編集  

【初音ミク】オリジナル「リラホルン」fullver.【livetune】動画

リラホルン』は、かじゅきPによる初音ミクオリジナル曲である。

ショートバージョンがあります!

概要

2007年9月21日ショートバージョン開、2007年12月8日フルバージョン開。当時よりテクノロジカルなメロディーラインと突出した完成度の高さからリスナーを沸かせた。

翌年6月には手書きPVも発表され、ついに7月31日20時41分、VOCALOID殿堂入りを果たした。

Elina、yae両氏による合作の結果生まれたは、やや難解な反面、さまざまな連想を思い起こさせる。過去への憧憬か。はたまた未来への至願か。あなたの心には、どんな色が浮かび上がっただろうか。

経緯

歌詞はもともと、かじゅきP高校時代のバンドボーカルであるElina氏が書き残した歌詞を元に、yae氏が新たに書き起こした。[1]

タイトルリラホルンとはlilacライラック)とhornホルン楽器)を組み合わせたEline氏の造である。本人によると「きの綺麗な言葉を作りたかった」とコメントしている。[2]

ショートバージョンエコノミーモードでは動画エンコードの問題で再生開始直後に再生が停止するなどのトラブルに見舞われたこともあり、再生数の伸びはゆっくりであった。2008年6月21日にはゆうきまさみ氏のブログで取り上げられる[3]などの反や、イラストによる初めてのPV動画投稿も、フルバージョン開から半年近く時間が経ってからであり、ニコニコ動画上の動画作品としてはしいじわじわと伸びる挙動を示した。

ショートバージョンから、実に1年近くをかけて10万再生を達成するという、息の長い楽曲になった。

2007年09月21日 shortver.投稿
2007年12月08日 Fullver.投稿
2008年07月31日21時41 VOCALOID殿堂入り

歌詞

リラホルン

作詞Elina, yae / 作曲kajuki


"頭にボコができそう"かがいた
リズムを刻む でもまだはうたたねしていたよ

補助輪がアスファルトに弾けて アルバムはめくれた
踏切列車鼓動を追い越して あたしヒトリ立ちすくむ

lilachorn Re.La Horn
lilachorn Re.La Horn

カーテンのないは 時にだった
はいつも優しいね ずいぶん色褪せたみたいだけどね

インパチェンスと 感触がないの
メトロノームの陰影と 白熱灯の遠い

ありがとう じゃ足りない。 だから 生きるわ。
か を 想った。

ありがとう じゃ足りない。 だから生きるよ。
そう誓った あの日。

 

土煙秘密の体温 冷めて欲しい瞳の微熱
オレンジレキの隙間から見える 時間が進むのを聞いてる

日の照る丘のてっぺんで の心をはかってた
もうあの人には会わないから 真っ白な夢 戻るかな

 

に映る過去は 今も新鮮だった
時はいつも温かいね ずいぶん風化したみたいだけどね

言葉で傷つけた数を 最後まで数えたよ
鍵盤の  明かりの帰り道

ありがとう じゃ足りない。 だから 生きるわ。
か を 願った

ありがとう じゃ足りない。 だから生きるよ。
そう誓った あの日

防波に立って 波音がくずれていくのが
終わらない笑いみたいだった 息をしてるのを忘れて

フェンスに夕日 見つからないスタートライン
教えてくれたあの人は...

 

補助輪がアスファルトに弾けて アルバムはめくれた
踏切列車鼓動を追い越して あたしヒトリ立ちすくむ

日の照る丘のてっぺんで の心をはかってた
もうあの人には会わないから 真っ白な夢 戻るかな

lilachorn Re.La Horn
lilachorn Re.La Horn

ありがとう じゃ足りない。 だから生きるよ。
に 眠る 日まで

関連商品

関連動画

オリジナル

ショートVer.は、Elina氏による原歌詞のみで構成されている。また、伴奏の印フルver.とは大きく異なる。

PV・アレンジ

 

歌ってみた、演奏してみた

関連項目

 

Template:livetune
livetune
kz Packaged ストロボナイツ ファインダー
kajuki over 16bit! (Short ver.) リラホルン ドキドキ♪ハートチューン
(Short ver.)

脚注

  1. *りーらほーるん 歌詞について
  2. *lilac+horn
  3. *忙中ニコニコしてみた

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/v/sm1723424
ページ番号: 3439 リビジョン番号: 1386780
初版作成日: 08/07/31 21:50 ◆ 最終更新日: 11/12/22 05:53
編集内容についての説明/コメント: 関連商品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

【初音ミク】オリジナル「リラホルン」fullver.【livetune】について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2008/07/31(木) 21:53:26 ID: Nuu34zNqWJ
と、いうわけでVOCALOID殿堂入りおめでとうございます
2 : ななしのよっしん :2009/03/28(土) 13:25:13 ID: eiJ9L8DB1b
Re:MIKUSkzアレンジも良いなあ
3 : ななしのよっしん :2010/04/28(水) 07:12:57 ID: Z8MZWCYAxl
かつては歌詞職人の妙技が隠れた名作だったんだよね
ひとつひとつのがとても綺麗だと強く思った、livetuneを好きになったきっかけのひとつ(もうひとつはもちろんPackaged
4 : ななしのよっしん :2010/07/26(月) 21:09:01 ID: lYra9sJG0G
今更ながらに練習メロ耳コピしてるんだけど、やってみるとメロディのすごさが再認識できるね。
とても複雑だけどとてもキャッチーでホントキレイ

更にこの歌の魅にとりつかれたww
5 : ななしのよっしん :2018/07/19(木) 11:21:30 ID: PWN1yrQ7LQ
11年経った今でも時々聴きたくなる…。
の内容も時間が経つと良くわかるようになってきたり。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス