンです"のようなフィルム一体のカメラ。使い方は通常のカメラと同様。

トイカメラ

本体やレンズプラスチックを用いた安価なカメラ。そのため精度が低く被写体がぼやけたり写真の明るさが安定していなかったり「綺麗な写真」を撮れないことが多いが、その独特さや性の不安定さ故に二度と同じ写真が撮れないなどの芸術性があるとされ一つのジャンルを築いている。フィルム流だがデジタルも多くなってきている。本体が頑丈にできている他のカメラより軽く持ち運び がしやすい。反面選択できるシャッタースピードや絞りの幅が小さく、場合によっては固定であることもある。 

トイカメラ

カメラブランド一覧

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP