ヒト単語

ヒト

ヒトとは、「人間」の生物学上の標準和名であり、生物動物)の一種。

概要

学名 : ホモ・サピエンス・サピエンス(Homo sapiens sapiens

分類 : 動物界 脊椎動物門 脊椎動物亜門 哺サル(霊長 峡鼻下 ヒト上科 ヒト属 ヒト亜種 ヒト

総数 : 約70

別名:人間、現生人類

ホモ・サピエンスHomo sapiensとも呼ばれるがこちらの学名はホモ・サピエンス・サピエンス(ヒト亜種 ヒト)より少し範囲の広い「ヒト種」の分類にあたり、ホモ・サピエンス・イダルトゥ(Homo sapiens idaltu)などの既に絶滅してしまった他の亜種もこれに含まれる。
以降、ここでは現生する亜種としてのヒトを解説する。

ヒトは突然宇宙から降ってきた訳ではないので地球自然の一部である。
サル動物で、その中でもゴリラチンパンジーといった類人に近い仲間である。

世界中に分布している。特に絶滅しそうなわけではないが保護されており、意味に殺傷したりすると罪になる。だがその生態は環境に非常に悪影を及ぼしている。さらに近年になり爆発的に増加してしまった。

地球上でもっとも知の発達した動物。文化の影を強く受け、そのために生物としては奇妙な行動や思考をする。

そのあまりに軟弱すぎる体から「もやし」だの「頭でっかち」などと揶揄されるが、実際には長距離移動に長けていたり、陸上生物にしては泳ぎが上手かったり、現生する哺乳類の中で一直立二足歩行が可であったり、訓練次第では時速100キロをす剛速球を投げることも可であるなど、体面でも特段劣っているわけではない。

上記の投擲故に生物としてはほぼ一遠距離から獲物を仕留めることができる。

毛があまりない。一番多い部分は頭部だが、太くてかたい質の毛であるため、モフモフできない。だが抜けにくく、何もしなければかなり長くなるので伸ばせば一応モフモフ出来る。

ペットとして飼うことができないのでタグはあまりないが、ニコニコ動画で絶大な人気を誇る動物である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%92%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒト

61 ななしのよっしん
2018/05/24(木) 00:13:06 ID: sZurKP/DUT
>>60
らが100そこらの集団しか作れなかったところに、400とか600とかの規格外の数で圧倒していったらしい。つまり数の暴力
そりゃいくら個体個体が屈強でも負けますわな。
62 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 13:26:56 ID: +RWTT6SLRw
ネアデルタールとは意外とうまくやってたんじゃないかなんて説もあるな
グロイド以外にはネアデルタールの血が流れてるらしいし交流は間違いなくあったと思う
63 ななしのよっしん
2018/08/16(木) 00:36:27 ID: sZurKP/DUT
>>62
それでも2パーセントとかそんなレベルだから、多くはなじめなかっただろうな。
64 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 16:01:42 ID: DBuSlDr/Zi
ゴキブリ以下の価値しかい種族かな
65 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 16:11:21 ID: LCLVJOcEEo
種族の価値とは
66 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 16:29:47 ID: EAF26N/yJa
ホモサピに進化の可性ってあるのかな
性の一つとしては情報処理特化になりそう
聴覚もあるけど視覚情報に頼ってるから、が退化して
67 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 16:33:15 ID: edlfyeP/bd
ゴキやサメみたいに今の姿が完成形なのかもしれない
68 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 16:40:43 ID: fltdxw/rxz
の退化が著しいと昔聞いたことがあるが。
親知らずはもっとが大きかったころの名残だとか。

なんにせよ、進化って環境に対する相対的なものもあるからね。自分好みの環境を維持できる技術の方を進歩させた人類は体を進化させる意義があまりいというだけかもしれない。
69 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 22:52:39 ID: sZurKP/DUT
>>66
自然進化が起こる前に機械的に自分を進化させるんじゃないかな?
70 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 00:56:53 ID: kB7IOSmK2N
>>62
こういうので上手くいくパターンって、見た的言的に差異がみられないほど近くて同族と勘違いしたとかいう奇跡みたいなパターンに限られるんじゃないかと。

たいていの場合は多数ホモサピエンスがネアデルタールを駆逐した後に魅的なメスだけ選別して子種を残したか、
パターンで強ネアデルタールがホモサピエンスのメスを数十人単位で囲ってハーレム形成し、その二世ホモサピエンスの言葉を習得して同化したみたいな
現代人の感覚からすれば幸せとは言い難い関係性なんじゃないか。
まあ、この時代ぐらいだとまだ人間性なんて欠片が芽生え始めたぐらいだろうし