今注目のニュース
よゐこ濱口の“男前な口説き方”、加藤浩次が絶賛
ゆるかわな動物たちのハンコケース「パペッタ」 実在の猫ちゃんがモデルの「たなかさんちのねこ」など全6種類
「子どもが泣くやつ」 ダイソーで買ったかわいい和風の取っ手 → 扉につけた途端に怖すぎるビジュアルに

村松治樹単語

ムラマツハルキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

村松治樹は、日本プロダーツプレイヤーである。ニックネームHALハル)。

概要

日本を代表するプロダーツプレイヤーであり、著名なプレイヤーの中でもトップクラスの実を持つ。余計なの入らない綺麗なフォームに憧れるプレイヤーも少なくない。また、テクニックだけでなく勝負強さにも定評があり、ここ一番の局面でも動じずダーツを打てる屈強なメンタルを持つ。ニコニコ生放送ニコダーツ・ライ部に出演した際も、それまでに出演したトッププレイヤーたちの多くが緊からかその実を存分に発揮できなかったのに対し、カウントアップでスリー・イン・ザ・ブラックダーツボードん中の丸の、更に内側の丸に3本とも入れること。プロでもこれを出すのは相当難しい)を出すなど、動じない強さを見せている。

2011年まではD-CROWN Professional Tourに参戦していたが、2012年からはSOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPANに参戦している。

決勝や準決勝あたりで橋本守容(アニー)に負けるパターン非常に多い。2011年だけでも、

など、ひたすらに負けまくっている。本人もかなり意識しているらしく、SUPER DARTS 2011のPVでは「アニー」と書かれた雪だるまに蹴りを入れていたexitしかし上記の通り、やっぱり決勝で負けているexit)。ちなみにまったく勝てていないわけではなく、後述のPDC予選では20092011とも直接対決で橋本を下して優勝している(2010は逆に橋本が直接対決で村松を下し、優勝している)。

ハードダーツダーツの先端が針になっている。的が小さいため、日本流のソフトダーツよりかなり難しい)でも好成績を納めており、ハードダーツトーナメントの最高峰とされるPDC ワールドダーツチャンピオンシップ日本予選でも過去3回中2回優勝し、2010と2012の出場権を獲得している(ややこしいが、正確にはPDCチャレンジトーナメントという名の予選を兼ねている大会であるので、2009に勝って2010の、2011に勝って2012の出場権を獲得している)。特に2012では0回戦を勝ち抜き、1回戦で世界最強ダーツプレイヤーと言われるフィル・テイラーと対戦。敗れはしたものの、勝負強さを発揮し非常に高いアベレージで善戦した。

ニコニコ動画では、あまり彼を知らない人に「顔キモい」「ちっちゃいおばちゃん」とかひどいコメントをされていたりする。2回もニコ生に出てるし、本人が見てるかもしれないので、あまりひどいコメントは控えてあげましょう。お世辞にもイケメンではないですが、クリケパーフェクト動画の映りがひどいだけです。

使用ダーツ

主な戦績

関連動画

関連商品

村松選手は左のモデル(先端が特殊なネジ形状になっている)を使用している。購入する際には、対応するチップも合わせて購入しよう。

ニコニコ市場にはないが、村松選手と同じようにネイビーブルーを2枚、ホワイトを1枚にしたセットも販売されている。

関連項目

外部リンク

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP