万葉集単語

マンヨウシュウ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

万葉集とは7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂された和歌集のことである。

概要

全20巻にして、4516首もの数々の和歌が収録された、現存する日本最古の和歌集とされる。

作品は629年~759年までの130年にも及ぶ幅広い範囲なだけでなく、天皇貴族をはじめとして庶民に至るまで幅広くいろんな人の和歌が収録されている超大作である。東北の当時の方言までわかる一級品の史料でもある。

古文の授業では、あまり扱われない。これは、古文の授業では普通平安時代のものを基準とする為である。万葉集の歌は奈良時代の文法や漢字仮名交じり文とは違い万葉仮名が用いられるなど、当時の色が濃く出ている。中には奈良時代以降は衰退した長歌や旋頭歌もある。山上憶良の「貧窮問答歌」が著名。

編者は大伴持ともいわれるが未詳。大きく4期に分かれており、天智天皇までの第1期の歌人には、有間皇子、額田王。遷都までの第2期には、本人麻呂初年頃までの第3期の歌人としては山上憶良、山部人、大伴旅人天皇までの第4期の歌人としては、大伴持、大伴坂上郎女らがいる。

元号「令和」に関して

平成の次の元号となった「令和」は、この万葉集の「歌三十二首并序」にある文章、「初春、気淑前之粉、珮後之香……」から採られた。ここは和歌というわけではないので注意しよう。(記録に残っている中では)日本で初めて籍(中国の書物)を典拠としない元号となるが、実のところこの一節も漢文調であるし、元を辿れば「文選」という中国文集を踏まえて書かれたもののようである。[1]

関連動画

万葉集について

アレンジ曲など

関連商品

関連項目

脚注

  1. *「令和」万葉集から由来をさらにさかのぼると?exit_niconews: ニコニコニュース
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/27(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/27(火) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP