今注目のニュース
実は女子校出身と聞いて驚いた有名人ランキング
三大都市圏で1000万人を超えるという「関係人口」ってなんだ?
性被害だけじゃない!「やりがい搾取」も浮き彫りに…デイズジャパン検証委員・太田啓子弁護士に聞く

トヨタ・アベンシス単語

トヨタアベンシス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

トヨタ・アベンシスとは、トヨタ自動車が販売している中である。このに付けられる固有の形式はコロナ/カリーナと同じ「T」である。

概要

2003年発売。

欧州では従来から販売されていたトヨタ・カリーナE(トヨタ・コロナ)のモデルチェンジ1997年より販売されていたが、日本では初代モデルが販売されず[1]2代目から販売が開始されている。
初代[2]2003年から2008年までビスタ店(2004年からはネッツ店)で、2代目[3]2011年トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店で販売されている。2011年こそ限定販売であったが、2012年以降は通年販売となっている。

このモデル日本生産でなく、英国のTMUKで生産されている。ヨーロッパではセダンの設定、ディーゼルエンジンマニュアルトランスミッション、装備に合わせた多グレードの展開がされている。

前史

元々このクラスヨーロッパにおけるモデルは従来はトヨタ・コロナが担っていた。体こそコロナのものと概ね同一であるが名称は「トヨタ・カリーナ」を名乗り、その後「カリーナE」に変更となった。モデルにはセダンの他に、日本カルディナを名乗ったワゴンコロナSFの名称で販売された5ドアがある。この為、形式がコロナ、そしてコンポーネンツを共有するカリーナと同じ「T」と名乗っている。

そしてカリーナEのモデルチェンジ版として登場したのがアベンシスである。(本における)初代アベンシスは日本コロナの系統からは外れた独立したモデルであるが、形式はコロナの系統である「T」を継承しており、それは現在においても同一である。その為、プレミオ(アリオン)とアベンシスは兄弟とも言える。

特徴

ドイツアウトバーンに代表される長距離高速道路の移動に照準を合わせたセッティングをされており、ブレーキパットも高速度からの確実かつ安定した制動を得る為に高摩擦ブレーキパッドの装備がされている。また、足回りが固められており、これもまた高速での安定した挙動にひと役買っている。また、2代目CVTセッティングも日本の多くののように乗りで本領を発揮する物ではなく、高速度で本領を発揮するものとなっている。

売り込みもまた、欧州車志向の強い現状を鑑みて、あちこちで「ヨーロッパ生まれ」を強調している。

但し、あくまでヨーロッパ基準であり日本の感覚で乗ると少々難儀するとのも。特にブレーキパットは高摩擦である事はディスクをそれだけいじめると言う事なので、粉が並みの以上に出ると言う事を覚悟しなければいけない。

歴史

初代[2](T250系、2003年~2008年)

2003年発売。
同年に生産を終了したビスタの後継モデルとして投入されたモデルで、セダンとワゴンが用意されていた。
エンジンは1AZ-FSE(2000cc D-4)を搭載、トランスミッションは4速オートマチックのみの設定だった。

2005年には一部良を実施。
エンジンに2AZ-FSE(2400cc D-4)を追加、トランスミッションに5速オートマチックを追加した。

2006年にはマイナーチェンジを実施。
外装デザインが変更となった。

2008年には販売を終了した。

キャッチコピーは「トヨタが作った欧州車」であった。

2代目[3](T270系、2011年[4]~)

2011年発売。

曲がりなりにも日本向けに各種規格をそろえていた初代とべても体はワゴンのみ、グレードはXiのみ(マイチェン前)、欧州規格のままのワイパー/ウインカーバー[5]オプションなし、ボディカラーは3色のみと、いかにも売る気のない底的なコストダウンが図られている。

エンジン3ZR-FAE(2000cc)を搭載。但し、これもまたヨーロッパ基準そのままのハイオク仕様というやる気さというか投げやり本物志向である。足回りは日本ではあまり採用数の多くないリバウンドスプリングを採用し、カーブでも安定した走りを実現している。またブレーキは高速からでも安定した制動を確保できる高摩擦ブレーキパットを採用している。パーキングブレーキ電気式を採用している

2012年にはマイナーチェンジを実施。外装デザインを変更、グレードに上級仕様の「Li」が追加された。同時に通年販売となる。

2015年モデルチェンジにも等しいビッグマイナーチェンジを敢行予定。近年のトヨタの潮流であるキーデザインを採用、エンジンもまたディーゼルが2種類となる。そのうち1600ccBMW製とされる。インパネもまた大きく変更を受け、前のモデルとは一見して違いがつかない程である。

脚注

  1. ^ 日本でアベンシスとしては販売されていなかったが、ワゴン210系のカルディナ姉妹関係にある。
  2. ^ 欧州における2代目
  3. ^ 欧州における3代
  4. ^ 2011年7月から10月までの期間限定生産
  5. ^ハンドルから見て、左がウィンカーバーで、右がワイパーレバー日本の規格はその逆。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/26(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/26(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP