中島かずき単語

ナカシマカズキ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(134)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

中島かずきとは、日本の劇作家脚本家である。

概要

1959年福岡県出身。

1985年より参加した「劇団☆新感線」の座付き作家として数多くの舞台脚本を生み出しているが、2010年まで双葉社編集者として務めていたほうが本職であり、石川賢臼井儀人などを担当した。(脚本は仕事のない土日・休日に書き上げていたらしい) 特に石川の「ゲッターロボ」の大ファンであり、本人く「日本で一番石川先生の単行本を作った」とのこと。 他には劇場版クレヨンしんちゃんチーフプロデューサー・脚本を担当したり、近年はアニメ特撮作品の脚本を担当するなど幅広い活躍をしている。

2003年には「アテルイ」で第2回朝日舞台芸術賞・秋元代賞、第47回岸田士戯曲賞を受賞。

2007年には「天元突破グレンラガン」にて構成・脚本を行った。同作品はゲッターを始めとする石川賢作品の意識した作りにしたとっている。

作品の特徴として、「王道」と「とにかく熱い展開」に定評がある。あらかじめキャラクター設定やデザインを見てから脚本を書き始めるが、その一方で初のメイン脚本となる特撮作品「仮面ライダーフォーゼ」では、

という初期設定を見せられ、「これ、何も決めてないのに全部のせいになりますよね?(笑)」とこぼしたという。(実際に設定を決めたのはプロデューサー塚田英明を始めとした東映スタッフである) ちなみにドリルは「そんなに好きなわけではない」らしい。

主なアニメ・特撮作品

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/24(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/24(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP