M+FONTS単語

エムプラスフォンツ

  • 15
  • 0
掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(15)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

M+FONTS ロゴ

とは、森下を中心としたM+FONTS PROJECTexitによって制作されている
モダンゴシック書体ファミリーのことである。

M+FONTSには、2つの種類があり、 ビットマプフォントのM+ BITMAP FONTSと、
アウトラインフォントM+ OUTLINE FONTSがある。
本項では、M+ OUTLINE FONTSについて説明する。

M+FONTSってなーに?

M+FONTSは、従来のフリーフォントい豊富なウエイト(太さ)とモダンゴシック書体が特徴で、
その品質は、販の書体に匹敵するぐらい美しいものであり、しかもライセンスフリーである。

These fonts are free softwares.
Unlimited permission is granted to use, copy, and distribute it,
with or without modification, either commercially and noncommercially.
THESE FONTS ARE PROVIDED "AS IS" WITHOUT WARRANTY.
これらのフォントフリー自由な)ソフトエアです。
あらゆる変の有に関わらず、また商業的な利用であっても、
自由にご利用、複製、再配布することができますが、全てとさせていただきます。
M+ OUTLINE FONT http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-outline-fonts/index.htmlexitより引用

2015年7月現在、JIS第一漢字(約3000文字)すべてと、JIS第二漢字(約3400文字)のうちおよそ半分の計5000字の漢字完成しており、大半の日本語はこのフォントだけで表現可

残る漢字現在製作中で、100完成ごと(現時点でだいたい半年ペース)にバージョンアップ版が開されている。M+FONTS完成が非常に楽しみである。

書体の種類

M+FONTSは、2種類の仮名文字をもつ固定幅和文書体と4種類のプロポーショナル欧文書体、
3種類の半角固定幅欧文書体の組み合わせにより構成されており、
固定幅書体はThin(極細)からBlack(極太)までの7種類のウェイト(文字の太さ)
半角固定幅書体はThin(極細)からBold(太字)までの5種類のウェイトが存在する。
収容書体は M+ OUTLINE FONTS | DESIGNexitでご確認下さい。

合成書体

M+FONTSは、まだ未完成の書体。なので足りない部分を別のフリーフォントと合成し、あらゆる用途に使えるようにした書体が配布されている。その一部を紹介しよう。

その1 VLゴシック http://dicey.org/vlgothic/exit さざなみゴシックとの合成

M+合成書体のなかでは、一番メジャーな書体。ウェイトはRegularのみ。
VLゴシック、VL Pゴシックの2種類の書体が存在する。
ライセンスVLゴシックフォントファミリexitからご覧下さい。

その2 M+ と IPAフォントの合成フォント http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/exit

これもM+合成書体のなかでは、メジャーな書体。こちらもウェイトはRegularのみ。
全部で6種類の書体が存在する(オリジナルIPAフォントを除く)
ライセンスM+ と IPAフォントの合成フォント : ダウンロードexitから

他にも、SystemaやUmePlusなどの書体がある。リンクは外部リンクからどうぞ。

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/31(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/31(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP