ガンダムプルトーネ単語

ガンダムプルトーネ

ガンダムプルトーネとは、「機動戦士ガンダム00P」に登場する人型機動兵器モビルスーツ」である。

概要

GUNDAM PLUTONE
ガンダムプルトーネ
GNY-004
頭頂高 18.3m
重量 60.9t
搭乗者 シャルアクスティ
フォン・スパーク
GNドライヴ
特殊 GN複合装甲
コアブロックシステム
武器

ソレスタルビーイングが開発した第二世ガンダム試験運用4号機。 マイスターシャルアクスティカ。

冥界の王』の名を冠した本機は、第二世ガンダムでも少々特殊な機体となっている。
プルトーネに関するシステム設計の一部はヴェーダが高いレベルで秘匿しており、全貌はマイスターシャルソレスタルビーイングメンバーにも知らされてない。

プルトーネはガンダムナドレの前身となるテストベッド本編視聴者ならこれで見当がつくかもしれない。

部GNコンデンサーは他のガンダムより高性であり、貯蔵出来る粒子は他のガンダムより多い。
頭部に二本の特徴的なスリットを持つ。また胸に複合センサーがあるため、頭部にメインカメラを持たせていないようだ。

脱出機構「コア・ファイター」(コアブロックシステム)を採用しており、GNドライヴを容易にパージ出来る。プルトーネ中心部はコックピット太陽炉バーニア、そしてGN粒子制御用のクラビカルアンテナで構成される。本機の核とも言うべきパーツコア・ファイターに分離変形するため、コア・ファイター時でも機動性は高い。

コアブロックシステムは元は宇宙世紀ガンダムシリーズの技術だが、数に限りがあるGNドライヴ理念に賛同し技に優れたガンダムマイスターを確実に回収するシステムとして00シリーズでも一部MSに採用された。00で最初に採用したのが設定上ガンダムプルトーネという事になっている。

しかし、本来なら人命を優先するコアブロックシステムを最悪の形で機させてしまう。
にもコアブロックを採用したために起こった第二世代の転機となる事件…「プルトーネの惨劇」に繋がる。

「GN複合装甲」
プルトーネはGN粒子を利用した特殊防御GNフィールド」を装備していた。しかし実験で粒子によるフィールド生成が安定せず、急遽セカンドプランの装甲内にGNフィールドを生成する「GN複合装甲」を採用している。複合装甲でもダメージはシャットアウト出来るが、機体全体をカバー出来ていないという欠点も存在する。
トライアルシステム
本来ならプルトーネでテストされるの機だが、マイスターシャルには適性がかっため代替案としてハナヨ専用機(ガンダムアルテミー)の開発を計画した。しかしハナヨが人間の体を持つ事を拒絶したため、ヴェーダは彼女の意思をみ開発を中止。しかしプラン白紙のまま放置するわけにはいかなかった事からシステム搭載機「ガンダムナドレ」を作り、ティエリア・アーデというイノベイドをマイスターに選んだ。

プルトーネの惨劇

本機を巡って起きた、り部次第では「悲劇」にもなる事件。

ソレスタルビーイングは圧倒的な性ガンダムを所持しているが、同時にある程度行動を制限されている。
介入は計画の最優先事項とはいえ、本格的な介入行動を起こす前に姿を表すワケにはいかず、敵には狙撃や粒子によるレーダー・通信の遮断で対処していた。当然、拠隠滅の為に残骸も回収済みである。

ある日、AEUがテロリストを利用して人類革新連盟の軌道エレベーターに対する妨を敢行する。軌道エレベーター開発に遅れを取ったAEUにとって人革連の軌道エレベーターは将来的に邪魔な存在になり得るからだ。反人革連テロリストAEUから入手したと思しきMSを保有しており、これまでと規模の違う戦闘になると予想される。規模の大きい戦闘では如何にガンダムといえど、正体を察知されない為の手法など機はしない。

そこで立案されたのはプルトーネのGNコンデンサーをあえて暴走させてGN粒子を大量に放出、周囲の敵のコンピュータ類を狂わせて化する作戦だった。
しかしGN粒子が人体にどの様な影を与えるか分かっていない部分もあった。プルトーネが選ばれた要因はコンデンサーが他の機体より粒子貯蔵量が多く、脱出用のコア・ファイターが本作戦に適していたからだ。

顛末

先に言っておくとこの作戦は成功に終わった。ただしCB内で死者を出す事になった「事故」を起こして。

作戦において予定通りプルトーネにシャルアクスティカが搭乗し、予定ポイントでコンデンサーを暴走させる。しかし脱出システムコア・ファイターが作動せず、シャル暴走中の本機に残されるという予期せぬ事態が起こった。

急遽ルイード・レゾナンスの「ガンダムアストレア」と、マレーネ・ブラディの「ガンダムアブルホール」が救助に向かい救出を試みた。ルイードはビームサーベルでプルトーネコックピット部の切開作業を行ったが、決死の行動も間に合わずプルトーネの爆発と同時に周囲一面にGN粒子のが放たれる。
直後にマイスター異常爆発による怪)を察知し、コア・ファイターシステムが作動した。

脱出したシャルジョイス・モレノの治療を受けたが、粒子の影テロメアに著しい損傷が見られ、そこから起きる色素の低下からの「白髪化」や「オッドアイ化」等の後遺症、なにより女性として致命的な傷が残った。以降はハナヨがもたらしたナノマシン技術の治療を定期的に受けなければいけない体となった。

アストレアアブホールは機体に損傷こそ見られなかったものの、中のマイスター2人はGN粒子の影で即死。
作戦は成功。機体は全て化したが、代償はあまりにも大きかった。

この一件で「GNドライヴ特定状況下において強い性を含む」という事が判明。
高濃度圧縮で人体への性を放つ「疑似太陽炉GNドライヴΤ)」という負の存在に対し、まるで万魔法の様なオリジナルGNドライヴが制御次第でにもなるという側面は、本編における太陽炉の設定に一石を投じた。

プルトーネの整備を担当したのはイアン・ヴァスティだが彼の仕事に不備は見当たらなかった。なによりヴェーダの承諾したミッションでこのようなイレギュラーが起こるなどあり得ないのである。

プルトーネの惨劇、人によって「プルトーネの悲劇」とも呼べる事件は、多くのを残した。
余談だが死亡したルイードとマレーネは「プトレマイオス」のクルーフェルト・グレイスの両親にあたる。彼女には事件の詳細は知らされていないようだ(当事者のシャルフェルトの名付け親の一人である)。

真相

惨劇は整備不良事故などではなく全て仕組まれていたものである。その首謀者はリボンズ・アルマーク人間体のマイスター計画に反対するイノベイド、ビサイド・ペイン

リボンズは、滅ぶ事が確定していたガンダムマイスター人間の配置を考えていた。彼の計画に配列パターンリボンズと同じ(同タイプイノベイド)であるビサイドは反対意思を持った。

ちなみに、ビサイドの反対意見も決して人間の身を案じていたからではなく、ガンダムに下等な人間が乗るべきではないといったどうしようもない理由からである。
ビサイド人間を見下し、裏でマイスター補を殺していた。そしてことはプルトーネの惨劇にまで発展する。

ガンダムプルトーネ ブラック

形式番号:GNY-004B

イノベイター用MS開発の為に製造されたデータ収集用機体。元のプルトーネとの相違点としてカラーリングペイントされており、擬似太陽炉GNドライブΤ)を搭載する。また、GNフィールド完成させている。

本機やブラックラジエルデータは、ガルムガンダムガデッサなどのGNZシリーズにフィードバックされた。

ガンダムプルトーネ(フォン・スパーク専用機)

上記のイノベイター再製造機をフォンが撃破・回収し、専用機として改造を施した。カラーリングは元のプルトーネにリペイントされている。

関連動画

関連商品

関連項目

第2世代ガンダム

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムプルトーネ

1 ななしのよっしん
2014/04/10(木) 11:51:43 ID: yqjSldniMZ
ナドレのテストタイプの割にオーソドックスなガンダムタイプだよね
コアファイターシステムといい宇宙世紀でも不思議ではない
2 ななしのよっしん
2017/11/26(日) 12:15:23 ID: 1kdXP5SWvZ
役機からして極端な特化だから「ガンダム」って感じの色と武装は映える
高いガレージキットしか出てないのがもったいない
3 ななしのよっしん
2019/02/05(火) 23:05:52 ID: w0IrMrS4q3
オリジナル1機とブラック2機で3機も作られてるけど、残ってるのはもうフォン専用機だけかな
4 ななしのよっしん
2019/07/12(金) 11:24:10 ID: IvCFmMk2x0
Gジェネ新作登場おめでとう!・・・おめでとう