単語

  • 1
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、脊椎動物などの上、下に付いている硬い器官である。また歯に似たもののこともいう(歯車の歯など)。

概要

おもに食事の際の咀嚼に用いる。動物によっては木などを削る、を掘る、戦いの時の武器として使うこともある。

ヒトの歯

ヒトの歯は、口腔内にある。人体の中でもとくに硬い部位であり、咀嚼や噛み付き攻撃のほかにも、爪切りの代わりに用いられたり、さまざまな音の発音で使われる。また歯と歯の隙間を使って音を出すのにも使われる(歯笛)。

ヒトの歯は、切歯・歯・小臼歯・大臼歯の4種類に分けられる。このうち第3大臼歯は親知らずと呼ばれている。歯列式も参照。

お手入れ

歯には食べかすや歯などの汚れが付きやすく、そのままにしておくと口臭・歯周病虫歯の原因となる。爪楊枝・歯間ブラシで歯の間を掃除したり、歯ブラシ歯磨きをしたり、口をで漱いだりして、お手入れとする。

漢字として

Unicode
U+6B6F
JIS X 0213
1-27-85
部首
歯部
画数
12画
音読み(常用)
訓読み(常用)
Unicode
U+9F52
JIS X 0213
1-83-79
部首
齒部
画数
15画
意味
歯は新字体で、旧字は齒。
口にある歯や、牙、歯に似た形のもの、歯のように並んだもの、年齢、順序付ける、並ぶ、同列の、仲間に入る、記す、サイコロ、という意味がある。年齢の意味は、動物の歯からその年齢を知ることができることによる。
字形
符は。止の下の部分は歯の形。〔説文解字・巻二〕には「口の齗(ザンコツ)なり。口齒の形にり、止」とある。
音訓
音読みはシ(音、音)、訓読みは、は、よわい。名のりに、かた・とし、などがある。
規格・区分
歯は常用漢字であり、小学校3年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
齒は部首齒部を作る。偏や脚に置かれる。歯に関する字が属す。字書によっては、歯も部首として扱われる場合もある。
歯科・歯牙・歯齦・歯・歯歯・歯石・歯・歯・歯列・歯録

異体字

𠚒
Unicode
U+20692
部首
凵部
画数
10画
𠔒
Unicode
U+20512
部首
八部
画数
9画
𦥒
Unicode
U+26952
部首
臼部
画数
6画
𣥫
Unicode
U+2396B
部首
止部
画数
10画
𣦗
Unicode
U+23997
部首
止部
画数
15画
𦥪
Unicode
U+2696A
部首
臼部
画数
11画
𦦂
Unicode
U+26982
部首
臼部
画数
14画
Unicode
U+2FD2

互換文字

  • ⿒はUnicodeにおいて齒と互換とされる字で、部首としての齒を表す。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/25(日) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/25(日) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP