今注目のニュース
関東甲信 月~火は雪か 内陸部で大雪の恐れ
掲示板の呼びかけで実現、これが「地球サンドウィッチ」だ!
薪割り、心霊写真、ボールペン工場…… 電機グルーヴが手掛けたまぎれもない怪作「グルーヴ地獄V」を語ろう

教会旋法単語

キョウカイセンポウ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

教会旋法とは、 今から1000年以上前に確立され、西洋の「グレゴリオ歌」に用いられたいくつかの旋法の総称である。

古くは様々な種類の旋法が使われていたが、「長調短調」の概念が広まった17世紀以降はれていった。近現代では全編に渡って教会旋法が用いられている曲は少ないが、部分的に教会旋法を使用している曲は案外多かったりする。

教会旋法の種類

現代における「教会旋法」は、7つの旋法が含まれている。

古代にはドリア旋法、フリギア旋法、リディア旋法、ミクリディア旋法の4つ(+その亜種)しかなかったが、後世になってから整理が行われ、「全音階には”ドレミファソラシ”の7つの音があるんだから、それぞれに対応する旋法を制定しよう」という意図でエオリア旋法、ロクリア旋法、イオニア旋法が加えられ、7つになった。

ドリア旋法/ドリアン・スケール


レ♭

ミ♭
ファ ファ
ソ♭

ラ♭

シ♭
ドリアン・スケール
▼移調すると…
自然短音階
ドリアン・スケール

ドリア旋法は、長音階の第2音を音とする旋法。その構成音は、自然短音階の第6音を半音上げたものに等しい。その音階を「ドリアン・スケール」と呼んだりする。

雰囲気は短調に近いが、和音が長三和音となるため、短調よりも少し明るい雰囲気。

ドリア旋法を用いている曲の例


フリギア旋法/フリジアン・スケール


レ♭

ミ♭
ファ ファ
ソ♭

ラ♭

シ♭
フリジアン・スケール
▼移調すると…
自然短音階
フリジアン・スケール

フリギア旋法は、長音階の第3音を音とする旋法。その構成音は、自然短音階の第2音を半音下げたものに等しい。その音階を「フリジアン・スケール」と呼んだりする。

用いる音がスペイン音階(スパニッシュ・スケール)と似ているため、西欧っぽさが感じられる。

フリギア旋法を用いている曲の例

募集中

リディア旋法/リディアン・スケール


レ♭

ミ♭
ファ ファ
ソ♭

ラ♭

シ♭
リディアン・スケール
▼移調すると…
長音階
リディアン・スケール

リディア旋法は、長音階の第4音を音とする旋法。その構成音は、長音階の第4音を半音上げたものに等しい。その音階を「リディアン・スケール」と呼んだりする。

Ⅰ-Ⅳの音程が全4度ではなく増4度となるため、不安定で浮いたような印を与える。

リディア旋法を用いている曲の例

募集中

ミクソリディア旋法/ミクソリディアン・スケール


レ♭

ミ♭
ファ ファ
ソ♭

ラ♭

シ♭
ミクリディアン・スケール
▼移調すると…
長音階
ミクリディアン・スケール

ミクリディア旋法は、長音階の第5音を音とする旋法。その構成音は、長音階の第7音を半音下げたものに等しい。その音階を「ミクリディアン・スケール」と呼んだりする。

雰囲気は長調に近いが、「→Ⅰ」の間隔が半音から全音に広がったため、強さが生まれている。

ミクソリディア旋法を用いている曲の例

エオリア旋法/エオリアン・スケール


レ♭

ミ♭
ファ ファ
ソ♭

ラ♭

シ♭
エオリアン・スケール
▼移調すると…
自然短音階
エオリアン・スケール

エオリア旋法は、長音階の第6音を音とする旋法。その構成音は、自然短音階ナチュラルマイナー・スケール)と同一。わざわざ「エオリアン・スケール」と呼ばれることは少ない。

普通短調でよく用いられる「和短音階」「旋短音階」ではなく、「自然短音階」にこだわることで短調との差別化を図ることになるが、結局は普通短調とあまり変わらない

ロクリア旋法/ロクリアン・スケール


レ♭

ミ♭
ファ ファ
ソ♭

ラ♭

シ♭
クリアン・スケール
▼移調すると…
自然短音階
クリアン・スケール

クリア旋法は、長音階の第7音を音とする旋法。その構成音は、自然短音階の第2音・第5音をそれぞれ半音下げたものに等しい。その音階を「ロクリアン・スケール」と呼んだりする。

Ⅰ-Ⅴの音程が全5度ではなく減5度になるため非常に使いづらく、用いられることは極めて稀。理論の上でも「形式上は存在する」のような扱いである。不憫

イオニア旋法/イオニアン・スケール


レ♭

ミ♭
ファ ファ
ソ♭

ラ♭

シ♭
長音階
イオニアン・スケール

イオニア旋法は、長音階の第1音を音とする旋法。その構成音は、言うまでもなく長音階と同じ。エオリア旋法の時と違って、どうあがいても普通長調からは抜け出せない。

関連動画

関連タグ

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/25(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/25(土) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP