幸福な王子 単語

19件

コウフクナオウジ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『幸福な王子』(The Happy Prince)とは、オスカー・ワイルドによる童話・短編小説である。『幸福の王子』『幸せな王子』『幸せの王子』とも。

概要

サロメ』と並ぶオスカー・ワイルドの代表作で、王子の像を通じて博や自己犠牲の末にその結末の残酷さを描いた、一種の寓話とも言える内容。オスカー・ワイルドは皮風刺を交えて物語を書くことが多く、この作品もその一つである。その残酷さや恩をで返されたことによる哀愁など、後味の悪さが残るのが一層際立っている。

また、関連項目にあるように、後世に作られた作品において、この作品をモチーフパロディとして扱うこともあったりする。

あらすじ

※全文は青空文庫exitにあります。

あるに「幸福な王子」と呼ばれる像がありました。このを治めていた王子が若くして亡くなったのを記念して建てられたもので、両サファイアにはルビーの装飾、身体は箔で包まれ、心臓が埋め込まれていました。王子の像はシンボルとして人々の誇りとなっていましたが、像自身に亡くなった王子が宿っており、王子は像から見る色を通じての人々の苦しい暮らしぶりを嘆いていました。

ある日エジプトへ渡る途中にを訪れたツバメ王子の像で寝ようとしていたところ、上から大粒のが落ちてきます。ツバメが見上げると王子の像がを流していました。王子ツバメに「自分を飾っている装飾を不幸な人々にあげて欲しい」と頼み、ツバメ寝床提供してくれた王子のために協することになります。

ツバメ王子の装飾を不幸な人々に持っていき、一方での人々の状況を見ては王子に伝えます。それを聞いた王子はさらにツバメに装飾を運ぶようにいいます。ツバメエジプトに行くのをやめて王子のためにを飛び回るのでした。

やがてになり、装飾がくなった王子の像はみすぼらしくなり、の人々は見向きもしなくなりました。ツバメ尽き、最後のを振り絞って王子の顔にキスをし、落下し足下で死んでしまいます。王子の像はその後外され溶かされますが、心臓は溶けず、ツバメ遺骸と共に捨てられてしまいました。

様子を天国から見ていた神様天使に「尊いものを2つ持ってきなさい」と命じ、天使は捨てられていた王子心臓ツバメを持ってきました。神様天使を褒めるとともに、王子ツバメ天国幸せに暮らせるようにしたのでした。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/19(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/19(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP