今注目のニュース
狂戦士ベルセルクを獰猛にした薬物はナス科の植物である可能性が浮上(スロベニア研究)
二階幹事長 台風被害は「まずまず」発言、自民党議員にも非難
YOSHIKI、台風15号のボランティア活動参加で「新しい自分を発見しました」

M200単語

エムニヒャク

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

M200とは、アメリカのチェイ・タック(シャイ・タック、Cheyenne Tactical)社が製造するボルトアクション大口狙撃銃である。

概要

M200はその特徴をる上で欠かせないアイテムが二つある。一つが独自の.408チェイタック弾。もう一つが弾道計算用コンピュータである。

M200のライフルそのものは、EDMアームズ社が製造するM96インドランナーというとほぼ同じ。ちなみにこのウインドランナー、アメリカ軍トライアルバレットM95と最後まで戦った隠れたツワモノだったりする。
このウインドランナーを、.408チェイタック弾に合わせて設計されたのがM200なのである。

.408チェイタック弾は、見ての通り.338ラプアマグナムと.50BMGの間に位置する。これが独特の設計により、低反動でありながら非常に高い直進性と.338ラプアマグナムを上回る射程距離と威を持った弾である。

そして弾とライフルに加え、弾道計算用のコンピュータシステムに含まれる。これは従来なら狙撃手(観測手)の知識と経験から導き出されていた計算結果を肩代わりするもので、距離、果ては地球の自転まで計算しなければならない長距離狙撃における照準補正の大きな助けとなる便利グッズである。なお電池切れなどの不測の事態に備えてベースデータも付いている。

この三つのアイテムによって構成される、M200を中心としたLRRS(距離射撃用ライフルシステム)は、2000mをえる距離での精確な狙撃を実現させる。
これにより、一部のには「最強狙撃銃」と呼ばれることもある。

しかし!

.408チェイタック弾はその特異な構造故に大量生産できず、もちろん値段も高いので軍への採用は難しい。一応テストはされたらしいのだが米軍は実績あるレミントンM700系統のXM2010を採用してしまいました。残念。
チェイ・タック社も後継を開発しており、開発から年数も経っているM200は隅においやられつつある。
ただし民間市場では高い命中精度から人気が高いらしい。

登場作品として映画『ザ・シューター ~極大射程~』が有名。アニメAngel Beats!』で最初に登場したでもある。
日本でもPSG-1M82と並び人気の高い狙撃銃である。

関連動画

高性能ハゲ氏も絶賛

ゴム銃再現した猛者

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 08:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP