耳掃除単語

ミミソウジ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(124)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(24)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

耳掃除とは、耳垢を取り除く行為である。

「耳そうじ」「耳かき」という表記もある。

耳垢とは

耳垢と湿が存在し、それぞれ適した具が異なる。耳垢の種類を決める要因は、ABCC11遺伝子の538番基のみであることがすでに特定されている。湿は優性であるため、GGまたはGAであれば湿AAであればになる。

道具

耳掃除に用いる具としてに耳かき、綿棒などが挙げられる。以下に耳垢タイプ別の適性を示す。

耳かき 綿棒
湿 ×

耳掃除

具の選定が終了したら耳掃除の準備は了である。耳掃除を行うにあたって、膝枕は欠かせない。耳掃除はただの掃除のみならず、マッサージ的側面も持っているため、あまり優しすぎると物足りないケースもある。かといって刺しすぎるのも良くないため、相手の反応を見て加減を変える必要がある。

尚、外国人(欧人)は耳掃除をしないという誤った情報日本では広まっているが、これは全に誤りですある。TVタレントオーバーに話をしたり、ネット読者を勘違いさせるような悪質な記事が溢れたため、誤情報が浸透してしまった。実際には、欧人も耳掃除はする。ただし、みみかき棒での掃除アメリカではよくないとされており、綿棒での掃除が推奨されているなど、によって推奨される掃除方法は違っている。

関連動画

商売としての耳掃除

インド中国などでは昔から耳掃除が商売として行われている。
また、近年は日本でも耳掃除を商売とする店が増えており、宣伝として動画投稿されることもある。

医療としての耳掃除 

スコープや小カメラを用い、から耳垢が除去されていく様子をを撮した動画
人によっては非常にグロテスクに感じるため、閲覧には注意が必要(グロ注意)。

耳かきの必要性

余談だが耳垢には殺菌・抗菌作用がある上、の皮膚は常に外に向かって押し出すように生成されている。
つまりこの押し出されたものが耳垢であり、の方は常に新しい皮膚で構成されている。
なのでよほど耳垢がふさがるなどしない限り耳掃除は本来必要のいものなのである。耳かきのしすぎやが入ったりすると逆に細胞が傷ついてしまうため耳かきはほどほどにしておくのがいいだろう。

もっとも、耳掃除動画を見た後に「耳かきをするな」と言われるのは酷な話かもしれないが。

歴史

日本において記録に残っている最初の耳かきは「簪(かんざし)」由来のものである。江戸時代高橋図南という人物により発明され、簪の端をへら状に加工したものであったという。また江戸時代には「耳垢取」という耳かき専門店があったとされ、落語などにも登場する。(進んでいる…。)奈良時代の遺跡からも類似のものが発掘されているが耳かき棒かどうかということには諸説ある。

また、世界においてはローマ時代の遺跡や、中国の殷墟から耳かき棒と思われるものが出土している。

関連静画

静画の場合、耳そうじそのものよりも耳そうじをしているというシチュエーションに重点が置かれている。

関連商品

関連項目

参考文献

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 122ななしのよっしん

    2021/03/07(日) 14:48:57 ID: dIGUpDOsMJ

    日本イヤーエステ協会の動画がいい

  • 123ななしのよっしん

    2021/06/22(火) 18:53:58 ID: LeaZ8Y5xUH

    耳かきってなかなか尿に入らない

  • 124ななしのよっしん

    2021/11/22(月) 06:22:17 ID: A3VbSHL4Yt

    はなんでかを掻かれた時のあの感覚が死ぬほど苦手でなあ…
    凄まじいまでの怖気と不快が全身を駆け巡るんだよ…
    お陰で他人にを触れられることさえ苦手で、耳掃除する時は突っ込んででかき出すんだわ
    それだったら一応何も感じなくて気だから…

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/02(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/02(木) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP