ガンダムサダルスード単語

ガンダムサダルスード

ガンダムサダルスードとは、「機動戦士ガンダム00P」に登場するモビルスーツである。

概要

GUNDAM SADALSUUD
ガンダムサダルスード
GNY-002
全高 18.2m
重量 49.9t
搭乗者 ハナヨ(ガンダムマイスター874)
GNドライヴ
武装

ソレスタルビーイングが開発した第二世ガンダム試験運用2号機。第三世代「ガンダムデュナメス」のテストベッド機。
機体名はタロットカードの「女神)」のイメージからみずがめ座ベータに由来する。

ダルスードは次世代機に繋がるセンサー類の検証試験を的とした機体である。機体全身に強化Eセンサーを内蔵しているため、情報収集に特化している。
テスト機として各種センサーへの障を考慮した結果、装甲は極限まで削減され、索敵30程向上した。
また耐弾性は低いが、圧に対して耐性が高いのも特徴。

頭部アンテナは二重構造になっており、展開することで粒子散布下での通信特化仕様になる。

両肩の特徴的なシールドは複合センサーで、それぞれ形状も違ったものとなっている。
右肩部小シールドは全体がセンサーとして機する。小のため、機体の汎用性が損なわれる事はい。
左肩部マウントセンサーシールドは、腕部を動かす事で全方位にピンポイントの使用が可。こちらは右肩のシールドよりも大で、面積が広い分シールドとしてはこちらの方が優れる。

本機から得たセンサー類のデータは、開発中ガンダムデュナメスにフィードバックされた。

リボルバーバズーカ
名が示す通り回転式のバズーカ
装填する弾頭の種類を変更し、複数の機を持たせる事も可
実験1「死角」

マシンセンサーは機体正面、つまり大体において進行方向に設置される。構造上、機体正面がセンサー類を最も数多く配置できるからである。 それは全身にセンサー類を敷き詰めたサダルスードも例外ではない。

モビルスーツは「人」である以上、どうしても死が出来やすく、センサー類の多いサダルスードも機体後部はスラスターが原因でセンサー類が少ない。そこで実験としてサダルスードのセンサーの付いた腕を動かす方法を取った。
これにより全方位に対応が可となったが、腕だけで全方位への対応は難しいため、良の余地があった。

実験2「適性」

小数精鋭のソレスタルビーイングには、各種状況に対応できる機体がめられる。本機は特に重要なセンサー類の試験機であり、他の追随を許さない高性さを追求している。

CBが利用するファクトリーコロニー「クルンテープ」は、地上の各種状況を再現な設備(プール等)がある。このプールを含むサダルスードの適性試験はどれも優秀な結果を残した。
しかし、現時点でガンダムの存在が極秘事項とはいえコロニー内での自然を模したセンサーテストには限界があり、どうしても地上試験に移行する必要があったため、これ以降サダルスードの試験は地上で行われたとされる。

ガンダムサダルスード TYPE-F

GUNDAM SADALSUUD TYPE-F
ガンダムサダルスード TYPE-F
GNY-002F
全高 18.2m
重量 51.2t
搭乗者 フォン・スパーク
ヒクサー・フェル
GNドライヴ
特殊 GNフィールド(ピンポイント
武装

サポート組織「フェレシュテ」で使用するためにサダルスードを修した機体。カラーリングは濃い青色塗装されている。
修担当者はシェリリン・ハイド

水中を念頭に置いた頭部アンテナは自在な収納が可
またフェイスにはガンダムであることを隠すべくセンサーマスクを着用する。正体を秘匿してプトレマイオスの影で動き、同時にセンサー強化の役割を持つ優れ物である。

両肩部センサーシールドはスラスタを付加した同の大シールドに変わり、左右対照な機体となった。

CB壊滅後に「GNフィールド発生装置」を追加されている。
ただし、少量のパワーを有効に使う事をコンセプトとしているためフィールド発生範囲が狭く、機体全体を覆うことが出来ない。

フィールドは発生エリアが可変でコントロールなのが救いだが、機仕様にあたってマイスターにはビームの軌時に判断するや、展開場を適切に移動させる高い粒子コントロールめられる。

例に漏れずフォンが乗ったが、「00F」2ndシーズンではヒクサーが奪取し、のちにフェレシュテに合流した。
人によってはフォンよりヒクサー搭乗機の印が強いかもしれない。

ガンダムサダルスード TYPE-F ブラック

形式番号:GNY-002FB

イノベイターがヴェーダのデータからサダルスードFを最製造した機体。
カラーリングに統一し、擬似太陽炉GNドライヴΤ」を搭載。

他の第二世代再製造機同様、フォンとの戦闘で撃破され、機体を回収されている。

ガンダムサダルスード TYPE-F(フォン・スパーク専用機)

上記のイノベイターが再製造したタイプFを回収後、フォン専用機として使用するために修復した機体。
全体の機体色はフェレシュテ仕様にリペイントされている。

形式番号はフェレシュテ機と同じ。

関連項目

第2世代ガンダム

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B5%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムサダルスード

1 ななしのよっしん
2015/02/24(火) 20:47:05 ID: +JvVEit8m6
アストレアの偽装マスクはかっこいいのに、何故かこっちのはものすごくダサいよな。なぜこんな差があるのか。
2 ななしのよっしん
2016/12/23(金) 23:15:06 ID: EhQ5rFWbls
サーニャに合いそうなMS
3 ななしのよっしん
2018/05/18(金) 13:41:50 ID: bhPROKBDOa
機体のカッコよさの2割がリボルバーバズーカなのにOOFでは途中からデュナメスのライフルばっか使ってたのは残念
4 ななしのよっしん
2018/05/19(土) 17:14:53 ID: bhPROKBDOa
読み返したらわりとつかってた。ただリボルバーバズーカの特徴とか活かされてなかった
半面スナイパーライフル狙撃銃として使われてて印に残る場面が多い(初トランザム時の狙撃、プルトーネのGNフィールド突破とか)
5 ななしのよっしん
2019/02/05(火) 20:17:37 ID: cnSA4kaOSC
イノベイターのブラック複製機(現フォン・スパーク専用機)で破壊されたのってこいつだけ?
オリジナルはFで損傷してその後出てないと思うがどうなったんだろう