今注目のニュース
清水圭が吉本社長会見を猛批判、恫喝された過去も告白
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化
見なくなった「2000円札」に店員が“偽札”疑い? 沖縄では10年で流通数倍増

P26/40単語

ピーニジュウロクヨンジュウ

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

P26/40P40)とは、イタリア軍第二次大戦中に開発した重戦車である。

開発経緯

 1939年第二次世界大戦が勃発した時点で、ムッソリーニ率いるイタリア軍の機甲戦の「数の上での」は、2000両以上生産されていたCV33をはじめとするカルロ・ベローチェ(快速戦車)であった。(一応100両程度のM11/39戦車も保有していた。)

 このカルロ・ベローチェであるが、いわゆる豆戦車であり、乗員2名、武装は8ミリ機関銃2挺と、連合軍に相対するには心もとないどころの騒ぎではなかった。(実際に、な用途は偵察・輸送等であった。)

 100両程度しかない正に虎の子であるM11/39にしても、40口径37ミリであり、イギリス軍のマチルダなどには全くがたたない状況であった。
 この事態を重く見たイタリア軍は、1940年に同を47ミリにするなどの設計を行ったM13/40を開発するなど戦の増強を進めるが、焼け石に

 さらなる機甲戦の増強のため、同年の1940年に設計が開始されたのが、P26/40戦車である。

名称について

 名称における「P」とはイタリア語で「重い」を意味する“Pesante”、「26」は戦車の重量を表し、「40」は1940年に採用が決定したことを表している。また、イタリア軍における正式名称は「カルロアルマートP26/40」であるが、カルロアルマートとは装甲車両を表している。

 M13/40の記事を参考にして和訳するならば、「26トン40年式重装甲車」となる。

 ・・・えっ?26トンだとドイツⅣ号戦車と同じぐらいで重戦車とはいえないだろうって?
 いーんだよ自開発の中では一番重い戦車なんだから(その辺は13トンしかない戦車に中戦車名乗らせる極東の同盟と事情は似ている)

開発経過

 このようにかなり切迫した状態で始まったP40の開発であるが、エンジンガソリンエンジンにするかディーゼルエンジンにするかでいきなり大揉めしている。イタリア軍側としては、較的難燃性の高いディーゼルエンジンの採用を要したが、要を満たすディーゼルエンジンを新規開発する時間がなかったこともあり、結局イタリア軍で生産したP40にはガソリンエンジンを採用している。

 エンジンを決定した後、試作車両制作されていったP40であったが、またもや苦難に襲われる。同盟ドイツよりソ連軍のT-34情報がもたらされたのだ。

 大口の攻撃、傾斜装甲による防御、幅の広い履帯による走破性と、正に三拍子った大戦中の傑作戦車ドイツ軍にすらT-34ショックを起こさせたのだから、イタリア軍が受けた衝撃は想像に難くない。
 それまではM13/40の拡大設計版に過ぎなかった試作車両の設計は急遽変更され、傾斜装甲を備えた見たたのもしい戦車となった。

 なお、T-34は傾斜装甲はもちろん、鋳造一体の装甲であることもその防御の向上に寄与していたが、当時のイタリアは鋳造装甲を作るに乏しかったため、傾斜装甲ではあるが装甲はリベット留めという、ある種アンバランスな見たとなっている。

 リベット留めであるため、被弾した際、装甲を貫通していなくても、衝撃でリベットが剥離、飛散し、内部の乗員を殺傷する危険があった。
 また、ドイツⅣ号戦車が5名乗りであるのに対して、P40は4名乗りであった(長が手を兼ねていた)ため、照準中の周辺警の旋回など、戦闘に問題が残っていた。

 しかし、様々な問題がありつつも、26トン体に長75ミリを備えたP40は、紛れもイタリア軍最強戦車として々しく活躍!

 ・・・するはずだった。

活躍

 紆余曲折あり、ついに産を上げたP40であったが、1940年に設計開始の本車両エンジン選定の際のひと着の影か、試作車両初号機ができたのは2年後の1942年である。
 これに加え、先述の
T-34ショックによる設計もあり、完成は更に遅れ、500両の生産が発注されていた本は、19439月イタリア休戦の時点で21両程度しか生産されていなかった。

 結局イタリア時代には陽のを見ることわなかったP40であったが、一部先進的な設計と長75ミリ火力ドイツ軍も注100両程度がドイツ軍下で生産(この際のエンジンは念願のディーゼルエンジンである。)され、約60両がアンツィオの戦いに投入されるなどしている。
 (残りの約40両はエンジンの不足により完成に至らず、トーチカとして運用された。)

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2017/11/11(土) 17:08:50 ID: 6ytLlXta/y

    チハたんとかハ号の不憫さにべればマシやろ

  • 7ななしのよっしん

    2017/11/14(火) 10:27:56 ID: XT/CR0g3cy

    WarThuderで実装されてたからテストドライブしてみたけど重戦車にあるまじき可さ(ゲーム的には中戦車扱いだけど……)

  • 8ななしのよっしん

    2018/12/23(日) 21:12:06 ID: voNFzuf9tq

    海外では概ね軽中重の区分はどちらかといえば重さではなく
    どのような使い方をするかで分ける

    重要なのは役割で重さはおまけみたいなもの

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP