MONSTER 単語

847件

モンスター

2.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

この記事では浦沢直樹漫画作品について記述しています。
一般名詞やその他のmonsterについては「モンスター」の単語記事を参照のこと。


MONSTERとは、ビッグコミックオリジナル1994年から2001年まで掲載された浦沢直樹著作のミステリー漫画およびアニメである。

アニメ版は当時まだしかった深夜アニメとして放映され、内容も非常に原作漫画に忠実に作られているが、これは原作者が「足すのも引くのも絶対ダメ。漫画の通りに映像化してほしい。」と注文をつけたことによる。また、配役についても「全盛期テレビ洋画劇場における吹き替えイメージで」というリクエストを提示し、日曜洋画劇場などでの常連だったベテランを担当している。

単行本は全18巻が出版され、累計2000万部以上を売り上げた。
現在カラーページも収録された新装版が全9巻出版されている。

あらすじ

1986年西ドイツデュッセルドルフアイスラー記念病院に、頭部を拳銃で撃たれた少年が搬送される。天才外科医・テンマは、院長の命無視して、その少年を救う。院長命無視によって出世街道から外されるテンマであったが、突如院長らの殺人事件が発生。テンマは一夜にして外科部長まで昇進する。

数年後、外科部長として仕事をしていたテンマの元に、殺人事件と同日に失踪していた少年ヨハンが現れる。そして、自らの命を救ってくれたテンマのために、自分が院長らを殺したと告げる。

恐ろしい人物をらせてしまったと悔やむテンマは、自らの手で少年を殺すに出る。

登場人物

  • な登場人物
ケンゾー・テンマ(天馬賢三)
物語主人公デュッセルドルフアイスラー記念病院に勤める日本人外科医。若くして天才と呼ばれ、将来の院長は間違いないと言われた。日本に帰ることはめったになく、物語の中でも日本のことをシーンは少ない。ヨハンの犯した殺人事件の犯人として指名手配されながらも、ヨハンを殺すためにを続けている。
ヨハン・リーベルト など
多くの人から“怪物”“悪魔”などと呼ばれる男。幼いころから人並みはずれた知と圧倒的なカリスマ性を持つ。また驚異的な扇動によって、自らが手を出すことなく数々の人々を殺し合わせた。アンナという双子がおり、彼女の存在が幼いヨハンの心の糧となっていた。
ニナ・フォルトナー(アンナ・リーベルトなど)
ヨハン双子。テンマが手術をするきっかけとなった頭部の怪を負わせた。ヨハンと共に病院に運び込まれ、ヨハンと共に病院を失踪した。その後、フォルトナー夫妻に引き取られるが、ヨハンはすぐに失踪。20歳になるまでフォルトナー夫妻に育てられる。幼いころの記憶を失っていたが、テンマと出会ったことをきっかけに記憶を取り戻していき、幼いころ殺せなかったを殺すために出る。
ヴォルフガング・グリマー または ノイマイヤー
フリージャーナリスト、元は東ドイツスパイとして世界各地を渡っていた男。ヨハンと同じ孤児院にいたこともあり、非人的な教育を受けていた。窮地に陥ると、意識がなくなる代わりに驚異的なを発揮しあたりの敵を殴り殺し、自らを守る。テンマとの出会いをきっかけに、ヨハンについて調べ始める。
ハインリッヒ・ルンゲ
BKAドイツ連邦局)警部。アイスラー記念病院の事件でテンマを犯人と睨み、それ以降テンマを追い続ける。ヨハンの数々の犯行をテンマのものと思い込みを続けるが、シューバルトの事件をきっかけにヨハンの存在に気づき始める。
エヴァハイネマン
アイスラー記念病院ハイネマン院長ので、テンマの元婚約者。テンマ以外にヨハンを見た一の女性。テンマのことを想う一方、自分に関心を持たないテンマに苛立ちを持ち、テンマの不利益になるような発言を繰り返す。

プチ情報

wikipediaより引用

関連動画

関連商品

原作関連

アニメ

音楽

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP