今注目のニュース
【同一労働同一賃金】派遣社員が不安に思うこと1位「契約が更新されないのではないか」
育休中の男性が妻に言ってはいけないNGワード「自分がやってあげるよ」「こうすればいいんじゃない?」
「ストロングゼロ寿司」を食べたユーチューバー、ウマさに感激 「え、待って」

マシンガン継投単語

マシンガンケイトウ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ピッチャー真田! ピッチャー篠原 ! ピッチャー! ピッチャー田! ピッチャー山口
.     ____
.   /      \  / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄\
.  /   \ , , /\  \ , , /\  \ , , /\.  \ , , /\.  \ , , /\
./  ==⊂⊃=⊂⊃=\⊂⊃=⊂⊃=\⊂⊃=⊂⊃=\⊂⊃=⊂⊃=\⊂⊃=⊂⊃=\
|     ⌒(__人__)⌒ |⌒(__人__)⌒ |⌒(__人__)⌒ .|⌒(__人__)⌒ |⌒(__人__)⌒ |
.\      ` ⌒´  ,/  ` ⌒´  ,/  ` ⌒´  ,/   ` ⌒´  ,/   ` ⌒´ ,/
 /⌒~" ̄, ̄ ̄⌒,ニつ , ̄ ̄⌒,ニつ, ̄ ̄⌒,ニつ, ̄ ̄⌒,ニつ, ̄ ̄⌒,ニつ
 |  ,__゙___、rヾイソ⊃._゙___、rヾイソ⊃_゙___、rヾイソ⊃_゙___、rヾイソ⊃_゙___、rヾイソ⊃
 |         `l ̄        `l ̄        `l ̄        `l ̄        `l ̄

概要

マシンガン継投とは横浜ベイスターズ中継ぎ投手を湯のようにつぎ込む継投法。

投入する中継ぎ投手に勝ち試合継投と負け試合継投の区別がく、大差で負けていようが何人もの投手をつぎ込むのが特徴である。

90年代後期のマシンガン打線と掛けてこの名が付いた。

2008年頃、大矢監督がこの継投策を確立させ、田代監督代行を経て、尾監督へ引き継がれた。

評判はよくはない。むしろ悪い方だ。

マシンガン継投の実績

2007年

 7172敗1分(セリーグ4位) チーム救援登板数460(同2位チーム救援勝利26(同2位

チーム救援敗戦13(同6位タイ) チームホール87(同4位) チーム救援防御率4.06(同5位) 

選手名 投球 登板 防御率  勝利 敗戦 セーブ ホール タイトル 備考
木塚敦志 76 3.06  3 1 0 29 登板リーグ2位 ホールド数リーグ4位
那須野巧 63 3.79  4 5 1 12 登板リーグ4位(左腕投手では1位
ホセロ・ディアス 45 4.59  3 4 2 7
加藤武治 52 4.50  8 4 1 11 9試合先発登板
マーク・クルーン 43 2.76  3 1 31 0 セーブリーグ4位タイ
横山 36 3.32  0 0 0 6
川村丈夫 35 3.60  3 1 0 7 5試合先発登板
吉見祐治 38 4.27  3 4 0 3 12試合先発登板
高宮和也 22 7.71  0 0 0 3
 マットホワイト 21 4.96  0  3  0  6

前年の6位から4位へと最下位脱出を果たしたこのシーズンは、久保田智之90試合登板など、阪神横浜以上に中継ぎを使ったためチーム救援登板数は1位にならなかったが、リーグ2位を記録。チーム救援勝利2位チーム救援敗戦数は阪神と並んでリーグ最少は立だがチーム救援防御率は4点台と冴えない結果。ただ、クアトロK(木塚・加藤川村クルーン)の活躍により近年の横浜の中では優秀な中継ぎと言える。

中継ぎエースの木塚が球団記録となる76登板を記録するなど大活躍を見せ、左のリリーフエースとして那須野がキャリアハイの成績を残す。先発としては活躍できなかった加藤川村中継ぎ転向後は安定した成績を残した。抑えのクルーン横浜時代では最多の31セーブを挙げた。

2008年

 4894敗2分(セリーグ6位) チーム救援登板数471(同1位チーム救援勝利19(同4位タイ

チーム救援敗戦26(同1位) チームホール71(同6位) チーム救援防御率4.25(同6位) 

選手名 投球 登板 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホール タイトル 備考
横山 51 3.22 3 5 0 11
寺原隼人 41 3.30 3 9 22 1 4試合先発登板 セーブリーグ6位
小山田保裕 39 3.80 3 4 0 5
石井裕也 35 2.38 2 0 0 14
山北茂利 32 8.72 0 1 0 4
吉見祐治 41 5.30 3 6 0 7 10試合先発登板
吉原 25 6.43 0 2 0 8 5試合先発登板
牛田成樹 23 5.25 2 3 0 3
トラビス・ヒューズ 21 4.91 1 1 1 2
 真田裕貴 26  4.91  2  4  0  3 シーズン途中トレードで移籍
 桑原謙太朗 30  4.74  3  6  0  1 10試合先発登板

 最下位に転落したこの年から本格的なマシンガン継投を始める。マシンガン継投と揶揄されるのもこの時期からである。チーム救援登板数は2位広島(424登板)を大きく引き離しダントツ1位を記録するもチーム救援敗戦、防御率はワースト1位

前年活躍したクアトロKはクルーンの移籍と他3人の成績不振により壊滅。右の横山小山田と左の石井が活躍するも他は投壊状態に。抑えとして期待されたヒューズも活躍できず、前年チーム最多勝の寺原を場当たり的に抑えに転向させたが、登板機会に恵まれない上に9敗も喫してしまった(ハマのヒ魔人)。

2009年

 5193敗0分(セリーグ6位) チーム救援登板数424(同1位チーム救援勝利21(同2位タイ

チーム救援敗戦22(同2位) チームホールド78(同5位) チーム救援防御率4.21(同6位)

選手名 投球 登板 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホール タイトル 備考
真田裕貴 68 2.98 5 4 0 19 登板リーグ5位
高崎健太郎 56 4.01 4 0 1 5 登板リーグ10位タイ
山口俊 51 3.27 5 4 18 7 セーブリーグ6位
工藤公康 46 6.51 2 3 0 10
木塚敦志 43 4.83 3 2 1 16 ホールド数リーグ10位
加藤康介 31 3.68 1 0 0 13
石井裕也 28 4.26 0 6 6 3
吉見祐治 27 4.28 3 4 0 1 13試合先発登板
横山 14 4.80 0 0 0 0

 2年連続の最下位になったこの年は前年よりもチーム救援登板数がかなり減ったがそれでもリーグ一の400台と大矢監督解任後もマシンガン継投が継続されている模様。去年よりかは少しマシな程度でこの年もチーム救援防御率は最下位に沈む。

前年活躍の石井は抑え転向も炎上を繰り返し、横山小山田登板数が減。真田が自己最高の成績を収め、前年不振の木塚が復活。左のリリーフでは加藤チームに貢献。抑えに抜された山口も活躍した。ただ相変わらずの投壊状態は変わらず。

2010年

4895敗1分(セリーグ6位) チーム救援登板468(同1位チーム救援勝利14(同5位)

チーム救援敗戦25(同2位) チームホールド76(同5位) チーム救援防御率4.28(同5位)

選手名 投球 登板 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホール タイトル 備考
真田裕貴 62 3.88 3 8 0 16 登板リーグ10位ホールド数リーグ10位タイ
山口俊 54 2.62 2 8 30 2  セーブリーグ3位
江尻慎太郎 54 4.22 1 2 0 13
加藤康介 49 7.81 0 2 0 7
牛田成樹 41 1.21 2 1 0 23 ホールド数リーグ6位
弥太郎 29 3.03 1 1 0 5
高宮和也 21 5.23 0 0 0 3
篠原貴行 20 11.70 2 0 0 2
福田岳洋 18 3.38 0 0 0 1
 小林太志 20  6.21  0  2 0  0
桑原謙太朗 18 6.12  1  2 0 1

監督が就任するもマシンガン継投は変わらず、3年連続最下位&チーム救援登板1位を記録。チーム救援防御率は前年より悪化も広島が救援投壊のため5位になった。

右の中継ぎは自己最高の成績を収めた田を筆頭に新加入の江弥太郎チームを支えた。負けの数は多いものの真田が2年連続チーム1位登板数を記録し山口セーブリーグ3位と頑ったことなど右投手はまずまずの出来だったが、左の中継ぎが大崩壊。防御率7点台や10点をえるものも。2ケタ救援登板数で左投手防御率1位が5点台であった。

2011年

47勝86敗11分(セリーグ6位) チーム救援登板520(同1位チーム救援勝利17(同5位)

チーム救援敗戦14(同3位タイ) チームホール96(同4位) チーム救援防御率3.10(同4位)

選手名 投球 登板 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホール タイトル 備考
大原慎司 71 3.05 4 1 0 11 登板リーグ3位 新人最多登板記録
篠原貴行 67 1.84 1 0 0 17 登板リーグ4位 
江尻慎太郎 65 2.06 2 2 0 24 登板リーグ6位タイ ホールド数リーグ6位
山口俊 59 2.49 2 6 34 1 セーブリーグ4位
真田裕貴 53 4.22 2 0 0 3
藤江均 47 1.58 3 0 0 15
牛田成樹 45 3.69 2 1 0 19
加賀繁 29 3.57 4 3 0 3 9試合先発登板
福山博之 19 5.76 0 1 0 0
 大沼幸二 14  8.49 0  0 0  1

 4年連続最下位に沈んだこの年はマシンガン継投の最盛期である。チーム救援登板数は前人未到の500えを果たし、先発を含めた全ての登板数は延べ629人を記録。統一球の影もあってかチーム救援防御率は大きく向上した。

前年の左中継ぎ崩壊がのように大原篠原の両左腕が大活躍。大原は1942年の安夫の新人最多登板記録に並んだ。右中継ぎ江が成長するなどまずまずの結果だった。

その他

上記の通り、尾花高夫もマシンガン継投の信者であった。
投できる試合でも降させる』、『敗戦処理に不必要なほど投手をつぎ込む』など事例を挙げだしたらキリがなかったほどである。 

ちなみに中日ドラゴンズの現監督である高木守道もマシンガン継投の信者である。
有名な10・8決戦巨人に敗れた経験から「マシンガン継投の重要性がわかった。だから私は投手をつぎ込むことを厭わない。」とまで言っている。
前任の監督である落合博満とは全く違う起用法をするので、中日ファンは何かと頭を悩ませることに。 

とまぁ前述の通りなんとも悪い評判がつきまとう言葉である。
が、しかし
2017年レギュラーシーズン2位阪神タイガースを下し2年連続でクライマックスシリーズファイナルへと駒を進めた同3位横浜DeNAベイスターズであったが、強打線を誇る首位広島東洋カープを下さんと必勝を期し

第3戦 井納(5.1)→三上(0.1)→砂田(0.0)→須田(0.1)→エスコバー(1.0)→パットン(1)→山(1)
第4戦 ウィーランド(5.0)→砂田(0.0)→三上(0.2)→エスコバー(0.1)→今永(2)→山(1)
第5戦 石田(1)→三嶋(2)→口(2)→三上(1)→エスコバー(1)→パットン(1)→山(1)
カッコ内は投球イニング

という正にマシンガン継投そのものを敢行。(レギュラーシーズン中は流石にやってない)
特に先発投手である今永、口までもを試合途中から起用するなどまさに短期決戦ならでは。
結果的に先発投手以外の失点は第5戦に三上新井貴浩に食らったソロ本塁打の一点のみ(!)と大成功を収め、
シーズン通りの継投を行った第2戦から上記の第3戦~第5戦まで破の4連勝を記録。
3位からの日本シリーズ出場を勝ち取ったのである。
そんなこんなで各社新聞記事・TVなどメディアでの「マシンガン継投」たる言葉の露出も増えたが、
こちらは戦況を読みきった勝負手として高い評価を受けた。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 18ななしのよっしん

    2017/10/27(金) 11:35:53 ID: rrrRbfDwU/

    まさか数年後「良い意味」でこの言葉を使うことになるとは……

  • 19ななしのよっしん

    2017/10/28(土) 17:55:22 ID: XGHL8ZmEPO

    あんなカッコイイマシンガン継投が見られるとは思わなかった

  • 20ななしのよっしん

    2019/07/03(水) 16:58:19 ID: Bj0yG4N/6P

    川上憲伸も絶賛。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP