芹沢鴨 単語

29件

セリザワカモ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

芹沢鴨1826~1863)とは、幕末に活躍した人物で、新選組の初期のメンバーである。

概要

水戸士で、壬生浪士組の局長を務め、近藤勇閥に粛清された閥の首として創作物などではおなじみの人物。本名は下村継次。諱は幹。

水戸士の芹沢に生まれるが、神職下村に養子入りさせられる。しかし、神道念流を極め、玉造勢(天狗連)として活動していった。この活動で水戸に捕縛されたほどであったが、徳慶篤の命で釈放されている。文久3年(1863年)に同志を引き連れ、浪士組に参加し上京する。しかし、諸々の事件の結果、近藤勇壬生浪士組を結成することとなった。しかし、乱行が過ぎた芹沢鴨の一は疎まれ、8月大和屋焼き討ち事件が御所近くだったことから、朝廷から会津クレームが届き、会津も芹沢鴨の粛清近藤勇に命じる。

かくして、9月16日屋の総会を退席すると、土方歳三に勧められて八木本宅で盛りをし、愛人のお同衾。そこに刺客が突撃し、逃げようとして転んだところを殺された。下手人は土方歳三沖田総司だったという。なお、この事件の日は実は9月18日という言もあって、いまだに確定していない。

芹沢鴨の一新見錦はすでに粛清されており、平山五郎は芹沢鴨とともに殺野口健はしばらく勤務を続けていたものの切腹させられ、間重助は隊から逃走。かくして、全に壬生浪士組は近藤勇閥に握されたのであった。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP