今注目のニュース
「コレこそが親!」「痛みで子供は覚える」路上に飛び出した子供に対する母親の行動が素晴らしいと話題に!
めっちゃSF!アンダーアーマーが作ったヴァージンギャラクティック用の宇宙服
年収1000万円プレーヤーは漫画を読まない? 平均年収層の"8分の1"という結果に

ツィーテン単語

ツィーテン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ツィーテン(Zieten)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.青森伸。

概要

外伝『螺旋迷宮』に登場する銀河帝国軍人・元帥宇宙艦隊長官。旗艦<アウドムラ>。
帝国381年頃の生まれで、頭髪こそ七割がた失われているものの見事にそろった灰色眉毛と口を持つ、貫ある中年軍人(帝国436年12月、第二次ティアマト会戦当時)。

実戦揮より軍政・軍関係で大過なく経験を積んできた人物であり、作戦構想も持ちあわせているもののやや柔軟性を欠くと評されている。

第二次ティアマト会戦

帝国436年の第二次ティアマト会戦において、ツィーテンは元帥宇宙艦隊長官として総司令官を務め、艦艇55000~56000隻、兵員630万~660万人(同盟軍推定)の大艦隊を揮した。敵将は帝国軍最大の雄敵、”叛徒どもの巨ブルース・アッシュビー大将であり、その戦48000隻であった。

当時ツィーテンはすでに軍務や統帥本部において長い経験を持っており、この第二次ティアマト会戦で「よほどの惨敗」を喫しないかぎりは次期軍務尚書(当時は軍務尚書ケルトリング元帥憤死した直後であったが、ケルトリングの直接の後任となる予定であったかは不明)への就任は確実とされていた。

しかし、その「よほどの惨敗」は、彼の前にまで迫っていたのである。第二次ティアマト会戦は最終的に帝国軍の全な敗北に終わり、"軍務にとって涙すべき40分間"において60名におよぶ将官を失う壊滅的打撃を被ったのだった。ただし同時に、憎むべき敵将ブルース・アッシュビーをほぼ偶然ながら戦死させるという、戦略的意義としては極めて大きい戦果を得た。

なお、ツィーテン自身がそもそも生存したかどうか、以後どのような処遇を受けたかは記述がなく一切不明。

補遺

二次ティアマト会戦の直前、帝国軍が集結した最前線基地において、当時コーゼル大将のもとへ出頭中であったクリストフ・フォン・ケーフェンヒラー大佐がツィーテンとすれ違っている。幕僚団を引き連れたツィーテンはケーフェンヒラーの敬礼に対し、「傲然というより気にもとめぬという態度」で軽くうなずき、その貫によってケーフェンヒラーを圧倒したという。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2015/11/13(金) 20:04:45 ID: y0bxqtKUfu

    すれ違った時って何かミヒャールゼン関係の事をコーゼルと相談してたのかね?
    ケーフェンヒラーはそう考えてそうだが、そうだとしたら自軍の情報ダダ漏れ状態を承知した上でアッシュビーと戦ったわけだが、
    相当采配迷ったんじゃないだろうか

  • 2ななしのよっしん

    2015/12/28(月) 22:04:27 ID: yi6Lp0auvK

    >>1
    情報タダ漏れ状態で史上屈の大会戦やる不安に苛まれてたのが、ケーフェンヒラ大佐とすれ違ったときに答礼しなかった理由なのかな。
    最初は単に横柄なだけかとしか思わなかったけど。

  • 3ななしのよっしん

    2017/10/04(水) 08:55:41 ID: wCaFZTpSK7

    全軍の半分を同盟軍の背後に回らせようとしたのは、あえて情報漏らして同盟軍の戦場から引き剥がしてその間に各個撃破を狙った可能性が微レ存

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP