単語記事: ジュジュ・クー・シュナムル

編集

ジュジュ・クー・シュナムルとは、衛藤ヒロユキ漫画魔法陣グルグルシリーズの登場人物である。幼少時のあだ名は「クーちゃん」。

テレビアニメ天野由梨(第1作及び劇場版)、荒木香恵(第2作ドキ伝)、大地葉(第3作)。

プロフィール

ジュジュ2

概要

常に眠そうなをしている少女。架宗教「プラトー教」の祭バジャーニので、生まれたときからのお告げを聞くことができる巫女ルナー)として生きてきた。年齢は11歳でトマと同い年、13歳のニケククリより年下だが、身長・体重共にククリを上回るのはククリより裕福な環境の影か。

初登場は単行本第2巻第17章「ククリの山ごもり」。ゴチンコが副業の大芸でニケタカっているところに偶然居合わせ仲裁するが、その時ニケを見て意味深な言葉を残していく。

彼女が住むシュギ村ではプラトー教の聖地として3ヶに1度「降神祭」が行われ、専用アイテム「静寂のガラガラ」でジュジュを半分眠った状態にさせ、その身にを宿しお告げを聞く習慣がある。だがニケが訪れた際には、闇の総裁のテレパシーを混信して「おならぷう」とお告げしたり魔王ギリが乗り移ったりしてしまう。ガラガラをもう一度使うとジュジュ全に眠り、憑依も解ける。

一方、ルナー本来の姿はプラトー教の「戦う官」であり、巫女は余に過ぎない。シュギ村の一件でのジュジュは戦闘用祭壇でトランス状態になり、その魔を用いてモンスター一網打尽にしていたが、この状態は味方も手がつけられない危険なものであった。なお当初はトランス状態が解けると深い眠りに入ってしまいトランス時の記憶をくす、という設定があったが、物語後半はトランス状態にならず、常に通常状態で戦ったりしている。

悪魔ザイアを倒しシュギ村住人の化の呪いを解いたあとは、自由を続けるニケククリを羨んでいた(後にルンルンらと共に村を脱走し立つ)。パンフォスククリ悪魔化した時には「あたしククリちゃんが好きなのかもしれない」と発言して男たちを固まらせたうえ、ニケライバル(?)扱い。ククリも嫌がる様子はなく、二人仲良くリコを飾るなどのも見られた。

その後は新アラハビカに作った出張礼拝堂に残り暮らしていたが、あまりの暇さにトマ毎日「きになる言葉」をメール(便箋)で送ったり、敵のモンスターにわざと捕まって「とらわれのお様」気分を味わおうとする。再度ニケらと合流してからはの王の試練を経てギリのに本格的に攻め込むなど、最終話まで出番が多かった。

性格

神の子と呼ばれ崇められる立場にありながら、本人は信仰心の欠片もない言動が多く、信徒の前でそんな態度を見せてはバジャーニらに叱られている。お祈り宗教的な意味より魔行使のための手段として利用する節があるなど、案外現実的な性格。

ただしプラトーの伝説にだけは興味を示し、「これまでルナーの立場がイヤじゃなかったのも聖書の部分が好きだったから」で、自らに出たのも自由伝説ニケククリにあこがれてのもの。この伝説が終盤ギリに攻め込むための重要なきっかけにつながる。

影の団員ゴチンコのことは信頼しているようで、立ち(という名の出)前にもゴチンコにだけは別れの挨拶をしている。その際、普段ジュジュに頭が上がらないゴチンコに猛反対されるが、その物言いにふくれっ面しつつも「本当のこと言ってくれるのはゴチンコだけ」とゴチンコの摘に理解を示している。

アニメ版

第1作終盤・劇場版

アニメオリジナルシーンでは、原作とは対照的にニケへの恋愛感情と思われる描写が追加されている(ただし第1作は敵が化けた偽ジュジュによるもの)。劇場版ではククリより出番が多く、ジュジュヒロインのような扱いを受けている。

第3作

シュギ村の一件では、尺の切り詰めでガラガラの存在ごとジュジュ催眠描写がカットされた。トランス解除も、暴れ疲れて自ら眠る描写に短縮されている。

一方ぷちあにめ劇場では原作通りルンルンと総裁がゴチンコにもらったガラガラを使用する話があるため、ガラガラの設定自体は残っているらしい。 

関連動画

本編動画削除の対であり、現存の動画MADが中心である。

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%83%AB
ページ番号: 455286 リビジョン番号: 2530591
読み:ジュジュクーシュナムル
初版作成日: 08/08/12 13:16 ◆ 最終更新日: 17/10/08 22:49
編集内容についての説明/コメント: アニメのガラガラに追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


途中ですが・・

いろいろ修正

なんだその笑いは!バカにしやがって!

ジュジュ

ジュジュを描くはずが・・・

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジュジュ・クー・シュナムルについて語るスレ

82 : ななしのよっしん :2017/09/11(月) 20:36:20 ID: 6UhDpYTciV
由来の箇所消して正しく書き換えちゃえばいいんじゃない?
83 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 00:02:55 ID: z5WDqBAJcs
グルグルプチアニメ劇場11話の「ごちそうさまといいなさい」にやられた
84 : ななしのよっしん :2017/09/29(金) 01:40:28 ID: hxQF312S3O
>>80
確かに設定・属性・パラメータ盛りすぎw
85 : ななしのよっしん :2017/09/29(金) 02:25:19 ID: toEp+lRHas
ジュジュには(というかグルグルと言う作品全体)に萌えを感じるのは無理ゲーだが
レナスと並んで自分の属性萌えの根になってる
ガンガン世代の自分
86 : ななしのよっしん :2017/10/01(日) 22:43:07 ID: m5pueI9yOu
ちなみに2だとそのジュジュがモエモエになる
87 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 00:15:13 ID: 1y3l75fvQ3
マジキャラ安定しないよね。
不思議ちゃんだったりしっかり者の突っ込み役だったり。
ククリ・デキルコの三人で組んでた期間の影が諸に出てるよね。
88 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 00:20:20 ID: LAGG1MiU9L

>>83
カットか残念と思っていたけど、プチアニメであったんだな。
89 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 09:26:05 ID: /Fgtf8HL/5
ニケククリが13歳でジュジュ11歳だったのか
年上かと思ってたわ
90 : ななしのよっしん :2017/10/15(日) 02:53:48 ID: eeGNKqWVe7
立ち直前に交わしたゴチンコとの会話を見るに、案外孤独を感じる性格なのかもね。生まれながらにプラトー教のトップとしてかしずかれる人生が続いてきた訳で。妙な行動が多いのは寂しさを隠すためか?
91 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 05:44:43 ID: 0wWRbyJQei
なんだかんだゴチンコが信頼されてる理由がよく分かるいいシーンだよね
実際孤独だったろうからトーチャン的な線でちゃんと叱れる人物というのは重だったんだろうな

そういう窮屈な生活から解き放たれて色々なことをやってみたい楽しんでみたいっていうのが
変な行動やブレるキャラにつながっている可性はあるかもしれない
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829