今注目のニュース
事件現場に向かうはずの警察官を遺体で発見 被疑者の1名は13歳少年
【お盆明け】職場にお土産を買っていかない理由「そんな筋合いはない」「いつも迷惑かけてくる人にあげるのが苦痛」
野菜嫌いの男性と結婚できる?ネットで議論 「無理。わがままに育てられたんだなって思う」「イチローばりに稼いでいたらOK」

拘置所単語

コウチジョ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

拘置所とは、として未決囚(刑事被告人)と死刑囚を収容する施設である。

概要

未決囚の場合

日本の場合、逮捕されるとまず留置場(警察の施設)に収容され、検察官による起訴を受けると拘置所に移送されるのが一般的。勾留の的は「逃走及び拠隠滅の防止」である。

勾留だろうとその後の懲役だろうと、自由を制限されていることに変わりはない。従って、裁判によって懲役刑が言い渡されるとき、起訴されてから刑が確定するまでの間、以下の数式により懲役期間を刑から差し引くことがある(実際は、裁判官の裁量で1の位を切り上げたり切り下げたりする)。

起訴後の勾留日数-{30+10×(判期日の回数-1)}

このような算入は判決文で分かるようになっている(例えば、「被告人を懲役2年に処する。未決勾留日数100日をその懲役刑に算入する。」と表示される)。

死刑囚の場合

日本の場合、確定死刑囚も拘置所に収容されている。死刑の場合、刑は「死ぬこと」以外にないので、懲役刑のように所内で作業に従事する義務はない。従って確定死刑囚は刑が執行されるまでの間は、本人が望まなければ基本的に「寝て、起きて、飯食って、国民年金保険料を払って、寝るだけ」である。本人が活動することを望めば、テレビをみる・新聞を読む・囲碁将棋を行う(隔離されているので棋譜ならべのみ可、対戦は文通のみ可)・業者と契約して作業することができる。詳細は「所内生活のしおり(死刑確定者用)」exitを参照されたい。

死刑執行も拘置所で行う。日本殺刑、銃殺刑などはなく、絞首刑のみである。

関連動画

関連商品

拘置所に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

拘置所に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP