今注目のニュース
綾部祐二、NY暴動の現場中継にファン絶句 「危ない…」
女性歌い手「+α/あるふぁきゅん。」による無観客フリーライブ、6/10(水)21時よりニコ生独占配信! ピアニスト菊池亮太による生演奏でセッションでお届け
「私の知ってるやつと違う」「実写!?」 マインクラフトで作った架空の鉄道「水音鉄道」がリアルすぎる

マフィア単語

マフィア

  • 4
  • 0
掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マフィア(Mafia)とは、

マフィアとは、イタリアにおいて結成された組織を起とする犯罪組織のことである。

マフィアはイタリア系組織を含めた犯罪組織全般に使う総称であり、一部当てはまらないのもいる。

Sommario (概要)

支配していた/勢一覧
Wikipediaより)

マフィアとは一般的に犯罪組織に使われる名称だが、その組織自体の歴史はかなり古い。シチリの住民同士の互助関係から生まれた自衛組織が起とされている。ただの自衛組織がどうしてああなった

チリイタリアの南端に位置している(地図で言うとブーツの先っちょにある塊といえば解りやすいだろうか)。欧州アフリカの間にはティニアイオニア地中海、エーゲアドリア海アルボラン、パレアと複数のエリアがあり、シチリはそれらの中心に位置しているため全てのアクセスできるという交通の要所であった。それに加えて、周囲がであることから敵の侵略を抑えるのにも適しており、地形としても戦略の要所であるという土地であった。

当然そんなお買得物件をどのも見逃すはずがなく、シチリアの住民は長い間、上記のとおりその時代その時代の王や一族などといったさまざまな勢に狙われ、支配されていた。そのため、シチリの住民の間ではその時の権者たちの意向に振り回されていることに嫌気が差していたため、住民同士で武装し自治的な活動を強めるようになった。

その後、宗教運動、労働デモファシズムなどイタリア社会に不安をまき散らす要素ばかりが蔓延している時代においては、「やっぱり信じられるのは同郷の仲間だけだよね」ということで、メンバーが自分の信頼できる仲間(ナカーマ)を呼んできて互助組織に入り、メンバーになったその仲間が自分の信頼できる仲間(ナカーマのナカーマ)を連れてきて互助組織に入り、メンバーになったその仲間が自分の信頼できる仲間(ナカーマのナカーマのナカーマ)を連れてきて互助組織に入り……のくりかえしで、仲間同士の助け合いを旨とする互助組織の立場や勢が向上していき、やがて社会政治に影をおよぼし食い込むようになっていった。

また、19世紀から20世紀にかけてアメリカへの移民が増えるが、ヨーロッパからの移住者の中でもイタリア移民は後発組だったため社会底辺に置かれることが多かった。そのため、今度はアメリカでも「信頼できるもの同士固まろうぜ」ということで、アメリカ内に同郷であるシチリア出身者だけが入れる組織が結成され、その組織が自分たちと仲間を守るために武装した。

これが一般によく知られる犯罪者組織"マフィア"の誕生である。

なおマフィアは一般的・際的な総称であり、現地のイタリアとでは扱いが若干違う(「」の項を参照)。

Luciano (ルチアーノ)

なお、マフィアが近代化する転機となったのは、1900年代に現れたコーザ・ノストラの最高幹部チャールズルチアーノ(通称ラッキールチアーノ)の登場があったればこそである。ルチアーノは古いしきたりにこだわらない非常に合理的な人物であり、「しきたりと血縁関係だけではマフィアはやっていけない」と考えていた。

まず彼は、コーザ・ノストラを利益が出るよう企業と同様の組織体制へと再編した。また、シチリア系の人間にこだわりたがる頭の古いボス達を粛清するか引退させつつも、自らがイタリア系のトップに立つようなことはせず、各ファミリーとそのボスを組織の規模に関係なく・対等な立場として扱い、重要事項についてはファミリー同士による会議(コミッション)を開いて決めるという合議制を取り入れた。

イタリア系マフィアを統合しつつあった彼はさらに、他移民犯罪組織とも協するためシンジケートを設立。その運営方法の構築から制裁機関の設置までと、幅広く活躍した。

最終的に、ニューヨークイタリア系マフィア全てを五大ファミリーとして統合させまとめ上げた男として知られている。このルチアーノが築いた企業式のファミリー編成とファミリー間の合議制は1930年前後に作られたにもかかわらず現在でも機しており、ほとんど変わっていない。

Etimologia/nome (語源/名称)

マフィアのは実は確たるものがなく「諸説ある」扱いである。イタリア語辞典ではシチリアの方言である「乱暴/粗暴な態度」がとされている。しかし1600年代の異端審問の文書などでは「美しさ」「優しさ」「優さ」「名誉ある者」「勇者」「大胆さ」といったプラスの意味で使われている。

Twitterなどでは3月30日に「マフィアの日」なるツイートが広まり、1282年の「シチリアの晩祷/シチリアの晩鐘」事件で住民たちがかかげた「Morte alla Francia Italia anela !(フランス人に死を、これはイタリアの叫びだ)」という言葉の頭文字であると書かれているが、これは後世の創作であるというのが有だとされている。[1]

■名称

マフィアはシチリ流とする犯罪組織の名称である。発祥の地イタリアにおいても各組織は縄りとしているエリアが異なるため、「カモッラ」「ンドラゲタ」など各組織は個別で呼ばれており、シチリ流としていないものは厳密にはマフィアとは違う。

ただ、「マフィア」の活動が有名になりすぎたため、現在では「マフィア」は似たような形態の犯罪組織を総称するものとなっている(有名すぎて透明粘着テープは全部セロテープと呼ばれるのと同じような扱いである)。

Organizzazione (組織)

組織の構成はボスドン)を中心とした中央集権の組織(ファミリー)である。現在の組織は企業モデルとしているため、そのまんま会社組織を思い浮かべてもらえると分かりやすいだろう。

トップは当然、社長にあたるボス(B、ドンと同義)であり、その側近として会社顧問に当たる相談役コンシリエーレ(CN、アドバイザーやコンシェルジュと同義)、ボスの下に副社長となるアンダーボスUB)、さらにその下に部署に当たる各チームが展開される形となっている。

チーム課長部長に相当するキャプテン(C、カポ・レジームとも)と正社員にあたるソルジャー)から構成されており、命ボスからアンダーボスを通して各チームキャプテンに、ソルジャーたちは自分のチームを束ねるキャプテンからを受ける。一般的にはソルジャーは自分のチームの上であるキャプテンに相談や報告を行うのが普通で、ボスアンダーボスには話を行わないが、上との意思疎通がうまくいかなかったり、キャプテンとの不仲が起きている場合には、ソルジャーの意思をボスアンダーボスに通せるようコンシリエーレが仲介するようになっている。

財務や事務を担当する部署、麻薬を取り扱う部署、強盗や殺しを扱う部署、売を扱う部署・・・などと各チームごとに専門があり、仕事の内容を除けば実は既存の会社とあまり変わらなかったりする。

正規メンバーおよびファミリーとして扱われるのはここまでとなっており、その下には正社員への昇格を夢見る準構成員、いわゆるバイト契約社員にあたるアソシエーテ(AS)、および下請け企業に当たる協者(SP)が有にたくさんおり、ファミリーを支えている。

Wise Guy (ワイズガイ)

ファミリーのうち正規の構成員は「ワイガイ」と呼ばれる[2]ワイガイになるためには基本的に純血のイタリア系(シチリア系)の人間であることが条件だったが、近年は移民の世代が進んだためか、ハーフでも良いらしい(ただし系がイタリア系という条件らしいが)。

そしてワイガイは多くの構成員の中でもごく少数であるため、マフィア全体の中でも特権エリート階級となっている。ワイガイを攻撃したり殺したりすることは、そのワイガイが所属している組織そのものに対して攻撃しているのと同じ扱いとされており、ワイガイに手を出した場合は組織による血の報復が待っている。

ただし、それ相応の仕事をこなして組織に高い貢献をしなければワイガイになれないらしく、ものを盗んで転売してきたり、麻薬を売ったり、密輸をしたり、融業を営んだり、と地味稼ぎが必要になる。これは、たとえボス子供血縁者であっても同様の扱いであり、世襲になるわけではない。

Omertà (オメルタ)

マフィアにおいては血の掟(オメルタ)と呼ばれる誓約が課せられ、(1)組織に対する絶対の従、(2)組織の秘密の厳守、ほかいくつものルールめられる。組織の構成員になる時点でこれを誓い、違反した場合は組織からの制裁が加えられる(口にいっぱい石を詰め込まれた死体になって転がっていたり、にやって来ていきなりズドンとぶっ放されたり、のエサにされていたり)。

そのような底した秘密義であること、マフィアの正規メンバーが全体として少数であることから、未だにマフィアの全容が明らかになっておらず、マフィアをやめた元メンバー・あるいは組織を勝手に抜けたメンバーなどがその内部事情を告白することでようやく情報がつかめるという状態である。

ちなみにこれを誓うとき、自らの血をキリスト教系の者の絵に垂らすなど宗教的に行うため、マフィアの大部分はカトリック系といわれている。しかしローマ法王からは破門扱いされている。

Rilevanza Film

attività (活動)

altro (その他)

Rilevanza Immagine

Rilevanza Merce

Rilevanza voce

脚注

  1. *フランス王族の支配にシチリア住民たちが一斉に反乱を起こしたという事件。当時はアンジュがシチリを支配していたが、住民から食料や畜の調達などを強引に行っており、シチリア住民の不満は溜まっていた。そこへさらにアンジュ兵士たちがシチリアの女性を集団暴行するという事件を起こしたため、住民たちの不満が一気に爆発し、フランス系住民4000人近くを虐殺した。のちにスペイン・アラゴンの介入でアンジュは撃退され、シチリアはアラゴンの預かりとなった。
  2. *ワイガイ以外に「グッドフェラ」「メイドマン」「メイドガイ」などの呼び方もある(Wikipediaではメイドマンを正式名称として載せている)

掲示板

  • 52ななしのよっしん

    2019/12/08(日) 17:48:36 ID: SaZHz5ViGx

    >>46
    一言で言えばオメルタが崩壊したから
    なんで崩壊したかと言えば、RICO法と人保護プログラムのおかげ

    RICO法によって共謀を理由に一人の逮捕者から組織メンバー全員一網打尽にすることが可になった
    ボス連中は保釈を積んだり刑務所内で優な生活を送ったりできたが、も権もない下っ端は当局との司法取引に応じるしかない
    結果、オメルタを破って組織の内情を暴露する者が続出した
    彼らを血の報復から守ったのが人保護プログラム

    マフィアが強だったのはオメルタの恐怖で結束してて、逮捕されても仲間を売らなかったから
    何人逮捕しても当局は組織の全貌を把握することすらできなかったし、肝心なボス連中の犯罪を立することもできず組織にダメージを与えられなかった
    その結束RICO法と人保護プログラムが崩した

  • 53ななしのよっしん

    2020/01/15(水) 12:19:05 ID: QyV5ijYE4F

    ジョジョ5部で敵も味方も沢山死んだのはどうしてだろうか?多分だけどマフィア ギャング ヤクザは存在してはいけないというものがあったのではないかと思う。

  • 54ななしのよっしん

    2020/03/19(木) 01:42:07 ID: 9jd79j0snb

    今までと違ってカタギじゃなかったからじゃね?戦士兵士みたくいつ日常戦場になって命落してもおかしくなかったし

急上昇ワード

最終更新:2020/06/03(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/06/03(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP